loading
受賞
PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場」が2023米国IDA国際デザイン賞銀賞獲得more

アメリカのIDA国際デザイン賞(International Design Awards)の受賞結果が正式に公表され、PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場」が2023IDA国際デザイン賞銀賞を獲得しましたIDA(International Design Awards)は幅広い領域において卓越したデザインの先見者を評価し、建築、インテリア、プロダクト、ファッション、グラフィック等5分野での新たな才能を発掘するアメリカで最も権威のある国際的デザインアワードです。 超級総部基地は深セン前海核心区に位置しており、未来都市のスーパーセンターのために作り上げ、非常にモデルとしての意味があります。超総都市展示場のデザインは、技術と動線のアプローチでともに空間ナラティブを作り上げ、インタラクティブな模型とマルチメディアインスタレーションが組み合さり、多感覚体験できる没入型体験を作り上げ、ライティング、空間、素材を用いて鑑賞者の気持ちを導き、より多様な展示ディスプレイを可能にしました。この空間デザイン案は前衛的な視覚表現を通じて都市理念と価値観を具現化し、雰囲気を作り上げ、ナラティブを構築することで、没入感あふれる表現手法とインタラクティブな空間体験を通じて、大湾区の建設における都市玄関口としての青写真を描きだし、都市建設の成果を提示しています。

関連ページ
PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場」が2023米国IDA国際デザイン賞銀賞獲得
活動
PILLSと理想国のコラボ新書『下水路』と『『狂気はこうして嘘をつく』はinD広州アートブックフェアに出展more

inD広州アートブックフェアは2024年1月11日から14日まで広州未来社で行われ、PILLSは招かれ『下水路』と『『狂気はこうして嘘をつく』を出展しました。inDアートブックフェアはデジタルファッションブランドifanr、全球知識雷鋒、Inky Pixelが共同主催したものです。主催者は大衆に実験的な芸術出版物をボーダーレスの創作の媒体とし、より多くのクリエイティビティの未知な領域を発見し、探索してほしいです。 『地下水路―折りたたまれた地下都市の歴史』は下水道にまつわる400点以上の画像を収録しており、そのうちには希少な歴史写真、魅力的なイラスト、および各主要な博物館が所蔵している建設図面、手書きの地図などの貴重なファイルを網羅しています。豊富なビジュアル資料を通して、直観的に6000年にわたり人類が穢れた環境から文明な生活への紆余曲折を紹介しています。『狂気はこうして嘘をつく:精神病院の歴史とその先』はイギリス王立ベスレム病院(ベドラム)の物語を通して、精神病とその治療の歴史をたどり、18世紀から21世紀まで、べドラムが代表とする精神疾患治療施設の建築設計、治療方法、管理システム、外部との関係の変遷を整理しました。

関連ページ
PILLSと理想国のコラボ新書『下水路』と『『狂気はこうして嘘をつく』はinD広州アートブックフェアに出展
学術
王子耕は同済大学の建築と都市計画学院「建築の学科最前線:機械と環境」シリーズ講義第13回「コロイド、カプセルと電気」(英語)に招かれ講演

2023年12月25日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘され、「建築の学科最前線:機械と環境」シリーズ講義にて「コロイド、カプセルと電気」と題した講演を行いました。 この講演では現代製造業の変遷について掘り下げ、なかにも、生産経済学、自動化、閉鎖型環境制御、合成素材、シミュレーション、電気、スクリーンアプリケーションと技術楽観主義などに焦点を当てました。講演は、スニーカー、携帯電話、自動車など日常的な製品の事例比較から、スペースカプセル、ショッピングモール、工場、テーマパークなどの空間の詳細分析までの内容をふれ、SNS、イラスト、映画、テレビなどのマスメディアコンテンツのビジュアルの並置と合わせて、今現在に激変が起きている技術的な文脈や認知の枠組を概説しました。講演者は、建築学科の関心をまだ教育や実践まで影響を及んでいない潜在的に変化にむけさせ、今の時代に異なる建築哲学が必要であると主張しました。これらの分野に対する観察や批判的な考察に基づき、講演者はディズニーランドのような新しい建築未来ビジョンを描き出しました。

王子耕は同済大学の建築と都市計画学院「建築の学科最前線:機械と環境」シリーズ講義第13回「コロイド、カプセルと電気」(英語)に招かれ講演
プロジェクト
PILLSはCOP28万科公益基金会展示エリアの展示ディスプレイデザインを手掛けたmore

2023年11月30日から12月12日に、「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)」第28回締約国会議(COP28)はアラブ首長国連邦で開催されました。今回の会議はグローバル気候変動対策のマイルストンとなり、世界各国の首脳、閣僚たち、気候活動家、グリーンイノベーション企業代表および世界主要メディアがともに集い、気候緊急事態に対策をとります。 万科公益基金会の依頼をいただき、PILLSはバイオスフィア3(BIOSHPERE3)ソリューション館にて開催した梅沙カーボンニュートラル・コミュニティフラッシュモブ「梅(う)つくしいものと出会う」を企画し仕上がりました。会場や設営の重なる制限に対処するため、私たちは立体本を今回の展示会のベーシックコンセプトにしました。模型、映像、画像、発声インスタレーションなど多様な表現を用いて、深セン市塩田区梅沙コミュニティの低炭素街づくり実践を生き生きと見せました。持続可能な展示デザインで、来場者に「カーボンニュートラルを実現すること自体は目的ではなく、美しい生活を実現することこそが目的である」を感じてもらいたいと考えています。

関連ページ
PILLSはCOP28万科公益基金会展示エリアの展示ディスプレイデザインを手掛けたPILLSはCOP28万科公益基金会展示エリアの展示ディスプレイデザインを手掛けた
活動
PILLSアトリエはドバイ、アブダビおよびドーハにてチームビルディング(研修)more

2023年11月12日~19日、PILLSアトリエはドバイ、アブダビ、ドーハに赴き、チームビルディング(研修)を行いました。期間中、エキスポ・シティ・ドバイ、カタール国立博物館、イスラム美術館などの名作建築と展示会を見学しました。

関連ページ
PILLSアトリエはドバイ、アブダビおよびドーハにてチームビルディング(研修)
受賞
PILLS作品「鄔建安個展:海よ、砂丘よ」展示ディスプレイデザインはロンドン・デザイン・アワードプラチナ賞を獲得more

国際的に知られているデザイン賞、ロンドン・デザイン・アワード London Design Awards は近日受賞者を公表しました。ロンドン・デザイン・アワード2023は45カ国から2,800以上のエントリーがあった中、PILLS作品「鄔建安個展:海よ、砂丘よ」展示ディスプレイデザインがたくさんのエントリーから抜け出し、インテリアー展示部門の最高賞―プラチナ賞を獲得しました。 「鄔建安個展:海よ、砂丘よ」は、芸術家鄔建安(ウー・ケンアン)は2021年9月にシルクロード国際アート交流センターで開催した大規模な個展で、この展示の空間デザインにはPILLSを迎えました。1,000平方メートルを超える会場に、超現実的なフィールドを創り出しました。ここにあるのは高さ5メートルの砂丘、黒い海、果てしなく続く鏡、東から昇り西に沈む太陽、これらはアーティストの作品とともに夢のような永遠に続く輪廻を仕上がりました。私たちは、自然、幾何、空間、尺度などを通じて観客にリアルなかつ超現実的な原始的なパワーを感じてもらい、時間と空間の制限を超えた空間フィールドを通じて作品が時間、空間、文明に飛び交うナラティブ関係を支えたいと考えています。

関連ページ
PILLS作品「鄔建安個展:海よ、砂丘よ」展示ディスプレイデザインはロンドン・デザイン・アワードプラチナ賞を獲得PILLS作品「鄔建安個展:海よ、砂丘よ」展示ディスプレイデザインはロンドン・デザイン・アワードプラチナ賞を獲得
学術
王子耕は杭州天目里「レンゾ・ピアノ建築アトリエ―その建築に身を置く」展示建築フォーラムに招かれ、ラウンドテーブルモデレーターにmore

11月5日、「レンゾ・ピアノ建築アトリエ―その建築に身を置く」展示開催の同時に、「域を築く:こまやかな工芸と人文を感じる暮らしの協奏」シリーズ建築フォーラムが杭州天目里美術館報告ホールにて行われました。PILLSアトリエプリンシパルアーキテクト王子耕はフォーラムに招かれ、「暮らしに影響を与える建築」ラウンドテーブルディスカッションのモデレーターを務めました。 フォーラムゲストには、レンゾ・ピアノ建築アトリエ創設者レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)、天目里美術館館長フランセスコ・ボナミ(Francesco Bonami)および陳晨、胡倩、康恒、陸皓、陸文宇、劉暁都らが名を連ねています。彼らは講座、座談など様々な形を通して彼らが建築と都市、建築と暮らしなどに対する独自な見解を共有しました。

関連ページ
王子耕は杭州天目里「レンゾ・ピアノ建築アトリエ―その建築に身を置く」展示建築フォーラムに招かれ、ラウンドテーブルモデレーターに
学術
王子耕は2023年国際青年持続可能イノベーションサミット(YSS)に招かれ、講演発表more

11月4日、第9回深センビエンナーレチーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は2023年国際青年持続可能イノベーションサミット(YSS)「持続可能なエコロジーイノベーションの未来」フォーラムに招かれ、このフォーラムに出席し講演を行いました。フォーラムは深セン大梅沙万科中心カーボンニュートラルパークで開催され、「デコンストラクションイノベーション・未来牽引」をテーマに、持続可能なイノベーションの分野で傑出した貢献を与え、卓越した影響力を持つクリエイターたちを100人を集結し、環境と持続可能な開発の問題に取り組む革新的なソリューションを提供していきます。 王子耕は講演中第九回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレのキュレーションチームが政府に与えられた「ダブルカーボン」の課題を解決するプロセスを共有し、より広い意味の持つ「コスモロジー」というコンセプトで「持続可能な発展」というテーマに応え、人類と視線の関係を再考しました。

関連ページ
王子耕は2023年国際青年持続可能イノベーションサミット(YSS)に招かれ、講演発表王子耕は2023年国際青年持続可能イノベーションサミット(YSS)に招かれ、講演発表
受賞
PILLSは「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞を獲得(一等賞該当者なし)

2023年10月、PILLSは「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞を獲得しました。同賞の一等賞該当者なし。 テンセント大鏟湾プロジェクトは深セン市前海湾の都市核心エリアに位置し、「インターネット+」未来ハイテクシティを位置づけとしています。このような背景に、PILLSは大鏟湾のパブリック アートプロジェクトの企画を提案しました。企画は複数組織方式でテンセントのアート連動体制を構築し、テンセントのテクノロジーインキュベーションと製品イノベーションを強化する;デジタルとリアリティ統合の複数モードを通じて大鏟湾に没入型コンバージェンスの未来をもたらす;「世界共生、万物をつながる」をコンセプトとしたレジデンスパブリックアート・プロジェクトはパブリックアートを媒体とし、テクノロジーを見える感じられるものにします。公衆にむけてインターネット企業としてのテンセントが持つテクノロジーイメージと社会責任をアピールし、ハイテク、アートと人文にあふれる活気に満ちた地域を作り出します。

PILLSは「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞を獲得(一等賞該当者なし)
受賞
「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞(一等賞該当者なし)

2023年10月、PILLSは「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞を獲得しました。同賞の一等賞該当者なし。大鏟湾は「インターネット+」未来ハイテクシティを位置づけとし、テンセントは「ソーシャルグッドのためのテクノロジー(Tech for Social Good)」をビジョンと使命としています。このような背景に、企画は複数組織方式でテンセントのアート連動体制を構築し、テンセントのテクノロジーインキュベーションと製品イノベーションを強化する;デジタルとリアリティ統合の複数モードを通じて大鏟湾に没入型コンバージェンスの未来をもたらす;「世界共生、万物をつながる」をコンセプトとしたレジデンスパブリックアート・プロジェクトはパブリックアートを媒体とし、テクノロジーを見える感じられるものにすることで、公衆にむけてインターネット企業としてのテンセントが持つテクノロジーイメージと社会責任をアピールし、ハイテク、アートと人文にあふれる活気に満ちた地域っを作り出します。

「テンセント大鏟湾パブリックアートプロジェクト」企画案募集二等賞(一等賞該当者なし)
活動
王子耕はDP LAB T2M「二場」プロジェクト「時代遺産と都市再開発」テーマフォーラムに出席more

2023年10月20日、DP LAB (東鵬イノベーションラブ)とfiber/áunn Museumが手を携わって立ち上げた持続可能なグリーン建築を提唱するイベント「フィールドウェーク: WAKEN」が広東省佛山市二場で正式に幕を開けました。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が招かれ、「時代遺産と都市再開発」テーマフォーラムに参加しました。T2M場はDPLabがグリーンで持続可能な建築材料に焦点を当てた初プロジェクトで、展示会、テーマフォーラム、フィールド実践などを通して、建築、芸術など分野に学科の枠を超えて素材と文化の持続可能な実践を呈示します。 フォーラムに参加したのはArchiDogs創設者栗茜、崎新+胡倩アトリエ共同創設者胡倩、SANSスタジオ共同創設者徐秩婧& Neill Mclean Gaddes、キュレーター高長軍らが名を連ねています。彼らは各自の分野の視点から、都市工場再生の事例を共有し、それぞれの観点を述べ議論しました。

関連ページ
王子耕はDP LAB T2M「二場」プロジェクト「時代遺産と都市再開発」テーマフォーラムに出席王子耕はDP LAB T2M「二場」プロジェクト「時代遺産と都市再開発」テーマフォーラムに出席
活動
「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」結果発表、王子耕が最終審査員会の審査員を担当more

2023年10月10日、 「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」結果発表、PILLSプリンシパルアーキテクト、王子耕が招かれ、李保峰、劉克成、孫継偉、張斌ら建築設計の専門家たちと最終審査委員会委の審査員を担当し、授賞式に出席しましまた。

関連ページ
 「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」結果発表、王子耕が最終審査員会の審査員を担当 「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」結果発表、王子耕が最終審査員会の審査員を担当
学術
王子耕は「馬岩松:流れる大地」展示ラウンドテーブルフォーラム「都市と建築の公共性」に招かれ出席more

2023年10月12日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は、深セン市現代芸術と都市計画館実験劇場で開催されたテーマラウンドテーブルフォーラム「馬岩松:流れる大地」に招待され出席しました。会議に出席したゲストには馬岩松、朱栄遠、劉暁都、王子耕、劉珩、早野洋介、党群、顔為昕、費大為、瀋偉、西川、汪建偉、翁菱、陳幼堅、孫継偉、朱哲琴、孫倩、Shirley Surya、張宇星らが名を連ね、観衆のために「都市と建築の公共性」、「流動する芸術」、「文化の異分野対話」など素晴らしきフォーラムを行いました。 フォーラムでは、ゲストたちは都市、コミュニティ、建物におけるソフトパワーの創出について議論し、建築に関する話題を都市の公共生活に関連するあらゆる側面に広げました。

関連ページ
王子耕は「馬岩松:流れる大地」展示ラウンドテーブルフォーラム「都市と建築の公共性」に招かれ出席王子耕は「馬岩松:流れる大地」展示ラウンドテーブルフォーラム「都市と建築の公共性」に招かれ出席
活動
161.王子耕が『建築学報』主催「非常建築30年」お茶会兼セミナーに招かれ参加more

2023年10月8日、PILLSアトリエ建築家王子耕が招きを受け、北京隆福ビル9階で開催された「非常建築30年」セミナーに出席しました。今回のイベントは中国工程院院士、『建築学報』編集長崔愷がモデレートしました。中国美術学院建築芸術学院院長、業余建築アトリエ創設者王澍、中国建築学会秘書長李存東、家琨建築設計事務所プリンシパルアーキテクト劉家琨、中国工程院院士、清華大学建築学院教授庄惟敏、同済大学建築と都市計画学院院長、李翔寧教授(グリーティング動画)らが祝辞を述べ、非常建築30年の歴史に対し敬意を表すとともに、今回の回顧や議論のようなイベントは、我が国現在の都市開発の変革期に建築実践、建築文化および建築教育についてより深く考えるきっかけとなることが期待されます。

関連ページ
161.王子耕が『建築学報』主催「非常建築30年」お茶会兼セミナーに招かれ参加
学術
王子耕は招きを受け、751国際デザインフェスティバル「空間、芸術、キュレーション―パブリックアート フォーラム」に参加、講演を発表more

2023年10月5日、北京751パークで「空間、芸術、キュレーション―パブリックアート フォーラム」が開催され、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が招かれ、「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」テーマ講演を行いました。このフォーラムは、芸術と空間の管理者、研究者、実践者のために分野を超える交流・協力プラットフォームを構築し、ともにパブリックアートを通じて多様な空間価値の創造、空間活性化、さらに都市と農村の文化生態系の建設の促進はどのようにできるかを議論することを目的としています。王子耕は講演において、PILLSアトリエの最近の代表的な作品を紹介し、どのように空間芸術を利用しナラティブと芸術性の議題を具現化できるかを答えました。

関連ページ
学術
王子耕は751国際デザインフェスティバル『ELLE DECORATION』「デザインにおける善意」特別テーマフォーラムに招かれ参加したmore

751国際デザインフェスティバル「教養・共議」公共教育セッションに招かれ、『ELLE DECORATION』全メディアエディターディレクターおよびパブリッシャー顔が「デザインにおける善意」をテーマにした特別フォーラムを企画・モデレーションし、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はこのフォーラムの講演ゲストとして招聘されました。 王子耕は「善意は公共の精神である」と述べ、また第9回深センビエンナーレの野良動物セクションの企画を例に、展示やデザイン人間中心でない視点からが都市に生息している動物への善意をどのように表現できるかを説明しました。「デジタル時代にいかにテクノロジーを善意のある方に持たせるか」などの課題に対し、デザイナーは"アートを企業の負担にするのではなく、効果的に企業のインキュベーターにする 」ことを考えるべきだと述べました。

関連ページ
王子耕は751国際デザインフェスティバル『ELLE DECORATION』「デザインにおける善意」特別テーマフォーラムに招かれ参加した
プロジェクト
第13回751国際デザインフェスティバルテーマ展「愛を語る」が開幕、PILLS作品《私たち》が出展more

9月27日から10月6日まで、北京751PARKで第13回751国際デザインフェスティバル「継承と回帰」FUTURE PASTが開催され、PILLS作品《私たち》シリーズ彫刻作品が招かれ出展しました。今回のデザインフェスティバルは特別に王乃一と薛天寵がキュレーターに担当してもらいました。テーマ店「愛を語る」(Narratives of Love)は751 国際デザインフェスティバルが主催し、中央美術学院デザイン学部と国際芸術デザイン大学連合 (Cumulus) が後援しています。 《私たち》シリーズ作品は町にある既存物に対した繊細な観察と共感、そして日常生活では見て見ぬふりしている物との関係を原型に、感情の関係における相互依存と束縛の複雑性を表現した作品で、テーマ「愛を語る」に応えあした。二つの物体の互いの形、関係、作用力表現の切り口となります。01号作品は防波堤コンポーネントを原型にしています。自立できない二つの物体が互いに支えあい、一時的な安定状態を形成しています。02号作品は鎖の引っ張りあう状態を用いて、二人の感情の関係における互いに引っ張り合い、束縛し合いながら、寄り添い支えあう緊張感のある関係を表現しています。

関連ページ
第13回751国際デザインフェスティバルテーマ展「愛を語る」が開幕、PILLS作品《私たち》が出展第13回751国際デザインフェスティバルテーマ展「愛を語る」が開幕、PILLS作品《私たち》が出展
学術
王子耕は中国美術学院美しい中国研究院特別プログラム講師に任命された

2023年9月から2026年9月まで、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕教授が美しい中国研究院特別プログラム講師に任命され、任期三年間となります。

プロジェクト
「ジャン・プルーヴェ:デザインの限界を超えて」ワールドツアーが開幕、PILLS作品《標準椅Biao-Zhun Chair》が出展、王子耕が特展開幕式および学術シンポジウムに出席more

9月22日、「ジャン・プルーヴェ:デザインの限界を超えて」ワールドツアーが開幕しました。今回の展示は王子耕、羅宇傑、水雁飛ら傑出した建築家、デザイナー、アーティストたちを招待し、ジャン・プルーヴェがデザインした名作チェア9脚を二次創作してもらいました。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕とMotivMfgブランド創設者、ファッションデザイナー顧広侖が手を携わり共同創作を手掛けたスタンダードチェア《標準椅Biao-Zhun Chair》が出展し、王子耕が特展開幕式に出席し、デザイン交流学術シンポジウムに参加しました。 このスタンダードチェア《標準椅》の座面は、1960年代から1980年代にかけて中国の大衆がよく着ていた青色作業服のファブリックを重ねて縫い付け、さらに樹脂で固化させたものです。中国の集団主義時代における「標準」(スタンダード)はまさにジャン・プルーヴェがデザインしたスタンダードチェアに垣間見られる100年前には革新的だった工業「標準」と呼応しています。「千層底」に似た工法を用いた何層も重ねて押された生地は通常の板材と一風変わった質感が生まれた、百年前に誕生した新技術だった「複合多層基板」が家具制作においての大胆な試みを彷彿させます。椅子本体のスチール枠組の塗装を剥がした後、チーフデザイナーの二人が率いるアトリエ(PILLSとMotivMfg)のスタッフたちは彼らが考える「中国スタンダード(標準)とは何か/中国スタンダードと西洋のスタンダードとは何か違うか」の思いを枠組に落書きし、その答えを通して多視角から文化や時代の差異と共通点を考察します。私たちはスタンダードチェアを媒介にし、時代と文化の境を超えた対話を作り出したいと考えています。

関連ページ
「ジャン・プルーヴェ:デザインの限界を超えて」ワールドツアーが開幕、PILLS作品《標準椅Biao-Zhun Chair》が出展、王子耕が特展開幕式および学術シンポジウムに出席「ジャン・プルーヴェ:デザインの限界を超えて」ワールドツアーが開幕、PILLS作品《標準椅Biao-Zhun Chair》が出展、王子耕が特展開幕式および学術シンポジウムに出席「ジャン・プルーヴェ:デザインの限界を超えて」ワールドツアーが開幕、PILLS作品《標準椅Biao-Zhun Chair》が出展、王子耕が特展開幕式および学術シンポジウムに出席
受賞
第9回深センビエンナーレ開幕式インスタレーション「万物共生」が2023 Dezeenアワードロングリストに入選more

PILLSアトリエがデザインを手掛けた第9回深センビエンナーレ開幕インスタレーション「万物共生」2023 Dezeenアワードのデザイン部門インスタレーションデザインのロングリスト(Installation Design Longlist)に入選しました。Dezeenアワードは現在世界で最も規模の大きい、最も公信力のあるアニュアルデザインコンペであり、このアワードは世界最優秀の建築、インテリア、デザインプロジェクト、および傑出したクリエイティブな組織や個人を表彰することを目的としており、デザインの卓越性を測る重要な国際的基準となっています。今年は94カ国から4,800以上のエントリーがありました。16のプロジェクトがデザイン部門インスタレーションデザインのロングリスト(Installation Design Longlist)にノミネートされました。 「万物共生」は9つの大型ランタン・インスタレーションで組み合わせた球体です。それぞれのランタンの造形はビール醸造所の発酵槽の底にある円錐形をモチーフに作り、それぞれの表面は大地、植生、動物など9つの異なる都市宇宙論を示すテキスタイルで覆われています。そのインスタレーションはオープニング・ダンス・パフォーマンスと連動し、ダンサーたちがさまざまな動きを通じて会場の隅々に散りばめられた「花びら」を集まりながら寄り合ってインスタレーションを組み合わせ、それがパフォーマンスの主な形式となっています。没入型パフォーマンスを通じて各展示会場の関係を紹介しながら、観客の鑑賞体験はパフォーマーおよび展示作品とのインターアクションを通して融合していきます。このパフォーマンスは、エンディングの完成形に向かって融合していくプロセスを通じて、今回の深センビエンナーレのテーマである、つまり人間と万物の調和のとれた共生と呼応し、私たちは都市を通じてあらゆる力を集結しながらも、都市を通じて多様な価値観の共存を受け入れます。9つのテーマの集結プロセスは、今まで開催されてきた9回の深センビエンナーレの歩みを示唆するだけでなく、また深センと香港の共生と友好を表現するものでもあります。

関連ページ
第9回深センビエンナーレ開幕式インスタレーション「万物共生」が2023 Dezeenアワードロングリストに入選
学術
王子耕は重慶大学建築都市計画学院主催の建言学術サロン2023年第三回の講演ゲストにmore

2023年9月5日、PILLSアトリエ創設者およびプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘をうけ、「重慶大学建築都市計画学院建言学術サロン2023年第三回」の講演のメイン講演者をつとめ、「アイデンティティと関連性:私の最近の仕事」と題して講演を行いました。重慶市設計院有限公司社長、プリンシパルアーキテクト褚冬竹、重慶大学建築学科楊宇振教授、魏皓厳とも対談ゲストとして出席し、龍灝が講演のモデレーターを務めました。 講演では、王子耕は「アイデンティティ」から始まり、映画の歴史コンサルタント、アーティスト、建築家、デザイナーなどのアイデンティティの角度から最近PILLSが手掛けた実践や創作の指向プロセスを共有し、様々なアイデンティティの視点から建築、芸術とインスタレーションなどの分野においてのクロスメディア実践を考え、ナラティブと思索のマルチメディア空間制作の可能性を積極的に探求しています。

関連ページ
王子耕は重慶大学建築都市計画学院主催の建言学術サロン2023年第三回の講演ゲストに
学術
王子耕が国家芸術基金芸術人材育成助成プログラム「美術館のためのバーチャル学芸員養成」の講師に招聘されたmore

2023年8月26日、国家芸術基金の芸術人材育成助成プログラム「美術館のためのバーチャル学芸員養成」が中央美術学院建築学院准教授、建築学科副学科長、PILLSアトリエプリンシパルアーキテクト王子耕を講師として招聘しました。このプログラムは、中央美術学院が授業の主体として授業体制を整え、理論講義、リサーチ、ワークショップなどの研修を通じて、多角的、分野横断的、バーチャルとリアリティが融合した授業内容と研修を行うことで、よりハイレベルな実践型キュレーター人材を育成することを目的としています。 王子耕は、自身の経験と創設したPILLSアトリエの実践を通して、建築と空間、アートインスタレーション、展覧会キュレーションなど分野におけるPILLSの最近の作品の構想プロセスを説明しながら、空間と展示のクロスメディア実践について検討しました。

関連ページ
王子耕が国家芸術基金芸術人材育成助成プログラム「美術館のためのバーチャル学芸員養成」の講師に招聘された
活動
王子耕は2025日本大阪・関西万博中国パビリオンプロジェクトのキュレーション組織委員会の専門家、キュレーターとして招聘された

2023年8月3日、王子耕は2025日本大阪・関西万博中国パビリオンプロジェクトのキュレーション組織委員会の専門家、キュレーターとして招聘されました。万博は、二つ以上の国または国際組織が参加した、人類が社会、経済、文化、科学の分野において達成された進歩を示す大型国際的な展覧会です。「いのち輝く未来社会のデザイン」のテーマを掲げる日本大阪・関西万博は2025年4月13日から10月13日にかけて開催される予定です。今回の万博中国パビリオンは万博の中国館は、中国と日本を含む世界各国との人文交流、市民友好、人と人とのふれあいをさらに促進し、交流と相互理解を通じて文明が共に前進することを促進するため、文化的な展示や活動に重点を置く。王子耕は中国パビリオンプロジェクトのキュレーション組織委員会の専門家、キュレーターとして、中国パビリオンのキュレーションと展示ディスプレイデザインに携わります。

活動
王子耕は簡明初の大規模な美術館個展「無盡之旋(Endless Spin)Ⅲ—James Jean 簡明」開幕対談にmore

8月11日夜、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はアーティスト簡明(James Jean/ジェームズ・ジーン)個展「無盡之旋(Endless Spin)Ⅲ—James Jean 簡明」開幕対談イベントに招待され出席しました。この対談のテーマ「Narrative into the Worldナラティブで世界へ」にまつわり、王子耕とジェームズ・ジーンは展覧会のキュレーションコンセプト、アーティスト創作手法、AIがデザインおよびアート業界に与える影響などについて意見を交わしました。翌日、ジェームズ・ジーン初の大型美術館個展が深セン海上世界文化芸術センターにて正式に開幕しました。

関連ページ
王子耕は簡明初の大規模な美術館個展「無盡之旋(Endless Spin)Ⅲ—James Jean 簡明」開幕対談に
活動
王子耕は「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」の事前審査委員会審査員にmore

2023年8月7日、海口市で「海南2023島一周観光高速道楼主要サービスステーション計画設計国際コンペティション」の事前審査会が開催され、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が審査員として招かれました。最終審査員会には、中国建築学会の李保峰理事、西安建築科技大学建築学院の劉克成教授、同済大学建築と都市計画学院の孫継偉顧問教授、同済大学建築と都市計画学院の張斌客員教授、海南省計画展示館の向鑫副館長らが名を連ねています。 審査委員会による慎重な投票と議論を経て、最終的に三箇所のサービスステーションに関わる15組の最終候補参加者が決まりました。

関連ページ
受賞
「第九回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ 」は2023第二回三聯人文都市賞「都市イノベーション賞」にノミネートされたmore

近日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕がチーフキュレーターを担当した「第九回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ 」は2023第二回三聯人文都市賞「都市イノベーション賞」にノミネートされました。2023第二回三聯人文都市賞は、公共空間賞、「建築貢献賞、「コミュニティづくり賞、環境にやさしいい賞」、都市イノベーション賞計5つの部門があります。 「都市イノベーション賞」は、空間デザイン、パブリックアート、都市イベントなどを含む都市における社会的意義や人文的ケアを積極的に探求する実験的かつ革新的なプロジェクトを表彰することを目的としている賞です。 世界的な気候危機と都市開発モデルの生態学的転換を背景に、「アーバン・コスモロジー」(Urban Cosmologiesをテーマとする第9回深センビエンナーレは、このような体系的な変化において都市と建築設計が果たす重要な役割に応え、人間と自然の関係を改めて考察し、より完全なコスモロジカル都市の姿を明らかにします。今回のUABBには、15カ国から318の出展者が参加し、合計239点の作品が出展しました。展示内容はマクロな生命と環境の密接な関係、多様なエコロジー認知論、学際的対話と実験から、環境保護理念に基づいた都市と建築実践者が続いている革新や行動まで多岐にわたり、また都市気候、生態系変化などグローバルな議題に焦点を当てながらも、現代のライフスタイル、野良動物など日常に関わる話題にも注目し、ともに未来都市の新展望につい探求しています。

関連ページ
「第九回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ 」は2023第二回三聯人文都市賞「都市イノベーション賞」にノミネートされた
プロジェクト
「僑郷文化:未来の赤崁の新建築ランドマーク」設計案は赤崁古鎮で成果報告、PILLSは司徒氏図書館を設計more

2023年7月21日、「僑郷文化:未来の赤崁の新建築ランドマーク」赤崁新区文化建築群複合プロジェクト設計案成果報告が無事開催されました。広東省開平市赤崁鎮人民政府と上海風語築文化科技株式有限公司が手を携わり立ち上げた「世界初華僑文化建築群国際活発化計画」プロジェクトには、中国工程院院士何鏡堂が筆頭となる8グループの著名建築家たちが招聘され、共同に「赤崁新区文化建築群」の8つのシンボリックな建築の建築設計に携わります。PILLS創設者およびプリンシパルアーキテクト王子耕も招聘を受け、8つの建築のうちの司徒氏図書館の建築設計を手掛けます。 王子耕は司徒氏図書館現段階の建築設計案について報告しました。設計案は嶺南住宅の特有の隙間空間、枠組ネットワークおよび室内外関係を取り組み、合理的な配置や自然要素との融合を通じて、居心地よく秩序のある学習空間を作り上げ、静かな思考空間に仕上げました。

関連ページ
「僑郷文化:未来の赤崁の新建築ランドマーク」設計案は赤崁古鎮で成果報告、PILLSは司徒氏図書館を設計「僑郷文化:未来の赤崁の新建築ランドマーク」設計案は赤崁古鎮で成果報告、PILLSは司徒氏図書館を設計
プロジェクト
「古城再生・人と地元の絆―新鋭建築家作品展」開幕、王灝、王子耕がキュレーターに、PILLS作品も多数出展more

7月8日、寧波翠屛山建築文化フェス「古城再生・人と地元の絆―新鋭建築家作品展」が慈城抱珠楼にて開幕しました。今回の展示のチーフキュレーターを担当したのは佚人営造建築事務所共同創設者、プリンシパルアーキテクト王灝、およびPILLSアトリエ創設者、プリンシパルアーキテクト王子耕です。PILLS作品「運城五穀食肆レストラン」、「揚州三湾公園「柳岸観劇」運河書房」および「MotivMfgブランドショップ」が出展しました。 翠屛山(慈城)建築文化フェス兼「古城再生・人と地元の絆」建築文化対談および展示が同時開催しました。王灝、王子耕がこのイベントのチーフキュレーターを担当しました。王子耕は「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」というテーマで講演を行い、古城再生のイノベーションの新たな切口を見つけ出し、地元の指導者、専門学者およびその他の建築家とともに慈城の古都再生の文脈におけ、現代の人々、土地、建築がどのように新しいモデル、そして未来を切り開けるかの議論が行なわれました。

関連ページ
「古城再生・人と地元の絆―新鋭建築家作品展」開幕、王灝、王子耕がキュレーターに、PILLS作品も多数出展
学術
『地下水路―折りたたまれた地下都市の歴史』が出版、王子耕が翻訳more

近日、PILLSと理想国がコラボした新書『地下水路―折りたたまれた地下都市の歴史』( An Underground Guide to Sewers or: Down, Through and Out in Paris)が正式に出版されました。王子耕とPILLSアトリエが招聘を受け、本書を翻訳しました。『地下水路―折りたたまれた地下都市の歴史』は下水道にまつわる400点以上の画像を収録しており、そのうちには希少な歴史写真、魅力的なイラスト、および各主要な博物館が所蔵している建設図面、手書きの地図などの貴重なファイルを網羅しています。豊富なビジュアル資料を通して、直観的に6000年にわたり人類が穢れた環境から文明な生活への紆余曲折を紹介しています。

関連ページ
『地下水路―折りたたまれた地下都市の歴史』が出版、王子耕が翻訳
活動
王子耕は清華大学大学院生デザイン課題「人類移住計画:火星居留地設計」設計図を最終評価more

6月20日午後、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け、黄偉文、周実、羅丹らと清華大学2022-2023春季学期大学院生デザイン課題(二)の図面最終評価審査員を担当しました。本コースの指導教師を担当するのが清華大学徐衛国教授、また図面最終評価は清華大学深セン国際大学院で行われ、清華大学建築学院、清華大学深セン国際大学院未来人居研究院の院生たちは「人類移住計画:火星居留地設計」にまつわり素晴らしい答弁を繰り広げました。王子耕らは建築、デジタル化、未来ライフなどの視点から火星居留地デザインコースの成果について評価しました。

関連ページ
活動
王子耕が「デザイン上海」フォーラムに招かれ、「アーバン・コスモロジー、コスモロジカル共生:パブリックアート・キュレーションの二つの事例として」基調講演を行ったmore

6月11日正午、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が招かれて「デザイン上海」フォーラムに出席し、講演「アーバン・コスモロジー、コスモロジカル共生:パブリックアート・キュレーションの二つの事例として」を発表し、様々な側面からいかにデザインによって幸福を「リクリエイト」できるかを深く検討しました。 今年の「デザイン上海」は上海万博展示コンベンションセンターで開催され、その重要なセクションの一つとして、今年のデザインフォーラムは「サステナブルデザインのこれから:「リクリエイト」——幸福の形つくりについて」というテーマを中心に行われ、国内外の一流デザイナーのプロスペクティブの思想を一堂に集め、デザイン思考とビジョンを通じて未来を洞察します。

関連ページ
王子耕が「デザイン上海」フォーラムに招かれ、「アーバン・コスモロジー、コスモロジカル共生:パブリックアート・キュレーションの二つの事例として」基調講演を行った王子耕が「デザイン上海」フォーラムに招かれ、「アーバン・コスモロジー、コスモロジカル共生:パブリックアート・キュレーションの二つの事例として」基調講演を行った
受賞
PILLSと南沙原創建築設計アトリエの連合体が揚州三湾公園建築設計国際コンペティション二等賞獲得more

6月7日、「新生|運河精神」揚州三湾公園建築設計国際コンペティション最終審査および授賞式が揚州にて成功裏に行なわれました。PILLSと南沙原創建築設計アトリエの連合体が揚州三湾公園建築設計国際コンペティション二等賞を獲得しました。 設計案は『揚州画舫録』に描かれる情景にインスパイアされ、漂流インスタレーション「船燈籠亭閣」と水辺にあるさまざまな建築「柳岸観劇」、「扁舟一葉」、「水島双舞」と合わさり、さまざまなシーンを演出して異なる機能を実現できる、これによってさらなる多様な行事が触発され可能となり、共に運河の精神記憶を再び照らし、蘇らせます。古代中国に遊覧客は画舫という大船に乗って、湖沿岸の景色を楽しみ、船で川を下りながら揚州の庭園名勝、風土を見物します。

関連ページ
PILLSと南沙原創建築設計アトリエの連合体が揚州三湾公園建築設計国際コンペティション二等賞獲得
学術
王子耕は深セン工務署主催公共建築物高品質発展フォーラムに参加、講演「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」を発表more

5月27日、深セン市建築工務署工程設計管理センターと深セン市宝安区建築工務署が主催する第2回「公共建築物高品質発展フォーラム」は、深センファッション&ホームデザインウィークが開催する深圳国際会議展覧センターで開かれました。 イベントは「スマートシティ」と「芸術の美」計2つのフォーラムに分かれ、それぞれ「パブリック アート」、「文化/教育/健康療養」など公共建築の核心分野に焦点を当てました。 PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は、「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」というテーマで基調講演を行いました。講演は《1994年》、《九層塔》、「アーバンコスモロジー」この三つの案件を通じて、パブリックアートと公共建築の接点を探り、またどのようにパブリックアートの力によって都市による深い文化的な意味合いを与え、そして都市設計におけるパブリックアートの応用を促進する方法について検討しました。

関連ページ
王子耕は深セン工務署主催公共建築物高品質発展フォーラムに参加、講演「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」を発表王子耕は深セン工務署主催公共建築物高品質発展フォーラムに参加、講演「インスタレーション、空間とビエンナーレ:都市の公共性に介入するいくつかのアプローチ」を発表
活動
薬局は2匹目の猫社員「書記」を迎える

5月17日、PILLSアトリエは「局長」に続く2匹目の可愛い社員――デボンレックス「書記」を迎えました。

薬局は2匹目の猫社員「書記」を迎える
プロジェクト
初回深セン国際漁業博覧会は新聞聯播に報道され、王子耕は展示チーフキュレーターmore

5月13日夜、CCTV1『新聞聯播』ニュース番組は2023深セン国際漁業博覧会を報道しました。今回の漁博会はPILLSのプリンシパルアーキテクト王子耕はチーフキュレーター兼展示チーフデザイナーを担当し、 PILLSアトリエは「深セン漁業発展建設計画展」のキュレーションと総合デザインを担当し、清華大学建築設計研究院有限公司がコンテンツ企画、上海風語築文化科技株式有限公司が施工を担当しました。三者は手を携わって従来の展示キュレーションと空間デザインを型破り、博物館レベルの品質でスタンダードパノラマを使用し深セン漁業青写真展示を手掛けしました。同時に、初回深セン国際漁業博覧会といったプラットフォームを機に、展示会は漁業関係者およびその他の一般民衆が海洋生態と「大食物観」への関心をさらに喚起し、共に持続可能な発展するダークブルーの未来を展望していきます。

関連ページ
活動
王子耕課題研究グループのメンバーとして国家社会科学基金芸術学重大プロジェクト「中国建築芸術の理論と実践研究」兼現代中国建築と文化学術シンポジウムに参加more

2023年5月12日、江蘇省昆山市祝甸煉瓦窯文化館で、国家社会科学基金芸術学重大プロジェクト「中国建築芸術の理論と実践研究」兼現代中国建築と文化学術シンポジウムが開催されました。王子耕課題研究グループのメンバーとして、「現代中国建築と文化」学術シンポジウムの専門家ディスカッションセッションに参加しました。 この会議は同済大学建築と都市計画学院学術、中国建築学会建築評論学術委員会が共催しました。同済大学、天津大学、東南大学、中央美術学院、ニューカッスル大学、シドニー大学、香港城市大学、『建築学報』編集部、「時代建築」編集部など国内外の大学や機構から専門家を招き、本シンポジウムで報告や議論を行われました。建築学、芸術学、哲学、文芸批評などさまざまな分野から出席したゲストたちは、現代中国における建築、芸術、文化のダイナミックな関係や今後発展の方向性についてさまざまな視点から議論しました。

関連ページ
王子耕課題研究グループのメンバーとして国家社会科学基金芸術学重大プロジェクト「中国建築芸術の理論と実践研究」兼現代中国建築と文化学術シンポジウムに参加
プロジェクト
初回深セン国際漁業博覧会開幕、PILLSはキュレーションと総合デザインを担当more

2023深セン国際漁業博覧会は5月11日から13日まで深センコンベンション&エキシビションセンター(福田)1号館にて開催されました。深セン国際漁博は世界に向けたハイスペック、ハイスタンダード、ハイレベルの漁業の盛会で、会期中に会場の中央エリアに特設企画展「深セン漁業発展建設計画展」が展示されていました。PILLSのプリンシパルアーキテクト王子耕は漁博会のチーフキュレーター兼展示チーフデザイナーに招聘され、 PILLSアトリエは「深セン漁業発展建設計画展」のキュレーションと総合デザインを担当し、清華大学建築設計研究院有限公司がコンテンツ企画、上海風語築文化科技株式有限公司が施工を担当しました。三者は手を携わって従来の展示キュレーションと空間デザインを型破り、博物館レベルの品質でスタンダードパノラマを使用し深セン漁業青写真展示を手掛けしました。 この展示は、「大潮耕海」、「生態永続」、「ダークブルーへ」、「未来深セン」といった4つのチャプターで構成され、観客が展示している数十点の代表的な実物展示や映像作品、マルチメディアインタラクティブインスタレーションなどを通じて、深センはどのように代々受け継がれてきた「耕海牧漁(海を「耕し」、魚を「放牧し」)」から現代の漁業の都へと変身したかを探索し、斬新な没入型「漁」文化体験を作り上げました。同時に、初回深セン国際漁業博覧会といったプラットフォームを機に、展示会は漁業関係者およびその他の一般民衆が海洋生態と「大食物観」への関心をさらに喚起し、共に持続可能な発展するダークブルーの未来を展望していきます。

関連ページ
初回深セン国際漁業博覧会開幕、PILLSはキュレーションと総合デザインを担当初回深セン国際漁業博覧会開幕、PILLSはキュレーションと総合デザインを担当
学術
王子耕は「中国におけるキュレーション:ビエンナーレと都市開発」のフォーラムに招待され「アーバン・コスモロジー:第9回深センビエンナーレキュレーション概要」を講演more

5月10日午後、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は「中国におけるキュレーション」フォーラムと2023年中国美術家協会キュレーション委員会年間会議に招かれ、「アーバン・コスモロジー:第9回深センビエンナーレキュレーション概要」を題した基調講演を発表しました。 今回のフォーラムは、「キュレーションと文化による強化」を学術テーマとし、武漢美術館(琴台館)で開催され、「ビエンナーレと都市開発」、「キュレーションと農村の活性化」、「武漢におけるキュレーション史の価値」、「都市の内外におけるキュレーションの力」のテーマにまつわり、計4回のフォーラムが開催されました。王子耕は講演では第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレの展示構成とプロセスを中心に紹介しました。

関連ページ
活動
『芸術新聞/中国語版』×中国美術学院は交流共学プロジェクト「向山学園」が募集開始、王子耕は最終審査の審査委員を担当more

近日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招かれ、芸術家曹明浩、陳建軍、広州美術学院陳暁陽教授、中国美術学院先端芸術学院コンテンポラリーアートと社会思想研究所所長盧傑教授、および『芸術新聞中国語版(The Art Newspaper China)』編集長葉瀅らのゲストは「持続可能な種」教育プロジェクト((Seeds Project: Education Program for a Sustainable Future)の最終審査の審査委員を担当しました。 『芸術新聞/中国語版』は創刊十周年の機に、「持続可能な種」教育プロジェクトを立ち上げ、中国美術学院先端芸術学院と共同で交流共学プログラム「向山学園」をスタートさせました。このプログラムは人類とすべての生物が現在直面しているエコロジーと環境問題に焦点を当て、中国の各大学に在籍するアートクリエイターに作品提案を公募するプログラムです。入選した候補者は、中国美術学院象山キャンパスで共学を体験し、彼らの作品提案は『芸術新聞/中国語版』が手掛け、最終的に特集として出版します。

関連ページ
『芸術新聞/中国語版』×中国美術学院は交流共学プロジェクト「向山学園」が募集開始、王子耕は最終審査の審査委員を担当
学術
王子耕はXkool Technology・人工知能建築未来サミットに招かれたmore

5月7日、建築インテリジェンス分野に力を注いているXkool Technologyは、北京望京で「Enjoy AI with Xkool」新製品発表会および人工知能建築未来サミットを開催しました。 PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕がフォーラムに招かれ、AI2.0時代における人工知能と建築業界の発展についての見解を述べました。他のゲストには、Xkool Technologyの創設者・CEO何宛余、清華大学建築学科長期招聘准教授黄蔚欣、北京建築院担当者徐全勝などが名を連ねています。

関連ページ
王子耕はXkool Technology・人工知能建築未来サミットに招かれた
受賞
PILLS作品「九層塔―政純弁個展展示ディスプレイデザイン」はアメリカA+Awardsスペシャルメンションを獲得more

近日、国際的なデザインアワードArchitizer A+Awardsは結果を発表しました。PILLS作品「九層塔―政純弁個展展示ディスプレイデザイン」は文化部門展示空間(Gallery & Exhibition Spaces)スペシャルメンション(Special Mention)を獲得しました。Architizer A+Awardsは毎年建築とプロダクトデザイン分野における優れた作品を表彰する世界最大級のアワードの一つです。96カ国から5,000以上のエントリーがあった今回の賞は受賞率が4%未満でした。 「九層塔―政純弁個展展示ディスプレイデザイン」はアートグループ「政純弁」の作品をベースに空間をデザインしました。空間デザインのインスピレーションは、政純弁が制作したこのデジタル合成肖像画《Mr. 政》から来ました。《Mr. 政》の顔写真は政純弁メンバーの五人の顔の特徴をとって―「集団」の五官でパッチワークした存在しない「人間」のデジタル合成写真ですその顔のパーツに呼応すべく、PILLSは5つの典型的な集団主義空間(給湯室、食堂、上映館、理髪店、大浴場)と「モノ」に関するシンボルとコラージュし、ブルー一色の筒子楼廊下空間を作り出し、それを通じて政純弁の異なるメディアを介した作品が必要とされる展示方法を繋いていきます。廊下の両側にパラレルに設置した鏡は、観客の視覚は限られた空間に無限に広がっているような錯覚が生じ、コンテンツから離されたような形式的な遊園地を作り出します。

関連ページ
PILLS作品「九層塔―政純弁個展展示ディスプレイデザイン」はアメリカA+Awardsスペシャルメンションを獲得
学術
王子耕が北京服装学院「現代建築デザイン論」シリーズ公開講座に招かれ、「展示、話題、公共性」テーマ講座を開講

4月11日夜、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が北京服装学院芸術デザイン学院に招かれ、「現代建築デザイン論」シリーズ公開講座を行いました。この講座は車飛がモデレートし、孟凡玉が企画し、業界の著名な学者を招いて開講する講座です。王子耕は「展示、話題、公共性」を題し、作品を通して現代建築の公共性を分析し、芸術を通して都市の公共空間を強化する可能性や、都市建設における建築デザインの介入について議論しました。

活動
王子耕は「南方二十人:打辺炉ARTDBL2022年度ランキング」more

近日、打辺炉ARTDBLは今年で2回目を迎える「南方二十人」ランキングを発表しました。第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレチーフ・キュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は入選しました。「南方二十人」ランキングは毎年の初春の候に発表され、このランキングが中国南部地域の立場や価値を示し、南部の声を代弁し、ある種のマイノリティの理性と堅持を通じて、中国南部の芸術の精神と風土を構築することを目的とします。 王子耕は第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレにおいての傑出した表現で2022年度ランキングに選ばれ、「王子耕は第9回UABBのチーフキュレーターとして、金威ビール工場に創られたファンタスティックな空間に、空間本来がもっているドラマチックを取り入れながら、その空間お操り、判断し、外部のものを取り入れ、論述しながらコメントし、それらの手法でメリハリのある程よい展示のナラティブを呈示しました。彼のキュレーションは都市をフィールドとしたキュレーターがもつエネルギーと知恵を見せてくれました」とコメントしています。

関連ページ
プロジェクト
「未来の赤崁古今中外」都市建築芸術フォーラムは赤崁古鎮にて開催、王子耕は赤崁新区文化建築群デザインに参加more

3月28日午後、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が招かれ、「未来の赤崁古今中外」都市建築芸術フォーラムと赤崁新区文化建築群複合プロジェクト始動式に出席しました。このイベントは開平市人民政府の指導の下、開平市赤崁古鎮文化観光開発建設管理委員会、開平市赤崁鎮人民政府が主催し、上海風語築文化科技株式有限公司が運営・共催しました。 専門家、学者、建築家、芸術家は、江門市と開平市の指導者とともに、開平の歴史的建築物を調査・視察し、赤崁未来の都市建築発展を提言し、赤崁新区文化建築群プロジェクトの立ち上げに立ち会いました。今後の建築の共同創作において、王子耕、何鏡堂、劉珩、柳亦春、孟凡浩、張雷&雷暁華、章明、荘子玉は赤崁新区にある8棟の建築の設計を考案し、ともに赤崁の未来を描き出していきます。

関連ページ
「未来の赤崁古今中外」都市建築芸術フォーラムは赤崁古鎮にて開催、王子耕は赤崁新区文化建築群デザインに参加
受賞
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)閉幕、王子耕担当セッション「Cosmologic Dialogue」が組織委員会大賞を受賞more

3月26日午後、第9回深センビエンナーレ閉幕式はメイン会場粤海城・金啤坊のホールにて行われました。深セン市委常委、市政府常務副市長黄敏、深セン市政協副主席、市計画と自然資源局局長王幼鵬らが閉幕式に出席しました。「Cosmologic Dialogue」セッションは今回の深センビエンナーレ「組織委員会大賞」を受賞しました。 「Cosmologic Dialogue」セッションは、芸術性のある展示ディスプレイデザインを通じて専門的な提案にも応えることができ、多角的な視点から都市開発を探求することができました。このセクションの展示内容が豊かで、産業遺跡といった空間を巧みに十分に活用し、対話のメカニズムを通じて、学際的な問題の交差を通じて、都市における人間と自然の発展における新なバランスを模索します。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)閉幕、王子耕担当セッション「Cosmologic Dialogue」が組織委員会大賞を受賞
学術
第9回深センビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップは最終評議および最終報告セミナーを開催more

3月24日、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップの最終評議および最終報告セミナーはオンラインとオフラインにて開催されました。このワークショップは汪民安が提唱し、今回の深センビエンナーレチーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕および若手研究者翁佳が学術モデレーターを務めるワークショップです。 18名ワークショップ参加者は2023年1月に行われた中期発表にて、テキスト、営造、VR、AR、インタラクティブゲームを用いて、物理世界と仮想世界の間のオフィス要素の移動を示しました。今回の最終報告会では、各グループは最終成果を共有し、王子耕、汪民安、張之楊、馮果川、孟凡浩、瀋馳、莫万莉、尹毓俊、荘子玉らのファシリテーターとゲストが最終報告成果について評価・議論を行いました。

関連ページ
第9回深センビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップは最終評議および最終報告セミナーを開催
活動
「青年と海」象山濱海環島サービスステーション新鋭デザイナー招待制コンペティションのチャンピオン発表、王子耕は審査委員長を担当more

2023年3月15日、「青年と海」象山濱海環島サービスステーション新鋭デザイナー招待制コンペティションシーズン1とシーズン2の合同審査会および授賞式が寧波・象山で成功裏に行なわれ、3カ月間に及んだ若手新進建築家コンペティションが円満に幕を閉じました。王子耕はこのコンペティションの審査委員長として招かれ、他の6名の審査委員とともにサービスステーション最優秀デザイン案を発表し、コンセプト提案段階の最終結果の誕生に立ち会いました。

関連ページ
「青年と海」象山濱海環島サービスステーション新鋭デザイナー招待制コンペティションのチャンピオン発表、王子耕は審査委員長を担当
学術
王子耕は「Design Miami/Design Talks:持続可能な未来を築く」座談に参加more

3月8日から12日にかけて、アジア第二回Design Miami/ Podium X Shanghai, A Made in House productionは上海張園で開催され、PILLSプリンシパルアーキテクト、第9回深センビエンナーレチーフキュレーター王子耕は招きを受け、「持続可能な未来を築く」セッションフォーラムに参加しました。このフォーラムでは、未来ライフスタイルとエコシステムの統合、新型素材が旧ルールの枠組みに与える影響、デジタル・コンピューティング・アプリケーションと日常生活との密接な関係など実験的な議題に焦点を当て、さまざまな分野から学際的な実践者を招いて対話を行ってもらいます。

関連ページ
活動
PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramオフィシャルアカウント開設more

PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramにて正式にオフィシャルアカウントを開設しました。今後もSNSを通じて、PILLSが掲げるデザインコンセプト、クリエイティブなインスピレーション、プロジェクトの成果をより多くの方々にお伝えしていきます。ぜひアカウントフォローをお願いします。

関連ページ
PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramオフィシャルアカウント開設
プロジェクト
「呉嘯海:自然意識」芸術家呉嘯海個展がIOMAアートセンターで開幕、PILLSが展示ディスプレイデザインを手掛けmore

2023年3月4日、「呉嘯海:自然意識」はIOMAアートセンターで開幕しました。「世界で最もポテンシャルのあるアーティスト年度TOP10」に選ばれた呉嘯海の今回の個展は中央美術学院院長範迪安がアカデミックモデレーターを務め、中央美術学院美術館館長張子康がキュレーターを務め、「自然」を中心に、230点以上形式多様な芸術作品が展示され、芸術家いままで開催した展示のうち世界最大規模の芸術作品個展となります。 PILLSは依頼を受け、今回の展示ディスプレイデザインを手掛けました。展示ディスプレイデザイン案は、芸術家作品の文脈を継承し、「迷宮」、「地平」、「厚壁」と「ベール」をコンセプトに、独特な展示鑑賞ルートを考案しました。観客はそのルートに沿って導かれながら「自然」を見る、そして「見る」本質について考えさせられます。

関連ページ
「呉嘯海:自然意識」芸術家呉嘯海個展がIOMAアートセンターで開幕、PILLSが展示ディスプレイデザインを手掛け
学術
王子耕が第9回深センビエンナーレ「青年学者フォーラム:万物は流転する」に招かれてスピーチmore

3月4日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が「青年学者フォーラム:万物は流転する」に招かれ、スピーチを行いました。学者翁佳、莫万莉がモデレートするこのフォーラムでは、建築における物質、エネルギー、情報の交換に焦点が当てられました。建築における変化し続けるメディアを強調する一方で、基調講演とラウンドテーブルディスカッションでは、建造と物質の間の関係を根本から考え直し、西洋以外の文化にとって、より自由で多元的でより平等な存在のあり方を模索しました。

関連ページ
活動
PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramオフィシャルアカウント開設more

PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramにて正式にオフィシャルアカウントを開設しました。今後もSNSを通じて、私たちのデザインコンセプト、クリエイティブなインスピレーション、プロジェクトの成果をより多くの方々にお伝えしていきます。ぜひアカウントフォローをお願いします。

関連ページ
PILLSアトリエは小紅書(RED)とInstagramオフィシャルアカウント開設
プロジェクト
第9回深センビエンナーレは『芸術新聞中国語版』2023年1・2月合併号表紙を飾るmore

第9回深センビエンナーレは『芸術新聞中国語版(The Art Newspaper China)』2023年1・2月合併号表紙を飾りました。今号で掲載した文章『深センビエンナーレ九回目、「アーバン・コスモロジー」から湧き出る異なった湾区景観』は、読者に「ポスト都市の環境において、どのように人々とコミュニティ、建築、そして自然生態系の関係を協調し、イメージする共生を実現できるか?」を共有しました。

関連ページ
学術
『狂気はこうして嘘をつく:精神病院の歴史とその先』出版、PILLSが監修more

近日、理想国(NAIVE)が企画出版する書籍シリーズ 『描かれた病』の『狂気はこうして嘘をつく:精神病院の歴史とその先』(This Way Madness Lies: The Asylum and Beyond)は出版され、PILLSが本書の監修に関わりました。本書はイギリス王立ベスレム病院(ベドラム)の物語を通して、精神病とその治療の歴史を辿りました。作者は、18世紀から21世紀まで、ベドラムが代表とする精神疾患治療施設の建築デザイン、治療方法、管理システム、外部との関係の変遷を整理しました。本書には600点以上の画像が掲載されており、貴重な資料や映像資料、そして各時代の患者たちが描いた芸術作品を通じて、彼らの驚くべき想像力と創造性を示し、人々の本来の認識を覆しました。彼らが汚名を着せられたシンボルではなく、生きた人間でありだと力強く示し、彼らの生き様を読者に見せました。

関連ページ
『狂気はこうして嘘をつく:精神病院の歴史とその先』出版、PILLSが監修『狂気はこうして嘘をつく:精神病院の歴史とその先』出版、PILLSが監修
学術
王子耕は初回北京アートビエンナーレ2022フォーラム「ブループリント・北京:理想主義」に招かれ出席more

1月13日、建築家馬岩松氏がキュレーションし、MAD建築事務所が共催する初回北京アートビエンナーレ2022を飾る展示会「ブループリント・北京」(Blueprint Beijing)が開幕しました。2月24日、王子耕はこの展示会の初回フォーラムに招かれ、出席しました。キュレーター馬岩松、モデレーター趙磊、およびゲストの李虎、梁琛、臧峰一同は「理想主義」をテーマに、キュレーターが問いかけた「北京」の「未来」の応えながら、フリーなディスカッションを通じ、展示会自身についてより深く分析し、「ブループリント・北京」の幕をあけました。

関連ページ
王子耕は初回北京アートビエンナーレ2022フォーラム「ブループリント・北京:理想主義」に招かれ出席王子耕は初回北京アートビエンナーレ2022フォーラム「ブループリント・北京:理想主義」に招かれ出席
活動
王子耕は深セン広電財経生活「ファッションとデザイン」番組に出演more

2月11日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招きを受け、深セン広電財経生活「ファッションとデザイン」番組の取材に応じました。番組中に、王子耕は彼自身が展示空間デザイナー、アーティスト、キュレーターとして様々な展示会に関わった経験や、違うアイデンティティで建築分野が展示参加、美術館や公共空間などへの介入などの可能性についての考えを視聴者と共有しました。この番組は湾区財経ライブ配信プラットフォームにて放送しました。

関連ページ
学術
王子耕は「光明都市|建築と芸術が築く未来都市フォーラム」に招かれ、「命題作文:展示、言論と公共性」基調講演を発表more

2月8日午後、深圳市光明区都市計画展覧館で「光明都市|建築と芸術が築く未来都市フォーラム」が開催されました。このフォーラムは、深圳市計画と自然資源局光明管理局が主催し、上海風語築文化科技株式有限公司が運営し、深圳市OCT文化体育産業管理有限公司が共催しました。 PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕がイベントゲストとして招かれ、「命題作文:展示、言論と公共性」基調講演を行いました。講演中に、王子耕はPILLS近年のプロジェクトの創作プロセスや第9回深センビエンナーレのキュレーションの考えについて共有しました。彼は、公共プロジェクトの多くは「命題作文」で、その出された問題を解決していくプロセスには自身の判断と価値観が自然と関わっていきだと考えています。展示キュレーションは自己表現であり、また多角的な考察の下での総合的な判断でもあります。

関連ページ
王子耕は「光明都市|建築と芸術が築く未来都市フォーラム」に招かれ、「命題作文:展示、言論と公共性」基調講演を発表王子耕は「光明都市|建築と芸術が築く未来都市フォーラム」に招かれ、「命題作文:展示、言論と公共性」基調講演を発表
プロジェクト
フェニックス衛星テレビ『Build Your Dream World』番組は「第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ」特集を放送more

2月5日、フェニックス衛星テレビ『Build Your Dream World』番組は「第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ」特集を放送しました。番組には、PILLSプリンシパルアーキテクト、第9回深センビエンナーレのチーフキュレーター王子耕、金啤坊会場デザイナー孟岩らが番組の取材を応じました。彼らは視聴者たちに第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレの展示、金啤坊(元羅湖金威ビール工場跡地)の裏物語などを語り、今回の深センビエンナーレは「どうのようにコスモロジーあふれる都市を築き上げるか」、展示会を通してどう応答したかを共有し、現在世界中で起きている気候変動、衝突や戦争、食料やエネルギー危機などさまざまな事件も議論しました。

関連ページ
フェニックス衛星テレビ『Build Your Dream World』番組は「第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ」特集を放送フェニックス衛星テレビ『Build Your Dream World』番組は「第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ」特集を放送
学術
第9回深センビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップ中間ゼミおよび研究メンバーを公示more

2022年11月はじめに、「オフィスについて」ワークショップは世界各国からさまざまな分野の80名応募者から18名の最終研究グループメンバーを選出しました。彼らが持つ建築学、歴史的建造物保護、メディア研究、文学研究、メディアアート、GIS、コンピューターサイエンスなどさまざまなバックグラウンドは、オフィス要素を研究するための学際的な交流を可能にしました。 ワークショップの中間発表ゼミは1月14日ー15日の二日間にオンラインで行う予定です。ワークショップファシリテーターの王子耕、汪民安、李洋、江嘉瑋、莫万莉、韓涛、楊北辰、張之琪らがグループメンバーの段階的研究結果について評価・議論を行いました。グループメンバーは彼ら自身の経験や知識バックグラウンドに基づき、各要素の研究のために独自な視点を提供し、そして異なる展示アプローチを提示しました。中間発表に、彼らはテキスト、画像、ビデオVR、AR、さらにはインタラクティブなゲームを用いて、在宅勤務における物理世界と仮想世界の間のオフィス要素の移動を示しました。彼らのコラボレーションとコミュニケーションは、元の研究枠組みをよりネットワーク化された構造へと有機的にシフトさせました。

関連ページ
第9回深センビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップ中間ゼミおよび研究メンバーを公示
プロジェクト
王子耕作品《想像の北京》は初回北京アートビエンナーレ2022建築部門「ブループリント・北京」に出展

2023年1月13日、初回となる北京アートビエンナーレ2022のグランドフィナーレを飾る展示会「ブループリント・北京」(Blueprint Beijing)が北京の木木美術館(銭糧胡同館)でお披露目されました。今回の展示会のキュレーターを担当したのは建築家の馬岩松氏です。MAD建築事務所と共催するこの展覧会は、「ブループリント・北京」(Blueprint Beijing)と題され、「歴史の歯車、未来の狂想」といった2つの視点から展示会のテーマに焦点て、国内外からピーター・クック(Peter Cook)、伊東豊雄、エリック・オーウェン・モスら20名の建築家を招き、建築模型、インスタレーション、映像などの作品を創作してもらい、彼らのテーマに対する理解を見せてもらいました。王子耕は作品《想像の北京》で出展しました。 《想像の北京》は壇城(曼荼羅)をモチーフにし、2つ異なる変換方法を通じて2つ可能な都市モデル図解を形成させます。想像している円満に調和し秩序が整然していながら、階層序列が森然たるの理想都市と、自己表明が存在する多様な現実世界との間の緊張感を表現しています。

王子耕作品《想像の北京》は初回北京アートビエンナーレ2022建築部門「ブループリント・北京」に出展
受賞
PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場リノベーションデザイン」は「gooood2022年インテリア部門人気インテリアデザイン24選」に入選more

12月27日、PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場リノベーションデザイン」はgoooodが発表した「2022年インテリア部門人気インテリアデザイン24選」に入選しました。 この設計案のコンセプトは、今日の博物館の前身とされる驚異の部屋(Cabinet of Curiosity)にインスパイアされ、どう「モノ」を見せるというロジックを軸に、触知可能性(tangibility)をベースに、都市理念や価値観を形にし、および都市開発の過程を動くインスタレーションで表現し、展示を構成させていきます。最先端のビジュアル言語、没入型プレゼンテーション、インタラクティブな空間体験を通じて、スーパーヘッドクォーターベースの都市コンセプトと価値観に形と設定を仕上げました。音と映像がシーンに溶け込み、展示内容や歴史的背景を補足説明しながら、段階的に進む物語から脱却し、タイムラプスとドラマを完成させます。展示ディスプレイ全体は、大湾区建設中の都市の玄関口としてのスーパー本部基地の青写真を描き出し、都市建設の成果を示し、国際的なビジョン、前向きな考え方、革新的なデザインを使用して高レベルの計画、高レベル建設された展示スペースを作り上げました。機会と活力に満ちた大都市深センが、近い将来、傑出した影響力を持つ世界的なベンチマーク都市になることをともに見届けます。

関連ページ
PILLS作品「深セン湾超級総部基地都市展示場リノベーションデザイン」は「gooood2022年インテリア部門人気インテリアデザイン24選」に入選
プロジェクト
STAFFONLYはIDOLE益彩と手を携わり、第9回深センビエンナーレスタッフのためにUABB Uniform持続可能なユニフォームを制作more

2022年、第9回深センビエンナーレチーフキュレーター王子耕はアパレルブランドSTAFFONLYに深センビエンナーレキュレーションクルーおよび展示場スタッフたちのためにUABB Uniform「コスモスユニフォーム」を開発・カスタマイズ制作してもらいます。STAFFONLYは今回深センビエンナーレメイン会場――金威ビール工場の建物からインスピレーションを汲んで、今回のアーバン・コスモロジーの持続可能な議題を参考し、新しいデザインアイデアを発想し、新しいインダストリアルスタイルの作業着に仕上げました。 王子耕は、消費者ブランドが新しいモデルで持続可能性への配慮を表現できると考えており、「コスモスユニフォーム」は素材とデザインの面から前述の考え方の例を示してくれます。さらに、王子耕は、衣服と建築の関係についての考えも語りました。彼は、「広い意味で、建築は『人間の行動のためのシェルター』であり、衣服は人間の身体のためのシェルターであり、どちらも人々にさまざまなサポートとメンテナンスを提供してくれるものです。素材応用で言うと、建築と服の差異が曖昧です。特に現代建築では、織物など柔らかい素材への探求も進んでいます。建築家たちは、わりと素材の空間や構造を意識した美学センスを養っているため、彼らはコンセプチュアルな視点で新しい創作を注目するようにしています」。

関連ページ
STAFFONLYはIDOLE益彩と手を携わり、第9回深センビエンナーレスタッフのためにUABB Uniform持続可能なユニフォームを制作
学術
王子耕は第9回深センビエンナーレ「歴代キュレーターフォーラム」をモデレートし、基調講演を発表more

12月18日、第9回深センビエンナーレ・チーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は深センビエンナーレメイン展示場ホールにて開催された「歴代キュレーターフォーラム」に出席し、モデレーターを務めました。 本フォーラムは過去8回のキュレーター侯瀚如、李翔寧、劉珩、劉暁都、馬清運、孟建民、孟岩、欧寧、張永和、Aaron Betsky、Alfredo Brill-embourg、Carlo Ratt、Fabio Cavallucci 、Hubert Klumpner、Jeffrey Johnson 、Ole Bou、および今回のチーフキュレーター魯安東、王子耕、陳伯康Aric Chenらを招きました。彼らは深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレが模索段階から成熟段階までの成長を全面的に整理・まとめ、展覧会の発展を回顧的に評価し、ビエンナーレが大規模公共文化イベントとして、新しいアイデアの輸出、都市開発の促進などにおいての意義と価値を分析しました。

関連ページ
王子耕は第9回深センビエンナーレ「歴代キュレーターフォーラム」をモデレートし、基調講演を発表
プロジェクト
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、王子耕はデザイン・演出を手かけた開幕週セレモニー「万物共生」が盛大に上演more

12月18日夜、第9回深センビエンナーレ開幕セレモニー・パフォーマンス「万物共生」はメイン展示会場で盛大に上演しました。「万物共生」は、今回の深センビエンナーレのチーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕がデザイン・演出を手かけたものです。この作品は、9組の「花びら」で組み合わせた大型球体インスタレーションです。それぞれの「花びら」の造形はビール醸造所の発酵槽の底にある円錐形をモチーフに作り、それぞれの表面は大地、植生、動物など9つの異なる都市宇宙論を示すテキスタイルで覆われています。これらのインスタレーションはメイン会場の隅々に散りばめられ、ダンサーたちがさまざまな動きを通じて集まりながら、寄り合って一つの球体インスタレーションを組み合わせていきます。 パフォーマンスは人間と万物の調和のとれた共生、生き物たちが互いに尊敬しあうことをテーマに創作しました。インスタレーションがダンスと組み合わさって、没入型パフォーマンスを通じて各展示会場の関係を紹介しながら、観客の鑑賞体験はパフォーマーおよび展示作品とのインターアクションを通して融合していきます。「万物共生」は、多様な力を集結する都市の包容力を強調し、9回も開催されてきた深センビエンナーレが蓄積されてきた深センと香港の共生する友情を表現し、さらに今年の深センビエンナーレの開幕週イベントをクライマックスへ盛り上げました。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、王子耕はデザイン・演出を手かけた開幕週セレモニー「万物共生」が盛大に上演
学術
王子耕は第9回「青年深センビエンナーレ」サブセッションフォーラム「PRD3.0:Balance is More!」にて挨拶の辞を発表more

12月17日、第9回深センビエンナーレチーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は深センビエンナーレ開幕週「青年深センビエンナーレ」サブセッションフォーラム「PRD3.0:Balance is More!」に参加し、挨拶の辞をしました。 このフォーラムのモデレーターを務えたのが青年深センビエンナーレ・サブセッションのキュレーター劉珩、フォーラムで青年深センビエンナーレの出展者たちが今回のクロスオーバー、整合、イノベーションの出展作品を紹介しました。第9回深センビエンナーレチーフキュレーター魯安東およびHubert Klumpner、学術委員会主席張宇星、建築家庄慎らは、どのように学際的研究や実践を通じて空間発展が直面している複雑な挑戦を挑み、さらにともにより均衡的な、よりグリーンエコロジー、よりレジリエントで、持続可能な発展ポテンシャルのある未来都市ビジョンを描くことを議論しました。

関連ページ
学術
王子耕は第9回深センビエンナーレ「Cosmologic Dialogue」セッションフォーラムのモデレーターにmore

12月17日、第9回深センビエンナーレ・チーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は深センビエンナーレ開幕週「Cosmologic Dialogue」セッションフォーラムをモデレートしました。「コスモロジカル・シティ」セッションでは陳忱、華黎、李涵、李天穎&張昊天、柳亦春、陸文宇、馬岩松、孟岩と張斌ら9組の出展建築家が、それぞれ宇宙、植物、音、空気、エネルギー、ゴミ、土、水、家電用品など人間を超えた9個の視点から深センを描きました。PILLSはこの9つのミクロ・コスモスに基づき、一つの空間の謎解き――すなわち序章ユニットを作り上げ、それぞれの作品群を展示するのに伏線を敷きました。 「Cosmologic Dialogue」セッションフォーラムは、そのセッションに出展するアーティストたちを招き、基調講演の形で、人類の視点を超えた9つのミクロアーバンコスモスを彼らに解説してもらい、気候変動の文脈における都市の未来を検討します。ディスカッションでは、彼らは建築家の視点から、現在のモデルの固有の境界線をどのように超え、都市における人間、生物、自然の新たなバランスを模索する方法を聴衆と共有します。

関連ページ
学術
王子耕は第9回深センビエンナーレ「do it, imagined community」対談兼do itセッション開幕フォーラムをモデレートmore

12月16日、第9回深センビエンナーレ・チーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は深センビエンナーレ開幕週「do it, imagined community」対談兼do itセッション開幕フォーラムをモデレートしました。 第9回深センビエンナーレ「Cosmologic Dialogue」セッション「do it - co-habitats」は50メートルものある展示壁に40数名の中国建築家および芸術家たちの設計案を織り交ぜた形で展示し、想像するコミュニティを形成させました。このフォーラムはHans·Ulrich·Obrist、曹丹らをゲストとして招へいし、「do it 」プログラムおよびその展開性と開放性、そして都市や環境の急速な変遷において個体が都市空間に対する感知と想像などについて議論しました。

関連ページ
学術
王子耕は第9回深センビエンナーレ「Sound Refrain」対談兼「Sound of the Cosmo」サウンドセッション開幕フォーラムに参加more

12月16日、第9回深センビエンナーレ・チーフキュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は深センビエンナーレ開幕週「Sound Refrain」対談兼「Sound of the Cosmo」サウンドセッション開幕フォーラムに参加しました。このフォーラムの対談ゲストには尤洋、李星宇、張安定、王子耕と陸正らが名を連ねています。 このフォーラムでは、サウンドと建築の間に構築された交差と本質的な同質性の可能性に基づき、都市、サウンドとアートのつながりについて検討しました。また人文エコロジーを共同構築するメディアとしてのサウンド・アートが、近代の都市建設や公共空間の中でどのように生まれ、反復され、そして一種の回顧できるアーカイブとして機能し、都市の建設や記憶にどのような反作用を与えうるかについても議論しました。

関連ページ
プロジェクト
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、香港行政長官李家超氏と深セン市市長覃偉中氏らが起動式に出席more

12月10日午後、深セン市羅湖区にある粤海城・金啤坊で今回の深センビエンナーレの開幕式が開催されました。香港政府トップの行政長官の李家超氏、深セン市市長の覃偉中氏、副市長張華氏、深セン市政協副主席、市計画と自然資源局局長王幼鵬氏、市政府秘書長高聖元氏、羅湖区人民政府区長範徳繁、チーフキュレーター魯安東、王子耕らが起動式に出席しました。 今回の深センビエンナーレは、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕、建築・都市計画学者の魯安東、デザイン・キュレーターの陳伯康(Aric Chen)が共同チーフキュレーターを務めます。深センビエンナーレが掲げる「都市は展示会場であり、展示は実践である」の原則を引き継ぎ、「Urgent Question」、「More-than-human Adventure」、「Cosmologic Dialogue」、「Co-Living Lab」、「Common Action」といった五つのメインセッションとスペシャル・セッションを設けており、そして「UABBブランド・パビリオン」、「香港パビリオン」、「羅湖パビリオン」計3つのテーマ・パビリオン、および常設展「Making On Site (即地製造)」を設けています。展覧会は、認知、方法、行動この3つの側面から現代都市のグリーンで持続可能な開発に焦点を当て、世界的な気候変動における都市対応戦略に着目し、人間と自然の調和のとれた共生の道を探ります。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、香港行政長官李家超氏と深セン市市長覃偉中氏らが起動式に出席第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、香港行政長官李家超氏と深セン市市長覃偉中氏らが起動式に出席第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)開幕、香港行政長官李家超氏と深セン市市長覃偉中氏らが起動式に出席
学術
王子耕は「we are there」ポッドキャスト番組「美術館:芸術が分かることより美の接し方が大事」を収録more

11月29日、第11回「we are there」ポッドキャスト番組は王子耕を招き、「美術館:芸術が分かることより美の接し方が大事」をテーマとした番組を収録しました。番組では王子耕が「美術館」という特定な場所について語り、「美術館の場所変革」から「現代美術館の変遷とトレンド」まで話し、最終的に「美術館と都市、美、未来との関係性」まで話を広げ、「美術館はどう生まれたのか?」、「美術館は個体にとってどんな意義がある?」、「美術館とその展示が景観化、画像化はどう見る?」などの課題について深く検討しました。

関連ページ
プロジェクト
PILLSとUCCA Labがコラボ、上海張園に「潮汐の海」メルセデスEQ パブリックアートプロジェクトを手掛けmore

11月27日、UCCA LabはPILLSと手を携わり、上海張園のオープンを記念してメルセデス・ベンツのプレミアム電気自動車ブランドメルセデスEQのパブリックアートプロジェクトをコラボしました。このプロジェクトは芸術という言語を通じて、観客が世間万物の生命力に対する認識を喚起し、時間と文化の波にともに乗り出すように観客を導きたいという願いを込めています。回顧と前進が絶えずに繰り返している中、共に人間、科学技術、自然が調和のとれた明日へと進みます。 このプロジェクトは「潮汐の海」と名付けられ、張園が百年間の都市記憶を継がれてきた豊な海をイメージして創作しました。アートインスタレーションの全体造形は海洋に生きるサンゴなどの生き物からインスピレーションを得て、さらにメルセデス・ベンツEQS車体の流線的なデザインと融合させ、中庭の突き抜け天井に伸びて周囲に広がる流暢なラインを持つボディは、勢いよく生長する形に仕上げました。インスタレーション制作に伝統的なランタン制作工芸を取り入れ、デジタル模型の有機体造形を再現しました。夜に光るライトは、明るさの強弱と明滅が精巧にリズムが設定され、生き物の呼吸をシミュレートしました。ゆらゆらの光と影は内側から青い布を透けて見え、インスタレーションの骨組みの縦線に飾っている満天の星のようなイルミネーションライトと呼応しています。呼吸するような光が変化しているうちに、まるで深海に目覚めた巨大な海洋生物ように見えてくるインスタレーションの躯体に観客に入ってもらい、「モノ」の温度や生命力を体感してもらいます。

関連ページ
PILLSとUCCA Labがコラボ、上海張園に「潮汐の海」メルセデスEQ パブリックアートプロジェクトを手掛け
学術
王子耕は招きを受け、央美2022秋季コース「建築とモダニティー」第六回「都市は展示会場であり、展示は実践である」を講演more

2022年11月21日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は中央美術学院建築学院大学院コース2022年「建築とモダニティー」第六回の講演ゲストに招かれ講演しました。講演は「都市は展示会場であり、展示は実践である」のテーマをまつわり、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレを背景に、建築展示会のキュレーションモデル、および展示会は建築学科と都市更新に対する促進作用を検討しました。 王子耕は講演中に、現代建築展示会とキュレーションは単なる一種の事件性実践とビジュアル表現だけではなく、また現代建築批評と文化空間における大事な推進力になりつつあると強調しました。建築展示会は建築研究と批評を可視化にした一つの形として、建築学発展の系譜と歴史的痕跡を提示し、この分野における意図的と無意識な政治的、制度的、学問的なビジョンを再構築することを可能にします。

関連ページ
王子耕は招きを受け、央美2022秋季コース「建築とモダニティー」第六回「都市は展示会場であり、展示は実践である」を講演
学術
王子耕は招きを受け、央美2022秋季コース「建築とモダニティー」第六回「都市は展示会場であり、展示は実践である」を講演more

2022年11月21日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は中央美術学院建築学院大学院コース2022年「建築とモダニティー」第六回の講演ゲストとして招かれ講演を行いました。講演は「都市は展示会場であり、展示は実践である」のテーマをまつわり、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレに基づき、建築展示会のキュレーションモデル、および展示会は建築学科と都市更新に対する促進作用を議論しました。 王子耕は講演中に、現代建築展示会とキュレーションは単なる一種の出来事(eventness)の実践、あるいはビジュアル表現だけではなく、また現代建築批評と文化空間における大事な推進力になりつつあると強調しました。建築展示会は建築研究と批評を可視化にした一つのアプローチとして、建築学発展の系譜と歴史的痕跡を提示し、それによってこの分野における政治、体制または学科のビジョンを再構築することを可能にしています。

関連ページ
王子耕は招きを受け、央美2022秋季コース「建築とモダニティー」第六回「都市は展示会場であり、展示は実践である」を講演
プロジェクト
「THE 8 × JEFF KOONS」BMW数量限定特別仕様車は上海ウエストバンド・アート&デザインに出展、PILLSは展示ブースデザインを手掛け

PILLSは依頼を受け、「THE 8 × JEFF KOONSBMW数量限定特別仕様車」のために2022年ウエストバンド・アート&デザインに出展する展示ブースのデザインを手掛けました。世界に限定99台このスポーツカーは、BMWの最高峰の製造技術と、アーティストのジェフ・クーンズのシンボリックなポップアートが融合した「街を走るアート」であり、美術館に館蔵されるほど貴重な作品ですPILLSは「THE 8 × JEFF KOONS」のために相応の展示スペースを作り上げました。その展示ブースは時空のエネルギーを一体化にし、ライトとカラーをうまく融合しながら、作品が芸術と技術の境界線を打ち破ったこと、およびカルチャーにおいてもビジネスにおいてもリードする勢いを全方位において総合的に見せています。 そのため、展示ブースのインスタレーションには、車体塗装のデザイン・エレメントであるブーム、ストライプなどポップアートの要素を取り入れ、ジェフ・クーンズが手掛けた車体デザインを平面的なグラフィックからキャンバスから飛び出してリアリティに突っ込んでくる抽象的なポップアートのエネルギーにトランスレートし表現しました。クルマは鮮やかなイェローに包まれ、あたかも走りだす躍動感があふれるパワーは立体的な爆発模様の幾何形トンネルで表現しました。そのトンネルの観客に面する側が大きく開き、境界線を打ち破り、未来へ突き進む無限の可能性を象徴しています。

活動
王子耕は招へいを受け、孟建民、馬岩松らとgad「未来コミュニティと日常生活」フォーラムに参加more

2022年11月8日、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレチーフ・キュレーター、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招きを受け、「未来コミュニティと日常生活」フォーラム兼第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ杭州プロモーション会に出席しました。今回のフォーラムはgad「観点」が主催し、南京大学教授、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレチーフ・キュレーター魯安東が学術モデレーターを務め、フォーラムには中国工程院孟建民院士、華東師範大学教授姜宇輝、MADプリンシパルアーキテクト馬岩松、東南大学教授童明、高目事務所創設者張佳晶らのゲストは「未来コミュニティと日常生活」を中心に議論を行いました。 このフォーラムは第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)の「Co-Living Lab」メインセクションを基づいて、人、生活、空間と建築の間の「関係性」に注目し、建築、哲学など多様な視点を通じ、中国現在都市転換における生じた課題を検討し、未来コミュニティの発展のために見解や方法を提供します。

関連ページ
王子耕は招へいを受け、孟建民、馬岩松らとgad「未来コミュニティと日常生活」フォーラムに参加
活動
王子耕は「TRUE見る理想な建築」テーマシンポジウムに参加more

2022年10月22日、一言一吾「TRUE見る理想な建築」シリーズイベント深セン会場が無事に行なわれました。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招へいされ、美的ビルディング・テクノロジー研究院院長孟涛、南沙原創建築設計アトリエプリンシパルアーキテクト劉珩と「イノベーションシティ、共生の地を探す」というテーマを中心に対話を広げ、深センが「イノベーションシティ」としての持続可能な開発における空間のポテンシャルのために展望性のある視点を提供します。 王子耕は第9回深センビエンナーレの「アーバン・コスモロジー」(Urban Cosmologies)キュレーションアイデアを一つの例として、ミクロなレベルにおいて人間と自然、都市との関係、およびより広いレベルで「人間がいかにして万物と調和しながら地球に生息しているか」を説明します。科学技術は「優しい人間環境と社会」といった方向に向かって発展しなければなりません。今年の深センビエンナーレでは、リサーチを通じて一般の人々のニーズを発見し、彼らの生活をケアするイベントも多数行われるよていです。

関連ページ
学術
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップ募集開始more

2022年10月15日、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップ参加者募集が始まりました。ワークショップは清華大学人文学院中国語学科汪民安教授が発起し、PILLSアトリエプリンシパルアーキテクト王子耕、若手研究者翁佳がアカデミック企画を担当します。中央美術学院設計学院副院長韓涛、北京大学芸術学院李洋、同済大学建築と都市計画学院助教授莫万莉、「StochasticVolatility」ポッドキャスト創設者張之琪らが共同ファシリテーターを務めます。 情報技術が発展しているなか、在宅勤務が知識型仕事の新しい形態となった背景に、「オフィスについて」ワークショップでは、メディア考古学の観点から在宅勤務と物質世界との結びつきを再認識し、オフィス要素の機能や形式が現実と仮想の間をどのように行き来し、その物質性が汎デジタル化のプロセスをどのように制約しているかについて議論します。フェローたちは、4ヶ月間続くワークショップ期間中、配管、植物、ファイル、ワークステーション、スクリーン、家電製品、グラフィック、風水などで分けられたグループで研究に取り組みます。研究内容は書籍の形に整理し発表するほか、第9回深センビエンナーレ閉幕式期間中に公開セミナーを行う予定です。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ「オフィスについて」ワークショップ募集開始
活動
王子耕は「跨石亭江橋国際デザインコンペティション」の審査員として招聘された

2022年10月13日、徳陽天府旌城管理委員会が主催する徳陽天府旌城北天府中央湿地公園跨石亭江橋国際デザインコンペティションが世界範囲における公募を開始しました。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け、中鉄大橋局副チーフエンジニア馮広勝、NEXT建築事務所パートナー蒋暁飛、中国建築西南設計研究院プリンシパルアーキテクト劉芸、AECOM中国区建築設計副総裁鐘兵らと審査員を担当しました。 募集期間中、国内の大中規模の設計院、国内外の優秀建築設計事務所、新鋭設計チームなど数十組から合計117件の有効な応募がありました。コンペティションのオンライン露出回数は合計100万回を超え、130以上のメディアや組織からの支援がありました。

プロジェクト
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)が751パーク内に北京プロモーション会を開催more

2022年9月27日夜、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)の初回プロモーション会は北京751パークにあるA18 Fashion Echoにて行いました。今回深センビエンナーレのテーマ「アーバン・コスモロジー」(Urban Cosmologies)に基づき、今回の北京プロモーション会は「都市と展覧会」、「アートと日常」を議題とする2つのラウンドテーブル対談を設けました。対談内容は今回の深センビエンナーレの「コスモロジカル・シティ」セッションに基づいて繰り広げ、「スペシャルセッション」まで対談内容を延長し、同時に北京のコンテストも考慮し、人間、生物、万物の多元的宇宙観を提示することで、都市、人間、自然の三者関係に対する固有の認識を見直すことを意図しています。 崔燦燦、李涵、何哲、韓涛、龍瀛、陸秩辰、周榕、車飛、尤洋、朱砂、薛天寵、趙夢莎、田川、費俊ら(登場順)は特別ゲストとして今回のプロモーション会に出席し、世代を超えたマルチ学科におえる多角的な対話を行いました。また、コロナ感染症の影響を受け、陳伯康(Aric Chen)、華黎、李翔寧、李興鋼、林雲峯、劉珩、劉家琨、劉暁都、魯安東、馬岩松、龐偉、青山周平、汪民安、王輝、巌明丹、張利、張永和、張宇星、張之楊、趙蓉、朱栄遠、庄子玉らのゲスト(姓のアルファベット順、順不同)はグリーティング動画で今回のプロモーション会に参加し、今回の深センビエンナーレのために、祝福の辞を贈りました。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)が751パーク内に北京プロモーション会を開催第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)が751パーク内に北京プロモーション会を開催
活動
王子耕はポッドキャスト番組「ほろよいシティ」に出演、第9回深センビエンナーレキュレーションについて語り more

9月22日、「ほろよいシティ」シーズン2/エピソード6には第9回深センビエンナーレのチーフキュレーター王子耕、魯安東を招き、建築家馮果川と一緒に、視聴者のためにキュレーションについての最新情報をお届けします。

関連ページ
プロジェクト
PILLSとUCCA Labが手を携わり、三里屯に《ケブネカイセの折り目》PeakPerformance(ピークパフォーマンス)のパブリックアートインスタレーションプロジェクトをコラボmore

2022年、北欧のプロフェッショナルアウトドアブランドPeakPerformance(ピークパフォーマンス)の中国初の店舗が三里屯に出店します。UCCA Labは、スウェーデンのアーティストJesper Nyrén、建築家王子耕およびPILLSアトリエを特別に招聘し、PeakPerformance(ピークパフォーマンス)が中国にオープンする初店舗のために、仮囲いの機能を持つパブリックアートインスタレーションを作成してもらいます。 このインスタレーションは、Jesper Nyrénの絵画「Untitled (Folds III)」をモチーフに制作したもので、そのデザインは原作に描かれている三角形の要素を汲み取り、ブランドロゴの幾何学的な特徴と組み合わせて、絵画作品に目の錯覚を利用して描いた空間を起伏しているような「山」の形態を演出します。また、PILLS は、PeakPerformance 2022AWコレクションの色番を使用しインスタレーションの三角形を埋める基本色にしました。同時に、フェンスの隅にある三角形のコラージュにブランドのロゴがさりげなく組み込まれるデザインで、マウンテンスポーツから発足したブランドの歴史を示しています。この作品は芸術と建築の創作言語をアプローチに、公共空間における観客に固有の視覚感覚の枠を打破した美学と体験を伝えています。仮囲いが持つ遮る機能と展示する機能の境を曖昧にすることで、仮囲い自身が都市ライフにおける意味と役割を再定義します。

関連ページ
PILLSとUCCA Labが手を携わり、三里屯に《ケブネカイセの折り目》PeakPerformance(ピークパフォーマンス)のパブリックアートインスタレーションプロジェクトをコラボ
プロジェクト
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)は深セン市政府プレスリリース・ホールにて初回のプレスリリースを開催more

2022年8月24日、深セン市は第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)(以下「深センビエンナーレ」という)の初回プレスリリースを行いました。深センビエンナーレ組織委員会秘書長、深セン市計画と自然資源局丁強副局長、深セン市羅湖区霍広勇副区長、第9回ビエンナーレ学術委員会主任張宇星、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)チーフキュレーター魯安東、王子耕は最新状況を公表し、記者からの質問を応答しました。市委宣伝部副部長、市政府新聞弁呉筠はプレスリリースの司会を務めました。今回のプレスリリースも今年度初のプレスリリース・ホールに発表会を開催した都市文化イベントです。発表会にて第9回深センビエンナーレのテーマは「アーバン・コスモロジー」(Urban Cosmologies)、メイン会場は深セン市羅湖区にある粤海城・金啤坊(元金威ビール工場跡地) と公表しました。深センビエンナーレのメイン会場が羅湖区に設けるのも初となります。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)は深セン市政府プレスリリース・ホールにて初回のプレスリリースを開催
活動
PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転

2020年7月28日、PILLSの新事務所内装工事が完成し、PILLSアトリエは正式に751D·Parkに引っ越しました。

PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転 PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転 PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転
活動
PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転

2020年7月28日、PILLSの新事務所内装工事が完成し、PILLSアトリエは正式に751D·Parkに引っ越しました。 PILLSは現代空間文化を核心に据え活動する複合型建築アトリエ事務所です。私たちが特に関心を持つ分野は:資本と空間政治、環境制御と技術哲学、グローバリゼーションとインフラストラクチャー、現代メディア文化および生産と消費の関係、映像とメディア技術などです。私たちは試みしていることは、より思索的なアプローチを通じて現代都市と建築学の議題を再定義することです。また多種多様なアプローチを用いて現代文化を観察そして介入し、空間の生産の裏にあるメカニズムをより深く掘り下げて、現代世界のビジョンと人々の生存状態を描き出そうとしています。私たちが主に活動している分野は:建築および都市デザイン、インスタレーションおよび芸術作品、キュレーションおよび建築企画、映像およびマルチメディア制作、独立出版などの思索的な実践です。

PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転PILLSアトリエ新事務所は751D·Parkに移転
プロジェクト
王子耕作品《ミッキーバース》は「好奇心には境がない:ミッキー芸術展」世界ツアー北京会場に出展more

2022年7月23日、ディズニーがUCCAグループ傘下のUCCA Labと手を携わり開催する「好奇心には境がない:ミッキー芸術展」(Mickey: The True Original & Ever Curious)中国ツアーは北京798芸術区にて開幕しました。「好奇心には境がない:ミッキー芸術展」中国ツアーの最終回となる北京会場では、これまで最大規模の、参加アーティストが一番多いミッキー・アートが体験できます。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はディズニー公認アーティストとして作品を出展しました。 王子耕の出展作品《ミッキーバース》(Mickeyverse)は、一つ架空の考古学発見を虚構し、そしてその虚構の「物」を通してその「物の主体」の現実と創造の間の境界を推論し、混淆させます。アーティストは、1960年代の航空分野における造形および技術的特徴を取り入れ、ミッキーの頭のシミュレーションと使用情景を想像し、博物館に展示される考古発見物を虚構し、作品を仕上げました。兜に対する嘘の「考古」を行ったうえその兜を細かく再現することで、ミッキーが存在していた想像の空間を構築し、長年以来の芸術イメージと現実の間の曖昧部分を推論し、現実世界における極めてリアルな「虚構」で二次元世界におけるイメージとストーリーの「フィクション」をチャレンジします。

関連ページ
王子耕作品《ミッキーバース》は「好奇心には境がない:ミッキー芸術展」世界ツアー北京会場に出展
学術
王子耕は「深センデザインウィークキュレーター×デザイナークラウド・トーク:未来を可能にするデザイン」に参加more

6月18日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招きを受け、深センデザインウィーク共同キュレーター「クラウド・トーク」第一回に参加しました。同イベントのモデレーターを務めるのがキュレーターの劉暁です。ゲストの張永和、関道文、劉珩、王子耕らは「未来を可能にするデザイン」をテーマに、「デザイン教育はどのように学際的デザイン人材の育成を促進するか」について対話を広げ、デザイン最前線の新しい観点を共有しました。イベント中、王子耕は建築家は学際的デザイン、建築学の境界、学科発展などについて意見を述べました。

関連ページ
プロジェクト
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレキュレーション担当団体公表more

5月24日、第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレキュレーション団体の詳細が正式に公表しました。PILLSアトリエ創設者およびプリンシパルアーキテクト王子耕、建築と都市計画学者魯安東、デザインキュレーター陳伯康(Aric Chen)三人がともにチーフキュレーターを務めることに;PILLSアトリエはキュレーション団体のビジネス主体で、プロジェクト関連契約書類の調印、契約金の徴収、作業調整・手配など関連事項を担当します。 キュレーション担当団体は、第9回の深センビエンナーレが一つ特殊な核心的なミッションを担っていると考えています。すなわちグリーンで持続可能な新しい発展モデルにおいて、都市と建築分野がいかに役割を果たすかを探求することです。この展覧会は近い未来に焦点を当てています。その近い未来とは現在との緊張関係と相互作用がありながら、私たちが即座に対応すべく未来です。未来にむけて思考の突破と実践の遺伝子を発見し、未来に対応するために、理念、方法、および技術などの面に準備を整えます。第9回深センビエンナーレのもう一つメインテーマは青年奨励プロジェクトです。さまざまな分野の優秀な若手建築家、デザイナー、アーティスト、若手研究者たちが創造的なアイデアを持ち寄り、キュレーション団体メンバーまたは出展者として参加します。同時に、今年の深センビエンナーレは国内外の著名な組織や大学を招き、世界的な最先端の環境問題を議論し、深圳、さらには広東-香港-マカオのグレーターベイエリアのローカルな問題に対応するための共同行動を起こします。

関連ページ
第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレキュレーション担当団体公表
活動
「局長」およびPILLSスタッフ全員は在宅勤務

2022年5月4日、北京市朝陽区における新型コロナ感染症の急拡大を受け、「局長」およびPILLSスタッフ全員は政策の指導に従い在宅勤務で対応します。

「局長」およびPILLSスタッフ全員は在宅勤務
活動
「局長」およびPILLSスタッフ全員は在宅勤務

2022年5月4日、北京市朝陽区における新型コロナ感染症の急拡大を受け、「局長」およびPILLSスタッフ全員は政策に従い在宅勤務で対応します。

「局長」およびPILLSスタッフ全員は在宅勤務
学術
王子耕はシドニー大学に招かれ講座「Speculative Architecture」を開催

近日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はシドニー大学建築設計と都市計画学院の盧端芳教授の招きを受け、オンライン講座「Speculative Architecture」を行いました。今回の講座において、王子耕は彼自身の学生時代以来の作品を中心に、現代の空間生産の裏にあるメカニズムを探り、今の時代背景における建築アジェンダが直面する変化と矛盾、そしてそこに建築学が介入する機会と可能性について分析しました。

プロジェクト
「ハリネズミ」チェアはルーフカルチャー「流転の椅子のセカンドライフ」に出展more

近日、王子耕は2021-2022年度のテーマ「私は()椅子である」を掲げる流転の椅子のセカンドライフプロジェクトに参加し、「ハリネズミ」チェアを仕上げました。「流転の椅子のセカンドライフ」(A Second Life for Wandering Chairs)は、継続的に椅子をリサイクル、招集、デザイン、展示、再利用するプロジェクトです。このプロジェクトは中国美術学院・イノベーションデザイン学院・社会と戦略研究所が企画したもので、コミュニティから使用されず・破棄された古い椅子をリサイクルし、さまざまなジャンルからゲストを迎え、師生チームとともに手を携わってデザイン・改造した後に、再びコミュニティにて再利用することでありふれた日常を活性化し、その椅子たちが「新生」した公共施設に変身します。 「ハリネズミ」チェアの背もたれは座面にすることもできるし、座面も背もたれにすることもできるため、従来の「背もたれ―座面」の構造と使い方の対応関係が曖昧になり、椅子はビジュアルかつ機能的にも鏡面対称になります。「ハリネズミ」チェアは、ユニークな美学体験を提供するとともに、椅子の使い方と使用シナリオにさらなる多くの可能性をもたらしました。「ハリネズミ」チェアで平らな床にも座れるし、階段や斜面に寝そべることもできます。椅子というつながりを通して、身体と空間の関係が更新されました。

関連ページ
「ハリネズミ」チェアはルーフカルチャー「流転の椅子のセカンドライフ」に出展
プロジェクト
王子耕、魯安東、陳伯康一同が第9回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)チーフ・キュレーターにmore

2022年1月26日、第9回深港都市/建築双城双年展(深セン)企画展チームの募集審査会の審議を経て、魯安東、王子耕、陳伯康(Aric Chen)が第9回深港都市/建築双城双年展(深セン)の総企画展人に就任することに同意した。PILLSスタジオは第9回深港都市/建築双城ビエンナーレ(深セン)企画展チームのビジネス主体であり、プロジェクト契約文書資料の署名、契約金の受け取り、組織と協調作業などの関連事項を担当している。

関連ページ
学術
王子耕は南京大学に招かれ「築かれた環境における築く」を講演more

近日、王子耕は南京大学の建築思想フロンティア・レクチャー・シリーズに招かれ、「築かれた環境における築く」をテーマに基調講演を行った。レクチャーは《751サウンドインスタレーション》、《ブラックマリア》、《漁村童話》などにまつわり展開し、PILLSが今まで実践されてきた思弁的なデザインとナラティブのアプローチを議論し、建築学際的実践と思考の機会と可能性、そして現代の建築アジェンダの矛盾と関連性についても検討しました。講演後、対談ゲストの南京大学建築学科魯安東教授、米思建築事務所プリンシパルアーキテクト周蘇寧が王子耕とさらに議論を交わしました。

関連ページ
王子耕は南京大学に招かれ「築かれた環境における築く」を講演
学術
王子耕は同済大学の大学院秋季コース「建築学の学科最前線:機械と環境」の第12回講義(英語)に招かれ講演開催more

先日、王子耕は同済大学の大学院秋季コース「建築学の学科最前線:機械と環境」の第12回講義(英語)に招かれ講演しました。講演は「Disease, Sewage and Civilization: A Brief Introduction of Subterranean Infrastructures」(病気、汚染、文明:地下インフラの簡明史)を題して、近代都市の本質は物質、エネルギー、廃棄物、輸送の管理であると述べ、モダニズムの都市のレイアウトと人類の病気対抗史の間に緊密なつながりを論じ、そして人類の進化がテクノロジーで構成された世界の中で外在化され、達成されていることを指摘しました。

関連ページ
王子耕は同済大学の大学院秋季コース「建築学の学科最前線:機械と環境」の第12回講義(英語)に招かれ講演開催
プロジェクト
2021ジメイ×アルル「キュレートリアル・アワード・フォー・フォトグラフィー・アンド・ムービング・イメージ」授賞式は三影堂厦門撮影芸術中心にて開催、PILSSはトロフィーデザインを手掛けたmore

12月11日午後、2021ジメイ×アルル「キュレートリアル・アワード・フォー・フォトグラフィー・アンド・ムービング・イメージ」授賞式は三影堂厦門撮影芸術中心にて開催しました。中国美術学院のアーティスト、キュレーター蒋斐然が企画「未名河」(Unnamed River)で初回ジメイ・アルル「キュレートリアル・アワード・フォー・フォトグラフィー・アンド・ムービング・イメージ」を受賞しました。このプロジェクトはシャネルと三影堂撮影芸術中心が共同設立し、フランスのアルル国際写真フェスティバルとモダン・メディア・グループが特別共催し、より多く優秀なキュレーターが映像に関わる学際的な研究に参加してもらうことを目的とするプロジェクトです。 PILLSはこの賞のトロフィーデザインを手掛け、映像分野でお馴染みの十字座標をベースにしたデザインが重ね、そしてさまざまな組み合わせと切り取ることで、空間的にさまざまな変化のある立体的な十字構造になっています。スタークラスターをモチーフしたこの構造は新世代の群星のように輝く若手キュレーターが次々と現れてくることを提示しています。三面体の主幹構造体は互いに噛み合いながら互いに鏡像になっている、構造と構造は安定する支える関係性になっている、これもこのアワードは多数の参加者が緊密に協力した成果であることを象徴しています。高さを次々と増えていく3本の主幹構造体が十字クラスターを支えて木のような構造は、本アワードが若手映像キュレーターの成長に対する期待と応援を表しています。

関連ページ
2021ジメイ×アルル「キュレートリアル・アワード・フォー・フォトグラフィー・アンド・ムービング・イメージ」授賞式は三影堂厦門撮影芸術中心にて開催、PILSSはトロフィーデザインを手掛けた
学術
王子耕は上海交通大学「青交建築フォーラム」に招待され、基調講演を行ったmore

先日、王子耕は中国建築学会科学普及特別イベント兼上海交通大学「青交建築フォーラム」に招待され、基調講演「継続実験:PILLSの選択と実験」を行い、彼の近年の実践作品および建築学際的・クロスメディア実験を共有しました。趣城アトリエ創設者、プリンシパルアーキテク張宇星、インディペンデント・キュレーター李振華、致正建築アトリエ創設パートナー、同済大学建築と都市計画学院客員教授張斌、同済大学建築と都市計画学院准教授、国際プログラム担当者譚崢らがディスカッションに参加しました。

関連ページ
受賞
王子耕は第三回中央美術学院「靳尚誼青年教師創造賞」を受賞more

近日、中央美術学院建築学科准教授、PILLSアトリエプリンシパルアーキテク王子耕は第三回中央美術学院「靳尚誼青年教師創造賞」を受賞しました。11月18日、受賞教師作品展は中央美術学院美術館にて開幕しました。中央美術学院党委員会高洪、院長範迪安ら、および受賞教師馬佳偉、王子耕、石韻媛、何君らがともに開幕式に出席しました。 「靳尚誼青年教師創造賞」は2019年に設立され、中央美術学院教授で元院長の靳尚誼氏が寄贈、提唱し、中華芸文基金会の共同出資による公益の賞で、若い教師が国家的に重要なテーマの芸術創作に積極的に参加することを激励する賞です。今回の「靳尚誼青年教師創造賞」は範迪安、蘇新平、呂品晶ら関連学科の専門家からなる審査委員会が、作品の独創性、学術性、創造性、社会的影響力を総合的に考慮し、応募条件を満たした40名以上の若手教師の中から4名の受賞者を選出しました。

関連ページ
学術
PILLSが読書イベント「読薬」PILLS Digest Vol.03『テーマパークから学ぶ』を開催more

近日、PILLSが第三回目の読書イベント「読薬」『テーマパークから学ぶ』(Learning From Theme Parks)を開催し、同イベントは中央美術学院建築学院三年生の「デザイン・リサーチ方法論:インスタレーション、テーマパークおよび消費者空間研究」コースの終了報告会です。王子耕および傅禕共同モデレーターを務めるこのコースでは、資本と消費、体験と技術のイテレート、安全なリスクテイクと依存メカニズムなど、いくつかの側面について深く議論することで、テーマパークがもたらす啓示を検証していきます。コースはテキストの翻訳および研究から、学生たちをデザイン問題を特定・構築させ、次週研究の枠組を形成させるように指導します。意見交換や議論に参加したのは絵造社プリンシパルアーキテクト李涵、シラキュース大学王飛教授、イェール大学博士候補生翁佳、UCCA副館長尤洋、中央美術学院韓涛教授らです。

関連ページ
PILLSが読書イベント「読薬」PILLS Digest Vol.03『テーマパークから学ぶ』を開催
プロジェクト
王子耕作品≪1994年≫は深圳坪山美術館に招聘、「故郷シリーズ」テーマ個展とプレスリリースを開催more

10月24日、王子耕インスタレーション作品≪1994年≫は深圳坪山美術館に展示され、プロジェクト・プレスリリースを行いました。今回のテーマ個展は「故郷シリーズ」の第二弾目企画となり、深圳市坪山区文化広電観光局が主催する、坪山美術館が運営主催する展示会です。プロジェクト・プレスリリースには、坪山美術館館長劉暁都が司会を勤め、王子耕に作品≪1994年≫にまつわり近年の実践および考えを出席者と共有してもらいました。また同発表会には『芸術新聞中国語版(The Art Newspaper China)』パブリッシャー曹丹、『打辺炉ARTDBL』編集長鐘剛、設計互聯DesignSocietyディレクター趙蓉、建築家・キュレーター張宇星が対談ゲストとして出席し、建築家の学際的実験、パーソナルナラティブおよび場所の記憶について議論を広げ、深圳における故郷と他郷のつながりと精神衍義を探りました。 作品≪1994年≫は王子耕が幼少期に父親と過ごした時間に由来しています。作品は、機械、映像、インタラクション、美術セットなどを用いて記憶の断片を再現し光反射の原理によりシーン空間に異なる虚像を並置し、実空間と関連しながらも独立した物語空間を形成している。そして、その中に偶然によってもたらされた多重なナラティブを作り上げます。この作品は、著者の父と息子の個人的な思い出から始まり、同時に親族関係における依存、対立、和解、後悔の輪廻を探求したいと考えています。

関連ページ
王子耕作品≪1994年≫は深圳坪山美術館に招聘、「故郷シリーズ」テーマ個展とプレスリリースを開催王子耕作品≪1994年≫は深圳坪山美術館に招聘、「故郷シリーズ」テーマ個展とプレスリリースを開催王子耕作品≪1994年≫は深圳坪山美術館に招聘、「故郷シリーズ」テーマ個展とプレスリリースを開催
学術
王子耕、韓濤は2021年度秋学期中央美術学院建築学院大学院コース「建築とモダニティー」の共同議長にmore

王子耕、韓濤教授は共同議長およびアカデミックコンビーナーを務め、ともに2021年度秋学期中央美術学院建築学院大学院コース「建築とモダニティー」を共同モデレートします。本コースは王子耕が2017年以来五年連続で韓濤教授と本コースの共同アカデミックコンビーナーを務めることになります。コースはヒルデ・ハイネン(Hilde Heynen)ら第3代アーキテクチャー理論家たちが提唱した「建築とモダニティー」議題をベースに、テーマ講座ディスカッションを展開しています。本コースは全体概要、テーマ講座、研究発表の3つのセクションで構成されています。譚崢、江嘉瑋、唐克揚、李穎春らの学者たちはさまざまな視角から歴史的・地理的コンテクストにおける建築とモダニティの発展系譜と思想地図を検討し、さらに発展における重要人物および事例を重点的に分析しました。

関連ページ
学術
王子耕は北京都市建築ビエンナーレ開幕シンポジウム「メタバース建築学:未完成世界」に出席し、基調講演more

9月29日にPILLSプリンシパルアーキテク王子耕は招聘を受け、北京都市建築ビエンナーレ開幕シンポジウム「メタバース建築学:未完成世界(Metavers Architecture:Unbuild World)」に出席し、基調講演を発表し、ラウンドテーブルディスカッションを参加しました。このシンポジウムは参加者たちに未完成のプロジェクトから、メタバース新興発展の背景における新たな建築学アティチュードや価値観を探求しました。 北京建築設計研究院プリンシパルアーキテク邵韋平は開会の辞を述べました。伊東豊雄氏、クーパー・ユニオン建築学院学長のネーダー・トラーニ学長、MIT Senseable City Lab担当者カルロ・ラッティ(Carlo Ratti)、Wutopia Lab創設者兪挺がグリーティング動画を通じてスピーチしました。開幕シンポジウムのモデレーターは、M2M映画監督和小雅が務めました。

関連ページ
プロジェクト
鄔建安大型個展「海よ、砂丘よ」が一般公開され、PILLSは空間デザインを手掛けたmore

2021年9月に「鄔建安個展:「海よ、砂丘よ」はシルクロード国際アート交流センターで開幕しました。本展は李振華がキュレーションした展示で、PILLSは招きを受け本展の空間デザインを手掛けました。本展はアーティストの創作文脈を系統的に整理し、アーティスト鄔建安の大型インスタレーション作品を展示しました。アーティストは新旧融合、画像転繹、素材派生に対するあきなく絶えず探求が、空間の序列を手掛かりに徐々に展開していきます。 PILLSのデザイン案はこれらの芸術作品のために大型の没入型シーンを作り上げ、砂丘、水面などの物的要素を莫大なスケールの空間内に並置することで、それらが対抗する緊張感やバランスにエネルギーが絶えずただよう空間を形成させました。鑑賞者がその空間内に身を置き、光と影にものが変化し映り、鏡に映っている象とその延びていく空間、自分その身の静止と移動が本展を体験するうえ大事な座標となっています。有限と無限、虚実が交互に繰り返す現実はここで起きています。

関連ページ
プロジェクト
永慶坊 × UCCA Lab展示「Something Begets Something More, New Tales of Saikwan」開幕,PILLSが空間デザインと展示ディスプレイデザインを手掛けmore

2021年9月25日、UCCA Labと永慶坊が共同主催した無形文化遺産華南初展示「Something Begets Something More, New Tales of Saikwan」が広州市永慶坊街で開幕しました。PILLSが招聘を受け、展示会の空間デザインと展示ディスプレイデザインを手掛けました。本展には何為、崔小清、Noise Templeら3名/組の中国現代アーティストを招聘し、彼らが手掛けた多ジャンルを跨いだ芸術表現を通じて、8組の無形文化財伝承人(広州餅印、象牙彫刻、広州刺繍、広東醒獅、嶺南古琴、広州琺瑯、広州簫笛、広州オリーブ種彫り、広彩 )と会話し、無形文化遺産と現在そして未来の文脈との関係を探索することを試みます。 PILLSの展示ディスプレイデザイ案では、会場空間の上下対応、そして構造明晰の特徴を生かし、無形文化遺産記憶の新と旧というタイムラインを空間に対応させて仕上げました。展示場全体を上下それぞれ対応する3セットの空間に分割し、それぞれ異なる設計需要に柔軟に対応します。一階には未来を呈示し、3名/組のアーティストは現代アートの言語を通じて3つの無形文化遺産技法・芸能の新生を付与し解釈する;二階には過去を呈示し、一階に対応した二階にある場所に3組の現代アート作品がそれぞれ焦点を当てた無形文化遺産技法・芸能の実物を展示しています。過去と未来が見つめ合い、建築の断面は無形文化遺産の歴史の縦断面でもあります。

関連ページ
学術
王子耕はgoa大象設計杭州本部にて「継続実験:PILLSの選択と実験」講演 more

2021年9月3日、PILLSプリンシパルアーキテク王子耕はgoa大象設計g moocシリーズ公開講座2021年第三弾のメインスピーカーとして招かれ、goa大象設計杭州本部天目里にて「継続実験:PILLSの選択と実験」テーマ講演を行い、対談ゲストたちとラウンドテーブルディスカッションを行いました。 本講座はgoa大象設計のプリンシパルアーキテクト張迅がモデレーターを務め、ゲストには王飛、王欣、莫万莉、王禹惟、徐琦、張琪琳らの優秀学者および建築家が名を連ねています。一同は「実験」をテーマに議論を展開し、建築の学際的実験と業界現状、実験性と標準化、教育と実践など一連の議論や交流を行いました。

関連ページ
活動
王子耕は山中天アートセンター「より良い人に――新世代の方法論」シリーズフォーラムのメインスピーカーにmore

2021年6月19日、山中天アートセンターグループ展「より良い人に――新世代の方法論(The Methodology of the New Generation:To Be the Better One)」シリーズフォーラムは無事に開催され、出展アーティスト王子耕が招聘を受け、「継続実験:アプローチとしてのインスタレーション」を題した基調講演を発表し、彼が手掛けたインスタレーション作品《1994年》の作品づくりの思考を共有し、フォーラムに参加しました。 フォーラムにはキュレーター崔燦燦がモデレーターを務め、中央美術学院デザイン学院副院長韓涛、キュレーター何伊寧、Architecture China雑誌エグゼクティブ・エディター莫万莉、建築家・写真家孫海霆、META-アトリエ創設者王碩、コンテンポラリーアートと映像研究者楊宇北辰、UCCA副館長尤洋らがゲストとして出席しました。参加者は作品《1994年》にまつわり、建築家の学際的実験、インスタレーションの手法と意味、建築分野と芸術分野の違いとつながり、創作環境や世代差などについてともに検討しました。

関連ページ
プロジェクト
「ARCFOXとUCCA Lab Boundless Art Space」開幕、PILLSは仮設ショールームのリノベーションデザインを手掛けmore

UCCAグループ傘下のUCCA Labの委託を受け、PILLSは近日に「ARCFOXとUCCA Lab Boundless Art Space」ARCFOX仮設ショールームのリノベーションデザインを完成しました。そのショールームはARCFOXブランドプロモーションと共に7都市を巡回し、繰り返し利用する予定です。 PILLSは、合計2週間のデザイン・組立期間内に、既存のテントにリノベーションデザインを実施し、さまざまな設計上の制約と可能性を総合的に考慮し、今回のデザイン依頼に効果的に対応しました。今回のリノベーションデザイン案はARCFOXのブランドイメージをベースに、雪山「谷と尾根」の形については何度も検討を重ね、最終的に7層もある環状断面が併せてホローの山体空間を構築し、既存のテント内の空間にネガティブ形状の「極地雪山」を組み立てることにしました。

関連ページ
「ARCFOXとUCCA Lab Boundless Art Space」開幕、PILLSは仮設ショールームのリノベーションデザインを手掛け「ARCFOXとUCCA Lab Boundless Art Space」開幕、PILLSは仮設ショールームのリノベーションデザインを手掛け
プロジェクト
深セン湾超級総部基地都市展示場完成、PILLSは空間最適化デザインを手掛けるmore

近日、深セン万科の依頼を受け、PILLSアトリエ空間最適化デザインが手掛けた深セン湾超級総部都市展示場は無事完成しました。超級総部基地は深セン前海核心区に位置しており、未来都市のスーパーセンターのために作り上げ、非常にモデルとしての意味があります。超総都市展示場のデザインは、技術と動線のアプローチでともに空間ナラティブを作り上げ、インタラクティブな模型とマルチメディアインスタレーションが組み合せ、多感覚参加の没入型体験を作り上げ、ライティング、空間、素材を用いて鑑賞者の気持ちを導き、より多様な展示ディスプレイを可能にしました。この空間デザイン案は前衛的な視覚表現を通じて都市理念と価値観を具現化し、雰囲気を作り上げ、ナラティブを構築することで、没入感あふれる表現手法とインタラクティブな空間体験を通じて、大湾区の建設における都市玄関口としての青写真を描きだし、都市建設の成果を提示しています。

関連ページ
活動
PILLSが読書イベント「読薬」PILLS Digest Vol.02『ブロックチェーン養鶏場および中国農村科学技術のその他の物語』を開催more

「読薬」PILLS DigestはPILLSアトリエが提唱したアトリエ内部講座と読書サークルプロジェクトです。近日、PILLSが第二回目の読書イベント「読薬」を開催、イベントは華裔作家、アーティストとプログラムエンジニア王篠瑋が2020年に出版した著書『ブロックチェーン養鶏場(Blockchain Chicken Farm)』にまつわり行いましたPILLS学芸員郭博雅、王卉、宮羽と翁佳、およびディスカッションゲスト馮駿原、何競飛、呉越およびFlynnらがと共に本の内容、彼らの研究及び作品がニューメディアおよびその空間結果について検討しました。

関連ページ
PILLSが読書イベント「読薬」PILLS Digest Vol.02『ブロックチェーン養鶏場および中国農村科学技術のその他の物語』を開催
プロジェクト
北京山中天アートセンターにて「より良い人に――新世代の方法論」グループ展開幕、PILLS作品《1994年》が出展more

2021年6月19日、「より良い人に――新世代の方法論(The Methodology of the New Generation:To Be the Better One)」展は北京山中天アートセンターにて開幕し、PILLS作品《1994年》が出展しました。今回の展示はインディペンデントキュレーター崔燦燦がキュレーションを手掛け、展示はここ数年にアート、建築およびデザイン分野における最も代表的な新世代アーティストが呈示した新しい芸術現象、および彼らによる新しいアイデンティティでの変化に注目しています。出展アーティストには王子耕、陳天灼、絵造社、葛宇路、梅数植、倪有魚、童文敏、趙趙、周秩倫、朱砂らが名を連ねています。 作品《1994年》は、王子耕が幼少期に父親と過ごした時間に由来しています。この作品は、機械、映像、インタラクション、美術セットなどのアプローチで、記憶の断片を再現し、光反射の原理によりシーン空間に異なる虚像を並置し、実空間と関連しながらも独立した物語空間を形成している。そして、その中に偶然によってもたらされた多層のナラティブを作り上げます。この作品は、著者の父と息子の個人的な思い出から始まり、同時に親族関係における依存、対立、和解、後悔の輪廻を探求したいと考えています。

関連ページ
北京山中天アートセンターにて「より良い人に――新世代の方法論」グループ展開幕、PILLS作品《1994年》が出展北京山中天アートセンターにて「より良い人に――新世代の方法論」グループ展開幕、PILLS作品《1994年》が出展北京山中天アートセンターにて「より良い人に――新世代の方法論」グループ展開幕、PILLS作品《1994年》が出展
活動
PILLSプリンシパルアーキテク王子耕は「見て見ぬふり都市:シティーオープンマイク」テーマシンポジウムmore

2021年6月10日、PILLSプリンシパルアーキテク王子耕はRoca Beijing Galleryにて開催する「見て見ぬふり都市:シティーオープンマイク」テーマシンポジウムに招聘され、講演を行いました。 本イベントは Roca Gallery「見て見ぬふり都市」映像展の閉幕イベントで、招聘された9名のゲストがユーモアのあるアプローチで転覆的な視角から都市に関するトピックについて共有し、公衆を生活の中に「見て見ぬふり」してきたことやモノより細かく、深入りして全方位から観察し、捉えなおすように引導します。招聘ゲストには、世界資源研究所(WRI)中国持続可能都市プロジェクト主任劉岱、AECOM中国地域戦略開発主任都市設計士銭睿、建築アーカイブ編集長邵兵らが名を連ねています。

関連ページ
活動
PILLSが読書イベント「読薬」PILLS Digest Vol.01『一つの建築プロジェクトとしての世界』を開催more

「読薬」PILLS DigestはPILLSアトリエが提唱したアトリエ内部講座と読書サークルプロジェクトです。一回目の「読薬」はMITマサチューセッツ工科大学出版局が2020年3月に出版した『一つの建築プロジェクトとしての世界(The world as an architectural project )』に焦点を当てる予定です。この本は五十個思弁的建築プロジェクトを文字と画像で記録しており、この一世紀以上をわたり、建築家はどのようにグローバル規模のプロジェクトを通じて地球の未来を想像するのかを呈示しています。 今回のイベントでは、PILLS学芸員翁佳、郭博雅、王卉と宮羽、そして今回の読書イベントのディスカッションゲスト馮駿原、卞雨佳および譚崢と共に、本書の数チャプターを読み解き、またディスカッションを通じてコロナ事情の影響による世界秩序の変化および課題を再考しました。

関連ページ
受賞
PILLSと中国建築設計研究院連合体は深センイノベーション・クリエーション学院プランデザイン国際コンペティション二等賞を受賞more

深セン市「新時代十大文化施設」の最後の案件である、深センイノベーション・クリエーションデザイン学院プランデザイン国際コンペティションが近日にコンペ結果を発表しました。このコンペは「招待制+公開募集(事前審査)」の募集方法を採用しており、中国建築設計研究院(李興鋼建築アトリエ)とPILLSアトリエの連合体は参加者のうち唯一の中国連合体チーム、その応募作品「デザインネット/エコロジカルヒルズ」でこの国際コンペティションの2等賞を獲得しました。 今回の設計案は敷地および自然の関係をベースに、建築群と自然生態構造層を繋ぐ複合サービス公共空間を構築しました。立体的な空間を繋ぐネットワークは、教育、交流、コミュニケーション、健康および生活の需要を網羅し、学生たちのキャンパスライフ、また一般訪問の公衆のためにさまざまなサービスを提供します。設計案はエコロジカルデザインのアプローチを通じて持続可能な自己循環を形成させ、さらにこの敷地に健康的で快適な微気候を形成され、インテリジェント作動する生命システム、すなわち呼吸する丘(ヒルズ)を構築

関連ページ
受賞
PILLS展示ディスプレイデザイン作品政純弁個展「Unity is Strength」がArchdaily 2021年度建築大賞にノミネート more

近日、PILLSアトリエが手掛けた展示ディスプレイ空間デザインプロジェクトである、坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」初展示兼政純弁個展「Unity is Strength」が2021 ArchDaily Building of the Year Awards年度建築大賞(小規模スケール&インスタレーション部門)にノミネートされました。「Unity is Strength」展はインディペンデント・キュレーター崔燦燦がキュレーションした展示で、「九層塔:空間と視覚の魔法」シリーズ展の初展示です。この展示には、アートグループ政純弁、デザイナー劉治治と建築家王子耕三者のコラボ創作した結果を展示しています。 王子耕が手掛けた展示ディスプレイデザイン案は、政純弁の肖像画『Mr. 政』についての解釈に基づいて設計したもので、『Mr. 政』の顔写真は政純弁メンバーの五人の顔の特徴をとってデジタル合成した写真です。この展示ディスプレイデザイン案では、5つの典型的な集団主義空間(給湯室、食堂、上映館、理髪店、大浴場)を抽象的に汲み取り、並置することで、それぞれの建築と物体と偶発的な関連を生み出され、ブルー一色の筒子楼廊下空間を作り出し、それを通じて政純弁の異なるメディアを介した作品を繋いていきます。シンボルがさまざまな組み合わせ方や関係性の切り取りによってデジャヴュとジャメヴュを創り上げ、観客に既視感のある過去、経験したことのない夢へ連れていきます。

関連ページ
PILLS展示ディスプレイデザイン作品政純弁個展「Unity is Strength」がArchdaily 2021年度建築大賞にノミネート PILLS展示ディスプレイデザイン作品政純弁個展「Unity is Strength」がArchdaily 2021年度建築大賞にノミネート
プロジェクト
PILLSは雲南開遠工業博物館の展示ディスプレイ概要およびコンセプトデザインを落札

近日、雲南開遠市文物局は開遠工業博物館の展示ディスプレイ概要およびコンセプトデザインの審査結果を公表し、PILLSが手掛けたプランは四組の競争者から穎脱し、落札しました。工業博物館建設領導小組はPILLSに設計案をさらに完備するように依頼する予定です。

活動
王子耕は『Apartment Blossom』新刊発表会に出席と講演more

12月22日、王子耕はROCA Beijing Galleryにて行った『Apartment Blossom』新刊発表会に招かれ、同発表会に出席しました。この本は「零度都市研究シリーズ」の二冊目となり、建築家李涵、学者金秋野と共同執筆した作品で、本の中には細かく精巧な建築模型を通じて北京の一般市民の住居に行われたベランダーリフォームを呈示しました。 発表会の司会を務めたのは神奇建築研究室プリンシパルデザイナーの朱起鵬、ゲストには広煜、梁琛らが名を連ねています。作者とゲストたちは『Apartment Blossom』の内容について検討しながら、北京民間に起きる自発的な建造に対する観察、建築模型に対するさまざまな理解をそれぞれ共有しました。

関連ページ
王子耕は『Apartment Blossom』新刊発表会に出席と講演
活動
シラキュース大学建築学院2020年秋学期Beijing Visiting Critic Studio最終図面審査は北京にあるPILLSアトリエにて行われたmore

2020年11月22日、シラキュース大学建築学院2020年秋学期Beijing Visiting Critic Studio最終図面審査は北京にあるPILLSアトリエにて行われ、円満に幕をおろしました。今回のコースのタイトルは「The Boundary of Selves: Domestic Space in the Age of Digital Screens」です。このコースでは、スクリーンおよび関連テクノロジー・メディアがどのように公的・私的領域を再形成させているのか、そして現代の物流や電子決済がどのように人々と都市の属性を変えているのか、およびこの時代における建築学の可能性と顕在化について検討していく予定です。 最終図面審査の審査委員には、蒋方舟、李涵、王卉、翁佳、王朔、譚崢、荘子玉らが名を連ね、学生たちはキネトスコープ(Kinetoscope)、シネマスクリーン(Cinema)、テレビ(Television)、コンピュータ・スクリーン(Computer Screen)、スマート・スクリーン(Smart Screen)などの議題にまつわり、素晴らしい結果報告をプレゼンテーションしあした。

関連ページ
シラキュース大学建築学院2020年秋学期Beijing Visiting Critic Studio最終図面審査は北京にあるPILLSアトリエにて行われたシラキュース大学建築学院2020年秋学期Beijing Visiting Critic Studio最終図面審査は北京にあるPILLSアトリエにて行われた
受賞
PILLSアトリエと中国建築設計研究院連合体は深センイノベーション・クリエーションデザイン学院プランデザイン国際コンペティションに入選more

近日、中国建築設計研究院李興鋼建築アトリエとPILLSアトリエの連合体は、深センイノベーション・クリエーションデザイン学院プランデザイン国際コンペティションに選出されました。アトリエ成立以来、初めて連合体の形で重大な国際建築コンペティションに入札し入選しました。 深セン市「新時代十大文化施設」の最後の標的案件であり、このコンペには藤本壮介、Snøhettaら数多く国際トップレベルの建築事務所が雲集し応札しました。激しい競争を経て、審査委員会の専門家たちは37チームの応募者が提出した資格予選審査資料に対し記名投票方式で、5ラウンド計10回の投票の結果、番つけなし5組の入選者および2組の順番待ち予備参加者を選出しました。PILLSは5組の入選者および3組の招待参加者とともに、プランデザインコンペの段階に進みました。

関連ページ
PILLSアトリエと中国建築設計研究院連合体は深センイノベーション・クリエーションデザイン学院プランデザイン国際コンペティションに入選
プロジェクト
坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」起動プロジェクト兼政純弁個展「Unity is Strength」が開幕、王子耕はその空間デザインを手掛けたmore

10月24日、坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」起動プロジェクト兼政純弁個展「Unity is Strength」が開幕「九層塔」はキュレーター崔燦燦および建築家劉暁都が共同企画した展示会で、展示には九名/組の「アーティスト+建築家+グラフィックデザイナー」がコラボし創作したサブ展示によるものです。「九層塔」シリーズの初プロジェクトとして、「Unity is Strength」展はアートグループ「政純弁」の作品をベースに、PILLSアトリエプリンシパルアーキテク王子耕に空間デザインの設計に手掛けてもらい、立入禁止スタジオグラフィックデザイナー劉治治にポスターなどビジュアルをクリエイトしてもらい、それらによって構成した展示です。 PILLSが手掛けた今回の空間デザインは、政純弁の肖像画『Mr. 政』についての解釈に基づいて設計しました。『Mr. 政』の顔写真は政純弁メンバーの五人の顔の特徴をとってデジタル合成した写真です。この空間設計案では、それに呼応すべく、5つの典型的な集団主義空間(給湯室、食堂、上映館、理髪店、大浴場)をコラージュし、無限に延びていくようなブルー一色の筒子楼廊下空間を作り出し、この内容が乖離した形だけの遊戯場通じて、政純弁の異なるメディアを介した作品が必要とされる展示方法を繋いていきます。一連の集団記憶のシンボルが抽象的な形で陳列され、観客に既視感のある過去、経験したことのない夢へ連れていく。

関連ページ
坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」起動プロジェクト兼政純弁個展「Unity is Strength」が開幕、王子耕はその空間デザインを手掛けた坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」起動プロジェクト兼政純弁個展「Unity is Strength」が開幕、王子耕はその空間デザインを手掛けた坪山美術館「九層塔:空間と視覚の魔法」起動プロジェクト兼政純弁個展「Unity is Strength」が開幕、王子耕はその空間デザインを手掛けた
活動
PILLSアトリエは「局長」を任命

2020年10月15日、PILLSアトリエは1958パークのある白地茶トラ柄の野良猫を引き取り、薬監局の「局長」として任命しました。

PILLSアトリエは「局長」を任命
学術
王子耕が招聘を受け華中科技大学に「PILLSアトリエ近年における実践について:思弁とナラティブ」を講演more

9月23日、PILLSアトリエプリンシパルアーキテクト王子耕は華中科技大学に招聘され、講座「PILLSアトリエ近年における実践について:思弁とナラティブ」を講演し、建築と都市計画学院汪原教授はアカデミックモデレーターを務めました。講演中、王子耕はアトリエが近年思弁的なデザインとナラティブのアプローチを通じた創作成果:《「A Beautiful Country」三部作》、《ブラックマリア》、《人間製造:イヴの選択》などを共有しました。王子耕とPILLSはグローバリゼーションの空間的メタファーとしてさまざまなメディアを用いて、その思考プロセスをビジュアル表現に変えることによって、技術信仰への批判を表現し、現代社会を背景における建築の可能性を探求しています。

関連ページ
学術
王子耕、韓濤は2020年度秋学期中央美術学院建築学院大学院コース「建築とモダニティー」の共同議長にmore

王子耕、韓濤教授は中央美術学院2019年度大学院コース「建築とモダニティー」の共同議長およびアカデミックコンビーナーを務め、ともに2020年度秋学期中央美術学院建築学院大学院コース「建築とモダニティー」を共同モデレートします。王子耕と韓濤教授が本コースの共同アカデミックコンビーナーを務めるのは2017年以来四年連続となります。「建築とモダニティー」はヒルデ・ハイネン(Hilde Heynen)ら第3代アーキテクチャー理論家たちが提唱した「建築とモダニティー」を核心内容とメインにし、テーマ講座ディスカッションを展開していく予定です。本コースは、さまざまな歴史的・地理的コンテクストにおける建築とモダニティの発展と変容を体系的かつ批判的に探求するために、布置状況(コンステレーション)に基づいた開放的な研究プラットフォームを構築することを目的としています。 2020年度秋学期の招聘学者には:中仏営造学社中国地域会長劉磊、南京大学の魯安東主任教授、Architecture China編集莫万莉、香港中文大学林達教授、香港大学王向軍准教授、ATPROS建築事務所プリンシパルアーキテク禹航、趣城アトリエ共同創設者韓晶、同済大学華霞虹教授らが名を連ねています。

関連ページ
プロジェクト
王子耕は招聘され、作品《1994年》(原型)でOCAT上海館「Space Discipline」に出展、開幕シンポジウムに出席more

近日、王子耕は作品《1994年》(原型)でOCAT上海館建築展「Space Discipline:「ポスト改革開放の」いくつかの部屋と「ポスト万博の」いくつの建物」に出展し、その開幕シンポジウムに出席参加しました。今回の展示会は建築家梁琛がキュレートした展示で、同展には王子耕、範久江、郭廖輝、靳遠など12組の若手建築家を招聘し、12棟の改革開放時期と上海万博時期を「跨ぐ」「建築」を呈示してもらいました。本展は無限に一つの時代を切り取った文化的な断片に近づくことを呈示しようとしている、また個体の豊かなバリエーションと特殊性における集団の共鳴を形成させようと試みました。 王子耕作品《1994年》は作者本人が幼少期に父親とともに過ごした時間に由来しています。作品は、機械、映像、インタラクション、美術セットなどを用いて記憶の断片を再現し、光反射の原理に使い違う虚像を同時にシーンが再現され空間に投影し、現実空間と繋がりがありながらも独立したナラティブの空間を形成させていく中、その空間における偶然性を創ることによってナラティブに重層をもたらしています。この作品のきっかけは作者個人の親子に関する記憶で、親縁関係における依頼性、対立、和解と後悔の輪廻を探求したいという目的もあります。

関連ページ
学術
王子耕がシラキュース大学建築学院客員教授に任命され、2020年秋学期の講義スケジュール発表more

先日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は2020年秋学期にシラキュース大学建築学院の客員教授に任命され、三ヶ月にわたる北京アトリエデザインコースを指導することになりました。今回のコースのタイトルは「The Boundary of Selves: Domestic Space in the Age of Digital Screens」です。このコースでは、スクリーンおよび関連テクノロジー・メディアがどのように公的・私的領域を再形成させているのか、そして現代の物流や電子決済がどのように人々と都市の属性を変えているのか、およびこの時代における建築学の可能性と顕在化について検討していく予定です。 イェール大学の博士候補生、若手研究者の翁佳がコース助手を務め、アカデミックコンビーナーは王飛が務めるほか、スペシャル講演ゲストには、南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)の「フィクションとエンターテイメント」院生プログラム担当者リアム・ヤング(Liam Young)、マイアミデザインエキスポのキュレーター陳伯康(Aric Chen)、中国美術学院先端芸術学院大学院生指導教員黄孫権、上海視覚芸術学院の講師馮駿原などが名を連ねています。同時に客員教授に任命されたのは上海直造建築事務所プリンシパルアーキテク水雁飛氏です。

関連ページ
活動
PILLSアトリエは創1958パークに正式入居

2020年7月15日、PILLSアトリエは北京市朝陽区広渠路の創1958パークに入居しました。

PILLSアトリエは創1958パークに正式入居  PILLSアトリエは創1958パークに正式入居  PILLSアトリエは創1958パークに正式入居
学術
王子耕は北京建築大学「研山講壇」に出席し基調講演を行ったmore

PILLSアトリエ創設者、プリンシパルアーキテクト王子耕は北京建築大学建築学専攻40周年学術イベント「研山講壇」に招かれ、「思弁とナラティブ——PILLS近年における実践について」を題して講演を発表しました。北京建築大学丁光輝教授は講演後のディスカッションセッションをモデレートし、ゲストの金秋野教授、魯安東教授および王子耕らは、空間政治、環境制御、技術哲学、グローバリゼーションインフラ、メディア文化など講演にまつわる話題についてさらなる検討を行いました。

関連ページ
受賞
「雄安発見 - データインタラクションとエコロジカルシティエクスペリエンス」が2019雄安都市家具デザインプランコンペティション公開募集部門二等賞を受賞more

最近、2019雄安都市家具デザインプランコンペティションは受賞者を発表し、「雄安発見 - データインタラクションとエコロジカルシティエクスペリエンス」が公開募集部門の455組応募作品の中から傑出し、公開募集部門で2位を獲得しました。今回のコンペティションは、河北雄安新区管理委員会が主催し、中央美術学院、河北雄安新区計画建設局、河北雄安新区デジタルシティ建設指導グループオフィス、河北雄安新区計画研究センター、雄安都市計画設計研究院が実行しました。コンペティションは、雄安新区の大規模建設のために都市家具ソリューションを事前リサーチ、蓄積および計画しました。 プラン「雄安発見 - データインタラクションとエコロジカルシティエクスペリエンス」は総合的な都市サービスシステムであり、「雄安発見」モバイルAPPを通じて、ユーザーはマンホール蓋などの都市施設を辿り、近くにある総合サービスブースまで導かれます。そこには乗車待合い、自転車レンタル、端末充電、ジョギングサービス、自動販売機、都市インタラクティブマップ、ゴミリサイクルなどの都市パブリックサービスが提供されています。このプランは、データインターアクションを通じ、エンターテイメントを通じて知識を教えながら、市民たちがエコシティに対する理解と体験を高め、公共環境とのつながりを構築することを目的としています。

関連ページ
学術
王子耕は、第14回計画および天然資源情報化実践フォーラムに招聘され、基調講演発表

近日、王子耕は第14回計画および天然資源情報化実践フォーラムに招聘され出席しました。中国都市科学研究会都市ビッグデータ委員会、北京都市実験室BCL、清華大学建築学院が共催した分科会「未来都市:空間プロトタイプと革新的デザイン」において、PILLSアーキテク王子耕が 「テクノロジー批評と可能の未来』を題した講演を発表し、建築学を技術批評の視点におき、学際的実践、介入、そして未来構築への参加の可能性を共有しています。 分科会のモデレーターを務めたのは清華大学建築学院研究員・博士教授龍瀛です。講演したゲストにはエネルギーイノベーション中国エリア主任何東全、AECOMアジアパシフィックのシニア副総裁・グレーター・チャイナ戦略開発担当者劉泓志、テンセント研究院シニア研究員劉金松、Dream Deck北京デックスマートテクノロジー有限公司共同創設者王錚、清華大学建築学院博士研究生張恩嘉らが名を連ねています。

学術
王子耕は建築ジャーナル「抗疫特集」アカデミックグループ理論に招かれ、テーマ記事を発表more

近日、建築ジャーナルは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での建築学研究と実践に焦点を当てた特別号を発行しました。新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の流行は世界経済と社会に多大な影響をもたらし、歴史的な結節点になったことが広く認識されています。今回の国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に直面して、建築ジャーナルは業界の関連研究者や実務家を招き、今回のパンデミックにおける浮上した、これまでに無視してきたまた至急に反省が要している、あるいはこれから対処すべく学術課題および実践課題について議論します。 PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は、「設計上の課題への対応」をテーマとした議論に招聘され、「三種類の建築:感染症流行におけるネットワークと建築についての考え」という記事を執筆し発表しました。この記事の中で王子耕は、インターネットの応用は将来に建築の3種類の分化を引き起こす可能性がある、すなわちスペクタクル建築、インフラ建築、住宅建築この三つ分化です。建築学科をドグマから解放し、新たなリソースと専門知識を統合し、人工環境とテクノロジー批判の観点を視野に置き、その関連性を再検討し、インターネットの影響におけるその方向性とプロセス、そして人類への貢献の可能性を考えすべきだと述べました。

関連ページ
王子耕は建築ジャーナル「抗疫特集」アカデミックグループ理論に招かれ、テーマ記事を発表
受賞
《人間製造:イヴの選択》は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ学術委員会大賞を受賞more
受賞
PILLSはYAC国際建築設計コンペティション “Hills of the Arts” Gold Mentionsを獲得more

近日、PILLSが設計を手掛けたプラン「Living as Art」は2020年Young Architects Competitions(YAC若手建築家大会) "Hills of the Arts” Gold Mentionsを獲得しました。今回のコンペティションは、イタリアのトリノ市の街を見下ろせる東麓の丘陵地帯に位置する町に行われ、元の歴史的な建築をリノベーションすることで、居住、アート、創作と展覧のジェネレーターに改造し、住宅とアートの間の新たな可能性を再定義することを目的としています。PILLSは、当コンペティションで唯一受賞したアジアの建築家チームです。 設計プランはバシリカからインスピレーションをもらい、多目的サンクン・シアターを中心に設計を展開し、主な増築部分を地下に隠すことで地下一階にて既存の2棟の歴史的建造物を繋ぐことにしました。アートクラスターは交通、景観、採光をつなぐ重要な拠点となり、アートに生きる(living as art)というビジョンを現実にしました。

関連ページ
PILLSはYAC国際建築設計コンペティション “Hills of the Arts” Gold Mentionsを獲得
プロジェクト
《ブラックマリア》と《苦塔》は初回X美術館トリエンナーレ「ターミナル>_How Do We Begin?」に出展more

X美術館は2020年3月17日にオープンする予定、開館とともに初回X美術館トリエンナーレ「ターミナル>_How Do We Begin?」がスタートします。今回の展覧会は、デジタル時代におけるミレニアル世代の思潮を整理し、メディア端末が集団感知やコミュニケーションに及ぼす影響を分析し、クロスメディアを実践するアーティストを招き、ともに議論してもらうことを目的としています。 PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が手掛けた作品《ブラックマリア》と《苦塔》は出展しました。《ブラックマリア》は映画というツールの借用でもあり、一方作品は一種の人類のジレンマを暗示し、模型を借りてシステマティックな人間と供給体制との間の疎外された関係を隠喩しています。出展作品《苦塔》はApple製品のグローバル産業チェーンの地理的移転に着目し、その移転を通じて今日のグローバル資本活動が地理学景観に隠されている矛盾と緊張感を論述する旨です。

関連ページ
《ブラックマリア》と《苦塔》は初回X美術館トリエンナーレ「ターミナル>_How Do We Begin?」に出展《ブラックマリア》と《苦塔》は初回X美術館トリエンナーレ「ターミナル>_How Do We Begin?」に出展《ブラックマリア》と《苦塔》は初回X美術館トリエンナーレ「ターミナル>_How Do We Begin?」に出展
活動
王子耕は招聘されBMW x Lensと対談「本性開放」more

BMW「X」シリーズのX6が発表される機に、王子耕はブランドが招聘した3名の芸術家のうちの一人として、雑誌Lensの独占インタビューを受け、BMWと対話し、彼自身が学生時代からアトリエ創立以降の主な作品を紹介しながら、ジャンルを超えた芸術実践の裏にある思考プロセスを共有し、さらに自身の創作における本性を開放するにかんするエピソードを語り、芸術家とブランドとの間にある共振を深く掘り下げました。

関連ページ
プロジェクト
PILLS作品《人工自然:残された果実》が第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)宝安分会場に出展more

第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)は近日に開幕し、PILLS作品《人工自然:残された果実》が分会場宝安橋頭コミュニティ展示会場に出展しました。今回の展覧会は「座標:劇場」のテーマを掲げ、国内外の建築家、アーティスト、デザイナー、および関連研究機関・学校を繋ぎ、さまざまな分野において、さまざまな視角からの介入とコミュニケーションを通じて社会空間を感知し、昔の人たちが自分自身、自然と神話のつながりへの探求において、現代産業が残した空間と関係性を築きます。 《人工自然:残された果実》は監視カメラ・モニター、電柱、建設用防塵ネットで構成されるデータジャングルです。カメラはパノプティコンに立つ暗い高塔の隠密な再現で、「人工自然」に供給するデジタル繁殖は力カメラが捉えた映像から来ています。人間はデータの餌となり、果実の森を育む果実となりました。

関連ページ
PILLS作品《人工自然:残された果実》が第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)宝安分会場に出展
プロジェクト
王子耕は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)「上昇するインタラクション」学術セミナーに出席more

近日、第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)は展覧テーマに関する「上昇するインタラクション」学術セミナーを開催し、PILLSアトリエアーキテク王子耕は招聘されゲストとして出席しました。このセミナーは深セン大学建築と都市計画学院の張宇星教授、中国工程院の孟建民院士がモデレーターを務め、都市進化の過程における「インタラクション」と「 上昇」の設計実践と理論的思考に焦点を当て、デジタル時代における未来都市発展モデルについて共同で議論しました。ほかに出席したゲストには王建国、王澍、藤本壮介らが名を連ねています。 シンポジウムでは、王子耕は現時点では建築学はまだインターネット時代の都市の形態に対応する能力を備えておらず、建築家は方法や手段を求め、公共の議論に介入すべく、またプロフェッショナルの能力と技術を活用して未来都市の構築に参加すべくだと指摘しました。

関連ページ
王子耕は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)「上昇するインタラクション」学術セミナーに出席王子耕は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)「上昇するインタラクション」学術セミナーに出席
プロジェクト
PILLS作品《人間製造:イヴの選択》は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン展示に出展more

第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレが近日に開幕し、PILLS作品《人間製造:イヴの選択》はメイン展示会場である深セン市現代芸術と都市計画館(MOCAUP)に出展しました。今回のビエンナーレは中国工程院院士の孟建民と著名キュレーター・美術評論家のファビオ・カヴァルッチ(Fabio Cavallucci)と手を組んでキュレーターを担い、「アーバン・インタラクション(Urban Interactions)」のテーマを掲げ、技術進歩がどのように都市、人、サイエンス・テクノロジーと自然、そしてそれらの間の関係にどのような影響を与えるかについて焦点を当てて検討しました。 《人間製造:イヴの選択》はコンピューターで精確に細かく分解した後に再び組み立てた新たな人形を呈示しました。彼女は丸く縮こませている姿勢で透明なプラスチックフィルムに包まれています。人形に絡まれているチューブやケーブルは彼女に生命とエネルギーを注ぎ込む同時にその行動を制限しています。人形の手に持つ一口かじられているリンゴは――聖書の中の禁断の果実、サイバー時代の科学技術のトーテムです。《人間製造》は人類がサイボーグの運命を選んだと暗示している、デジタルメディアは人間の「補綴物」になりました。人間は外在化する技術に依存し生きています。

関連ページ
PILLS作品《人間製造:イヴの選択》は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン展示に出展PILLS作品《人間製造:イヴの選択》は第8回深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン展示に出展
受賞
王子耕が共同キュレーターおよび空間デザイナーを担当した作品「鋳憶」は2019年第十三回全国美術作品展に入選

2019年10月20日、中華人民共和国文化観光部、中国文化芸術界連合会、中国美術家協会が主催する「中華人民共和国建国70周年記念——第十三回全国美術作品展」は中国国立美術館に盛大に開幕しました。子耕が共同キュレーターおよび空間デザイナーを担当した作品「鋳憶」は本展に入選しました。 「鋳憶:首鋼工場および三高炉博物館都市再生成果展は」首鋼グループ、北京首鋼建設投資有限公司、築境設計および北京首鋼国際工程技術有限公司が主催し、築境設計のプリンシパルアーキテクト薄宏涛が総企画を担当、PILLS創設者およびプリンシパルアーキテクト王子耕が共同キュレーションした展示です。その記念展は首鋼工場パークノースエリアにある産業遺産の転換を手掛かりに、没入型の空間および個体のナラティブを通じて、首鋼工業区の歴史、現在と未来を表現し、ミクロな抽象から首鋼が代表とした中国の近代化変革の道のりを垣間見られます。

王子耕が共同キュレーターおよび空間デザイナーを担当した作品「鋳憶」は2019年第十三回全国美術作品展に入選
学術
王子耕は中国美術学院先端芸術学院で開催された「2019感性フォーラム:アプローチとしてのクリエイティブ集団」に招聘され出席more

近日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け中国美術学院先端芸術学院が主催する「2019感性フォーラム:アプローチとしてのクリエイティブ集団」に出席しました。このフォーラムは、教育と創作の相互促進とサポートに焦点を当て、教師と学生で構成されるクリエイティブ集団に着目し、イデオロギーおよび芸術生産推進力についての議論を展開しました。 王子耕、アーティスト陶顕、中国美術学院上海設計学院、イノベーションデザイン学院の教師譚彬、研究者呉佳芮らが対談ゲストとして2本目のフォーラムに参加し、ともにクロスメディアアート創作の可能性を検討しました。基調講演者には、メディアジャーナリストの朱朝暉、写真家の胡介鳴、上海大学音楽学院の青年教師李京鍵、中国芸術研究院映画テレビ芸術研究所の研究員・博士教授の孫承健が名を連ねています。議論は中国美術学院先端芸術院実験芸術学部長の高世強教授がモデレーターを務めました。

関連ページ
王子耕は中国美術学院先端芸術学院で開催された「2019感性フォーラム:アプローチとしてのクリエイティブ集団」に招聘され出席王子耕は中国美術学院先端芸術学院で開催された「2019感性フォーラム:アプローチとしてのクリエイティブ集団」に招聘され出席
学術
王子耕は招聘を受け同済大学「地下空間における都市建築学思考」学術セミナーに出席しテーマ共有more

11月20日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘をうけ、同済大学で開催された「地下空間における都市建築学思考」学術セミナーに出席しました。会議では、近年の都市建設・研究における注目課題である「地下空間開発」に焦点を当てて議論を展開しました。王子耕は同セミナーで彼自身が近年に行われた地下空間の翻訳作業および思索を発表しました。 セミナーに参加したパネリストには:西南交通大学建築と設計学院の沈中偉教授、同済大学建築と都市計画学院の荘宇教授、北京建築大学建築と都市計画学院建築学科の商謙副学部長、同済大学建築設計研究院の賈堅副総裁、AECOMアジアパシフィックのシニア副総裁劉泓志、上海市設計研究総院のエンジニア朱良成らが名を連ねています。同済大学同済大学建築と都市計画学院の譚崢準教授宇と、鄧小驊研究員補佐が学術モデレーターを務めます。

関連ページ
学術
王子耕はリアム・ヤングの招きを受け、南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)の「フィクションとエンターテイメント」院生プログラムを訪問、テーマ共有した

近日、王子耕は招待され、南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)の「フィクションとエンターテイメント」院生プログラム (MS Fiction and Entertainment) を訪問し、プロジェクト担当者リアム・ヤング(Liam Young)がモデレートするシンポジウムにて近年の創作成果およびその心得を共有しました。授業議題と合わせ、王子耕と南カリフォルニア建築大学の教師および学生たちとともに、マルチメディアデジタル時代における現代建築学科議題の変遷と矛盾、および学際的実践の可能性について検討しました。

王子耕はリアム・ヤングの招きを受け、南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)の「フィクションとエンターテイメント」院生プログラムを訪問、テーマ共有した
学術
王子耕は招聘されハーバード大学GSDにて講座「Curiosity and Method- Pills’Recent Preoccupations」を行うmore

最近、ハーバード大学GSDおよび中国学生学者連合会の招聘を受け、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はGSD GUND HALLで講座「Curiosity and Method- Pills’Recent Preoccupations」を行いました。講演の内容はアトリエが近年に手がけた作品を中心に展開し、思弁的なデザインとナラティブのアプローチについて検討しました。それらの作品は、現代地政学、空間政治、環境制御、技術哲学、グローバリゼーションインフラ、生産と消費の関係、メディア文化などのトピックを取り上げられています。講演内容は現代建築の課題における変化と矛盾、そして建築が今日の社会に介入する可能性を掘り下げました。

関連ページ
王子耕は招聘されハーバード大学GSDにて講座「Curiosity and Method- Pills’Recent Preoccupations」を行う
学術
王子耕はシラキュース大学建築学院NY分校イベントに招聘され基調講演を行ったmore

11月10日に、王子耕はシラキュース大学建築学院NY分校イベントに招聘され、講座「Curiosity and Method - Pills’ Recent Preoccupations」を行い、近年の実践および研究成果を共有しました。王子耕は作品を中心に、現代地政学、空間政治、環境制御、技術哲学、グローバリゼーションインフラ、生産と消費、メディア文化における思弁的なデザインとナラティブのアプローチなどについて検討を展開し、建築学科が現代社会における変遷および矛盾を深く解析し、建築の介入および建築の学際的実践の可能性を探ります。

関連ページ
王子耕はシラキュース大学建築学院NY分校イベントに招聘され基調講演を行った
学術
王子耕がシラキュース大学建築学院2019年度秋季シリーズ講座講演学者に招聘され、基調講演を行った

11月7日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕はシラキュース大学建築学院2019年度秋季シリーズ講座講演学者として招聘され、「Curiosity and Method - Pills’ Recent Preoccupations」と題した講演を行いました。王子耕は自身の作品を中心に現代地政学、空間政治、環境制御、技術哲学、グローバリゼーションインフラ、生産と消費、メディア文化における思弁的なデザインとナラティブのアプローチなどについて検討を行い、教師や学生たちとともに現代社会における建築アジェンダの矛盾と関連性、および建築的介入の可能性を深く議論しました。

王子耕がシラキュース大学建築学院2019年度秋季シリーズ講座講演学者に招聘され、基調講演を行った王子耕がシラキュース大学建築学院2019年度秋季シリーズ講座講演学者に招聘され、基調講演を行った
学術
王子耕は天津大学学術週間「NEXTー青年建築家展」に招聘され、基調講演発表more

近日、天津大学水利博物館で「NEXTー青年建築家展」が開幕しました。本展は天津大学建築学院と『都市・環境・デザイン』(UED)雑誌出版社が共催し、同済大学建築と都市計画学院の李翔寧副学院長、北京建築大学建築と都市計画学院の金秋野教授、天津大学建築学院建築学科の張昕楠学部長が共同キュレーターを務めています。展覧は天津大学学術週間における重要イベントの一環であり、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕が招聘され出展し、基調講演を行いました。同展に招聘された建築家には水雁飛、李涵、範久江らが名を連ねています。展示は15社若手建築事務所がここ数年に手がけたアイデアと成果を呈示しています。 この展覧会では、王子耕がデザイン・キュレーションを手掛けた首鋼100周年記念展「鋳憶」(Steel Home Still)が展示されました。その記念展は首鋼工場パークノースエリアにある産業遺産の転換を手掛かりに、没入型の空間および個体のナラティブを通じて、首鋼工業区の歴史、現在と未来を表現し、ミクロな抽象から首鋼が代表とした中国の近代化変革の道のりを垣間見られます。

関連ページ
王子耕は天津大学学術週間「NEXTー青年建築家展」に招聘され、基調講演発表
学術
王子耕、韓濤は中央美術学院2019年度大学院コース「建築とモダニティー」の共同議長を務め、カリキュラムプランを発表more

中央美術学院建築学院が開設した修士・博士向けの「建築とモダニティー」シリーズ講座コースは2017年に正式に設立され、中央美術学院建築学院の韓濤および王子耕二人がともに本コースのモデレーター・アカデミック兼招集者を務めます。本コースは、モダニティの発生・拡大・変容の歴史的・地理的状況を重層的に捉えながら、「建築」と「モダニティ」の相互構築を批判的な角度から、「建築」と「グローバル資本主義の発展」と「中国の近代化」の過程における多重的な複雑な関係および主要な学科パラダイムを体系的に学ぶことを目的としています。このコースは、毎年にさまざまな分野に活躍する十名の学者を招聘し、現代の問題意識から、建築とモダニティーの関係性を批判的な議論のための開放的な研究プラットフォームの構築を試みるものになります。 2019年コース招聘講演者には、清華大学人文学院の汪民安教授、清華大学建築学院の副教授周榕、青鋒、範路、オーストラリア・シドニー大学建築設計と都市計画学院の盧端芳教授、アメリカ・シラキュース大学建築学院理学修士課程ディレクターの王飛、南京大学の魯安東教授、重慶大学の楊宇振教授、南方科学技術大学人文社会科学栄誉学会の若手研究員牛燕芳らが名を連ねています。

関連ページ
活動
王子耕作品《苦塔》が2019ヘルシンキ・デザイン・ウィークの中国テーマシリーズイベント「新世代」セッションに出展more

近日、ヘルシンキ・デザイン・ウィークの招きを受け、「中華文化世界行・北京を感じる・デザインの旅」シリーズイベントがヘルシンキ・デザイン・ウィーク期間中に幕を開けました。中には「新世代」セッションが中国現代デザインの新成果および新人に焦点を当て、「80、90」をテーマに、北京の各分野から14名新世代デザイナーを招聘しました。PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕も本イベントに招聘され、その作品《苦塔》とともに参加しました。 《苦塔》(Dukkha Tower)はApple製品のグローバル産業チェーンの地理的移転に着目し、その移転を通じて今日のグローバル資本活動が地理学景観に隠されている矛盾と緊張感を論述する旨です。作品は断面図という表現手法を用いて、直観的に現実世界にそれぞれ離された生産段階 (塔内の東莞) と消費段階 (塔の下部にあるApple Store) を並置し、それにより高度に統合された世界経済に潜在する暴力を掲示し、問い詰めを投げかけました。作品の表現手法は観客にこの再構築された世界の真実性を受け入れるように説得し、その反面この再構築自体は現実世界の「真実」へのアイロニーです。

関連ページ
王子耕作品《苦塔》が2019ヘルシンキ・デザイン・ウィークの中国テーマシリーズイベント「新世代」セッションに出展
学術
中央美術学院「都市の公共空間を考える―メキシコ市と北京市」テーマフォーラムが無事開催、王子耕はアカデミックモデレーター兼招集者を務めるmore

近日、王子耕はアカデミックモデレーター兼招集者を務める「都市の公共空間を考える―メキシコ市と北京市」テーマフォーラムが中央美術学院で成功裡に開催されました。 北京とメキシコシティは歴史文化名城として、二都市は急速な都市化の時代背景における、都市再生と公共空間の改善において同様の課題に直面しています。 このフォーラムが招聘したメキシコシティからの5名及び北京から6名の若手学者は都市政策、地域社会の参加と交流、デザインと空間建設に関するチャレンジ・課題について共に議論し、また公共空間に関連する代表的な見解および公共空間が直面するチャレンジについて議論し合いました。中央美術学院建築学院朱ペイ(金咅)院長、中央美術学院都市デザイン学院王中院長がフォーラムに出席し、開会の挨拶を行いました。

関連ページ
中央美術学院「都市の公共空間を考える―メキシコ市と北京市」テーマフォーラムが無事開催、王子耕はアカデミックモデレーター兼招集者を務める
学術
王子耕が招聘を受け西安建築科技大学に「思弁とナラティブ」講演

前日、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕は西安建築科技大学で「思弁とナラティブ」講座を行い、彼自身が学生時代からアトリエ設立までの思弁とナラティブをベースにした思考プロセス創作の成果を共有しました。PILLS は展覧会、出版物、建築プロジェクトを通じた幅広い活動には、資本と空間政治、環境制御と技術哲学、グローバリゼーションとインフラストラクチャー、現代メディア文化、生産と消費の関係などさまざまのテーマを含んでいます。講演内容は現代建築の課題における変化と矛盾、そして建築が今日の社会に介入する可能性を掘り下げました。

学術
劉家琨と王子耕が中央美術学院三年生実験クラスのデザインコース「映画博物館」を共同指導

中央美術学院建築学院学部三年生実験クラスは、2019年春学期に著名建築家劉家琨を講師として招聘し、王子耕もコースの共同指導に参加しました。今回のコースは劉家琨初の大学での建築デザイン講義となり、コースのテーマは「映画博物館デザイン」で、成都峨眉映画製作所リノベーションプロジェクト二期を基き、実際の課題解決研修を行いました。このコースは、建築現場に対する知覚的理解、材料性質の把握、建築に対する理性的思考を育て、建築設計教育の新たな可能性を探ることを目的としています。 このコースは、学生に峨眉映画製作所基地に対する自己認識を具体的な映画博物館の建築プランに落とし、またそのプランには展示ホール、映画インタラクティブ体験スペース、映画サロンスペースおよび屋外展示会場が入っていることが必須となっています。コースの期末図面審査会には建築家、映画製作者、学者の王明賢、張利、周榕、李翔寧、李興鋼、霍廷霄、李虎、華黎、董功らが招聘され審査員を担当します。

劉家琨と王子耕が中央美術学院三年生実験クラスのデザインコース「映画博物館」を共同指導劉家琨と王子耕が中央美術学院三年生実験クラスのデザインコース「映画博物館」を共同指導
学術
王子耕が中央美術学院春期選択科目「映画:ナラティブ技術として」をモデレートし授業計画を公開

最近、王子耕が主催する中央美術学院春期選択科目「映画:ナラティブ技術として」」授業計画が公開されました。本コースは映画に関する一般常識講座になります。過去一世紀にわたる映画映像技術の発展史、ナラティブの時空間構造、映画テキスト、映画写真、映画美術デザイン、視覚特殊効果、映画理論と批評などを通し、映画がナラティブのメディアとツールとしての形式と意義を探求します。 本コースは、中央美術学院、北京電影学院などからの大学教員および映画業界関係者による講義形式の共同授業を行う予定です。このコースでは、ナラティブ技術および視聴覚ディスクールとしての映画の歴史的および理論的発展に注目すると同時に、芸術的表現と実践における映像技術の応用にも重点を置いて展開していきます。招聘された講演者には、若手作家蒋方舟、映画監督蕊、映画評論家劉起、撮影監督鄧星勱、『弾丸と共に去りぬ-暗黒街の逃亡者-』(原題:一步之遥)の副監督趙丹、北京電影学院美術学院教師周エン、北京電影学院写真学科教師高楊、独立監督・脚本家劉佳源、映画コンセプトデザイナー宋韜らが名を連ねています。

王子耕が中央美術学院春期選択科目「映画:ナラティブ技術として」をモデレートし授業計画を公開
学術
王子耕は雲栖小鎮「身体都市」講堂に招かれ、講演「ディズニー、インフラと脱身体化」を発表more

2019年4月28日、PILLSアーキテクト王子耕は2050「身体都市」講堂に招かれ、講演「ディズニー、インフラと脱身体化」を発表しました。中国美術学院建築芸術学院、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの建築学科客員教授趙徳利が召集・主催したこのフォーラムは、講義、模型、図面、対談、パフォーマンス、上映などの形を通して、創作においてそれぞれの個体が経験した苦難、挑戦、突破、貢献を共有しました。 中央美術学院建築学院教師、PILLSプリンシパルアーキテクト王子耕、中央美術学院建築学院教授韓涛、中国美術学院建築芸術学院客員教授閻超、中国美術学院先端芸術表現学院メディア展示・パフォーマンス学部学部長牟森らのゲストは彼ら自身の創作および技術などについて共有しました。

関連ページ
王子耕は雲栖小鎮「身体都市」講堂に招かれ、講演「ディズニー、インフラと脱身体化」を発表王子耕は雲栖小鎮「身体都市」講堂に招かれ、講演「ディズニー、インフラと脱身体化」を発表
活動
王子耕は中英未来都市ハイレベルシンポジウムに招かれ、基調講演を行った more

2019年4月26日、PILLSアーキテクト王子耕杭州運河祈利ホテルで開催された中英未来都市ハイレベルシンポジウムに招待され出席しました。「グリーン、スマート、持続可能な都市開発」のテーマを掲げるこのシンポジウムは、在中国英国大使館と中国都市計画研究院が共催し、スマートシティと都市計画分野における中英の協力関係を強化することを目的としたものものです。 この会議は在北京英国大使館と中国都市計画研究院が共催したもので、スマートシティと都市計画においての中英の協力関係を強化し、国際協力における課題とスマートソリューションを探ることを目的としています。 王子耕は講演にPILLSアトリエの設計実践を共有し、シンポジウムに参加したゲストたちと中国都市開発変革が直面する長選、および今の時代背景における建築アジェンダが直面する変化と矛盾、そしてそこに建築学が介入する可能性を掘り下げました。

関連ページ
王子耕は中英未来都市ハイレベルシンポジウムに招かれ、基調講演を行った 王子耕は中英未来都市ハイレベルシンポジウムに招かれ、基調講演を行った
プロジェクト
首鋼ベネチア「鋳憶(キュレーション手記)」が「人民日報」に掲載

2019年4月14日、「人民日報海外版」の7面に首鋼ベネチア「鋳憶」キュレーション手記が掲載されました。キュレーター薄宏涛と王子耕は手記に首鋼展示会のキュレーションアイデアと展示デザインについて共有しました。 展示のタイトルである「鋳憶」(Steel Home Still)が言うように、キュレーターたちは本展を「個体と家庭単位のナラティブを通じて、首鋼工業区の歴史、現在と未来を表す」ことと位置づけしました。また、今回の展示は建築、映画および美術製作、グラフィックデザイン、文学、マルチメディア、写真などさまざまな分野のメディア言語を用いて、没入型体験のアプローチでベネチアの観客に首鋼の思い出を見せました。マクロの面においては、首鋼工業区がはじめとする都市再生の建設過程を描き出しました。

首鋼ベネチア「鋳憶(キュレーション手記)」が「人民日報」に掲載
プロジェクト
PILSS作品《ブラックマリア》は「未知都市Unknown City:中国現代建築インスタレーション映像展」に出展

先日、深セン市坪山区人民政府が主催する深セン市坪山美術館(新館)のオープニングを記念したグランド展覧会「未知都市Unknown City:中国現代建築インスタレーション映像展(坪山)」(以下「Unknown City」展)は同館にて行われ、同時に学術フォーラムも開催しました。PILSS作品《ブラックマリア》は招聘され展示に参加し、王子耕も展示開幕式に出席し、学術対談に参加しましたた。 本展は大型プロフェッショナルテーマ展示会です。展覧会のキュレーターには張宇星、野城、韓晶が務め、学術顧問には中国工程院院士の崔愷、王建国、孟建民らを迎え、71名の参加者(団体と連合体を含む)は作品を通じて、多分野・多視点から系譜的に人類物質生存空間の体系化状態、そして新世代の未来建築学の発展する方向性などについて思索しました。 「ブラックマリア」は一つ「言行と考えが一致しない」二枚舌の空間の寓話です。一つ虚偽の製造に特化した空間。模型は三層建てのラップアラウンドの構造で、その中心はベビーベッドを置いてあるグリーンバックの部屋です。グリーンバック技術は映画合成編集でよく見られる技術で、環境を偽るためのキャリヤーです。このキャリヤーはそれに付いてある複雑なインフラ供給システムに依存しています。部屋はこのような機械供給システムの端末になります。このシステムは映画美術セットの偽のファサードに隠されている。偽のファサードはスタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』で作家一家が囚われるオーバールックホテルからインスパイアされました。王子耕は模型作品の形で体制的な人間と供給体制との間の疎外された関係を隠喩しています。

PILSS作品《ブラックマリア》は「未知都市Unknown City:中国現代建築インスタレーション映像展」に出展PILSS作品《ブラックマリア》は「未知都市Unknown City:中国現代建築インスタレーション映像展」に出展
学術
王子耕は招聘を受け、ケンブリッジ大学と南京大学が共催した「日常的の映像博物館:映画建築ワークショップ」講師にmore

数日前、ケンブリッジ大学建築学部、南京大学建築と都市計画学院が共催した「日常的の映像博物館:映画建築ワークショップ」は無事に開催されました。PILLS創始者およびプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け、ケンブリッジ大学建築学部教授、学部長Francois Penz、北京建築大学金秋野ら十数名の学者、デザイナーたちがともにワークショップの講師を務めました。 本ワークショップは14組並行するワークチームに分かれ、日常を研究対象とし、映像を日常のアーカイブとして捉え、過去の映画のシーンに存在する日常的な「映像の考古学」と空間を超えた異文化比較を通じ、「空間の日常」に対する新な理解を得ます。研究成果は短編映像という形で展示し、14作の短編映像が組み合わせて日常的の映像博物館になります。また研究成果は上海NextMixing Space、南京美術学院美術館、マンチェスター中国芸術センター(現名:Esea Contemporary)に展示します。

関連ページ
王子耕は招聘を受け、ケンブリッジ大学と南京大学が共催した「日常的の映像博物館:映画建築ワークショップ」講師に
学術
ハーバード大学GSD学部長のモーセン・モスタファヴィの「ポスト・バウハウス」学術セミナーに王子耕が出席し基調講演を発表more

最近、ハーバード大学GSD学部長のモーセン・モスタファヴィの講座と学術セミナーは中央美術学院で開催され、中央美術学院建築学院2019年度アカデミックテーマ「ポスト・バウハウスと現代中国」が正式にスタートしました。モスタファヴィ教授はロンドンAAスクール、コーネル大学、ハーバード大学での学部長経験を生かし、バウハウス以降、特に過去30年間で世界の建築教育が概念、枠組み、アイデンティティ、肝心な節目などにおける変遷を掲示し、彼自身が建築学および建築学教育における深い洞察を提唱しました。 講座後に開催した「ポスト・バウハウス:知識人、建築学と社会再構築」のテーマセミナーでは、王子耕は中央美術学院教師代表として、個人的な実践から、ポストバウハウスの時代に、若手学者は建築学の再考察と再構成になにか貢献できるかを提案しました。今回のイベントには、中国芸術研究員院建築芸術研究所副所長の王明賢、清華大学建築学院院長の荘惟敏、同済大学建築と都市計画学院院長の李振宇、東南大学建築学院院長の韓冬青、 清華大学建築学院准教授の周榕、都市実践プリンシパルアーキテクトの王輝ら十数名中国トップクラスの建築系大学の学部長、学者、建築家、およびハーバード大学、ロンドンAAスクール、コーネル大学の数多くの卒業生らも議論に参加しました。

関連ページ
ハーバード大学GSD学部長のモーセン・モスタファヴィの「ポスト・バウハウス」学術セミナーに王子耕が出席し基調講演を発表ハーバード大学GSD学部長のモーセン・モスタファヴィの「ポスト・バウハウス」学術セミナーに王子耕が出席し基調講演を発表ハーバード大学GSD学部長のモーセン・モスタファヴィの「ポスト・バウハウス」学術セミナーに王子耕が出席し基調講演を発表
学術
劉暁都、王子耕は清華大学建築学院三年生公開授業「芸術生活による郷鎮活性化実験」を共同指導

近日、建築家劉暁都、王子耕は清華大学建築学院公開授業のデザイン講師として、「芸術生活による郷鎮活性化実験」を課題として、三年生を共同指導しました。 カリキュラムは福建省恵安市小岝鎮、この伝統文化と現代経済生活が対立する中にひねられた典型的な彷徨い田舎町にある芸術集落を中心に展開していきます。カリキュラムの主旨は学生たちに、伝統文化の復元、郷土原生風景の保護、活性化と発展への探求という複雑な背景における、調査を行ってもらい、全体計画のアイデアと典型的な個別プランを検討してもらい、これらによって小岝の地域活性化計画にさらなる可能性を呈示することを目指しています。この公開授業の成果は小岝美術館で展示される予定です。

学術
王子耕は招聘され深セン市現代芸術と都市計画館「博物館で見る都市」シンポジウムに出席more

「深セン市現代芸術と都市計画館テーマフォーラム―博物館で見る都市:都市文化空間発展の新動向」(以下「博物館で見る都市」テーマシンポジウムという)は、近日深セン市現代芸術と都市計画館で行われ、当フォーラムは深セン市計画と国土資源委員会(市海洋局)と深セン市現代芸術と都市計画館が共同主催しまいした。PILLS創始者・プリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け、フォーラムにラウンドテーブルディスカッションのパネリストとして出席しました。 「博物館で見る都市」テーマシンポジウムは、「博物館の中」の都市ミニチュアから、「博物館の外」の都市開発全貌を探求・観察し、「人間本位」という最も根本的な理念に戻り、深セン特徴が都市空間に残した跡を検討する。王子耕、中国美術学院先端芸術表現学院メディア展示・パフォーマンス学部学部長牟森、深セン映画テレビ芸術家協会副会長鄧康延、中山大学視覚文化研究センター主任馮原、シルクロード視覚科技持株有限公司総裁李萌迪らのゲストはパネリストとして「深セン都市公共空間の発展動向」のラウンドテーブルミーティングに出席しました。

関連ページ
王子耕は招聘され深セン市現代芸術と都市計画館「博物館で見る都市」シンポジウムに出席王子耕は招聘され深セン市現代芸術と都市計画館「博物館で見る都市」シンポジウムに出席
活動
『フランク・ゲーリー伝』新刊読書会はエスパス ルイ・ヴィトン北京で開催、王子耕を対談ゲストに招聘more

先日、理想国が企画した『フランク・ゲーリー伝』が出版され、文化芸術空間エスパス ルイ・ヴィトン北京で新刊読書会を開催した。王子耕は読書会に招聘され、本書の翻訳者唐氏とともに、建築と芸術の観点から、この物議を醸す現代建築の代表的建築家を解読し、二人が建築芸術における独自の実践と探求を読者に共有する。 『フランク・ゲーリー伝』は、建築家本人の人生の節目やハイライト瞬間を章立てとし、膨大なインタビュー記録や資料調査を通じて、ゲール―がユダヤ系移民から著名な建築家までに成長に至る生涯を余すところなく描き出している。この伝記は情景再現を通じて、ゲーリーの建築作品の裏にある知られざる物語、そして彼はいかに「アウトサイダー」と「インサイダー」の身分の間に転換しながら、「前衛」を貫き、「論争」を解決するかをわかりやすく明らかにしている。さらに大事なのは、成功とともにもたらされる不安、理想によってもたらされる躊躇は、いかにアートやテクノロジーに通じて和らげられ、彼を次の頂点へと導くかを描いている。

関連ページ
『フランク・ゲーリー伝』新刊読書会はエスパス ルイ・ヴィトン北京で開催、王子耕を対談ゲストに招聘
学術
PILLSは年次特別号「ラディカル・テクノロジー - 1968年50周年、真の秩序を再検討する」を発行、原稿募集中more

1968年、世界中で何十万もの人々が街頭に繰り出した。反戦運動は反資本主義、反帝国主義、反人種差別、反官僚制などの訴求を結びつき、『1968』を資本主義世界の既存秩序に「亀裂」が入った共鳴瞬間にしました。同時に、20世紀後半にメディアとテクノロジーの急激な変化は既存の世界秩序が大きく再形成させました。しかし、抵抗の姿勢は逆に資本主義の自己進化を促進してしまい、さらにより伸縮性を持たせた結果となりました。50年後、急進左翼の批判理論は学界に取り込まれ、徐々にポストモダニズムの波に埋もれつつ変容してきた;「反抗」、「解放」など激進的な言葉や視覚的イメージはマーケティング業界に借用され、細分化された消費領域の広告戦略となり;また皮肉なことに「カウンターカルチャー」の抵抗の芸術は、商品拝物教(フェティシズム)の脚注となってしまいました。 1968年から50周年の今日を機に、PILLSは「澎湃ニュース(The Paper)・思想市場」および「単読」と手を携わり、「ラディカル・テクノロジー - 1968年から50周年、現代秩序を再検討する」特別号を共同発行し、関連テーマの原稿を公開募集します。人々に現代資本主義の「亀裂」期における技術革命とそれによる世界の形成を再検討し、今日の世界秩序のジレンマと現実について共に考えてもらうよう呼び掛けています。

関連ページ
PILLSは年次特別号「ラディカル・テクノロジー - 1968年50周年、真の秩序を再検討する」を発行、原稿募集中
学術
王子耕は「多相――第一回北京電影学院学際的青年学術フォーラム」にて基調講演more

「多相――第一回北京電影学院学際的青年学術フォーラム」が近日北京で開催しました。このフォーラムは北京電影学院が主催し、北京大学などから30名近くの若手教師やアーティストが参加し、アニメーション、メディア、写真、デザインなど多様な研究視角から芸術本について再考し、マクロにおいて、芸術創作方法論を革新していきます。 PILLS創始者およびプリンシパルアーキテクト王子耕は招聘を受け、「「学際性」と言説生成」分科会に「空間政治のメディアとナラティブ」を題した基調講演を発表しました。講演にはPILLSアトリエの手掛けた建築実践を呈示し、現代都市と建築学の議題を思索的に再定義し、現代文化をさまざまなアプローチで観察・介入し、空間の裏に隠されている生産メカニズムをより深く探求し、現代の世界ビジョンと人間の生存状況を概観しようと試みました。

関連ページ
活動
PILLSアトリエ正式設立

数ヶ月の準備期間を経て、PILLSアトリエが正式に設立されました。PILLSは現代空間文化を核心に据え活動する複合型建築アトリエ事務所です。私たちが特に関心を持つ分野は:資本と空間政治、環境制御と技術哲学、グローバリゼーションとインフラストラクチャー、現代メディア文化および生産と消費の関係、映像とメディア技術などです。私たちは試みしていることは、より思索的なアプローチを通じて現代都市と建築学の議題を再定義することです。また多種多様なアプローチを用いて現代文化を観察そして介入し、空間の生産の裏にあるメカニズムをより深く掘り下げて、現代世界のビジョンと人々の生存状態を描き出そうとしています。私たちが主に活動している分野は:建築および都市デザイン、インスタレーションおよび芸術作品、キュレーションおよび建築企画、映像およびマルチメディア制作、独立出版などの思索的な実践です。

PILLSアトリエ正式設立
プロジェクト
王子耕、薄宏涛が共同キュレーションした「鋳憶:首鋼工場および三高炉博物館都市再生成果展」(Steel Home Still)9月ベネチアに開幕more

近日、「鋳憶」(Steel Home Still)都市再生成果展はイタリアベネチアで盛大に開幕しました。展示は首鋼グループ、北京首鋼建設投資有限公司、築境設計および北京首鋼国際工程技術有限公司が主催し、築境設計のプリンシパルアーキテクト薄宏涛が発起し企画を担当、PILLS創始者およびプリンシパルアーキテクト王子耕が共同キュレーションしました。展覧会は、首鋼工場パークノースエリアにある産業遺産の転換を手掛かりに、没入型の空間および個体のナラティブを通じて、首鋼工業区の歴史、現在と未来を表現し、ミクロな抽象から首鋼が代表とした中国の近代化変革の道のりを垣間見ます。 「鋳憶」都市再生成果展には、建築、演劇、文学、マルチメディア、映画などさまざまな分野からクリエーターが参加し、中には展示ディスプレイデザインディレクター王子耕、デジタルメディア・クリエイティブディレクター費俊、美術製作ディレクター趙娜莉、ナラティブ脚本作者蒋方舟、ナラティブデザイナー尚塁、模型デザインディレクター陳屹傑およびグラフィックデザインディレクター劉治治らが名を連ねています。キュレーターやクリエイティブチームが共同コラボして学際の境界を打ち破り、これら一連の時代および集団の物語を語るモンタージュ空間インスタレーションを仕上げ、多視角からのナラティブを通じ観客に共感体験をもたらしました。

関連ページ
王子耕、薄宏涛が共同キュレーションした「鋳憶:首鋼工場および三高炉博物館都市再生成果展」(Steel Home Still)9月ベネチアに開幕王子耕、薄宏涛が共同キュレーションした「鋳憶:首鋼工場および三高炉博物館都市再生成果展」(Steel Home Still)9月ベネチアに開幕
プロジェクト
姜文監督映画『邪不圧正(Hidden Man)』上映、王子耕は映画制作委員会建築コンサルタント担当

2018年7月13日、姜文(チアン・ウェン)が脚本・監督を務めた、張北海の武侠小説『侠隠』を原作に映画化した『邪不圧正』が上映しました。『邪不圧正』は姜文監督の「民国三部作」の最後となる3作目で、映画では1937年「七七事変(盧溝橋事件)」前夜に、国難が危機一髪の時に、仇を背負っているスパイ李天然は北平の陰謀のうねりを生き抜く復讐劇を描いています。 王子耕は映画製作委員会の建築コンサルタント(設営顧問)を担当し、2年間を渡った準備作業に参加しました。古建築に関する資料を掘り下げながら厳密な考察を行い、彼は映画が描いている民国時期の北平の町風景を歴史資料に基づいての情景再現および情景再現しました。 王子耕は特殊効果、カメラクルーおよび美術部門に協力し、撮影のために4万㎡の「屋上世界」を設営し、主人公が身軽に屋根を伝い、塀を乗り越えるシーンを観客に見せました。

姜文監督映画『邪不圧正(Hidden Man)』上映、王子耕は映画制作委員会建築コンサルタント担当
活動
王子耕作品《レヴィアタン》はOCAT上海館「インフラ大国――共同体ディスクールの空間基盤」展に出展more

6月30日、建築デザイングループ展「インフラ大国――共同体ディスクールの空間基盤」がOCAT上海館で幕を開け、王子耕作品《レヴィアタン》が招聘され出展しました。本展覧会のメインキュレーターは若手建築評論家、建築家の譚崢が担い、展示はインスタレーション、画像、模型、映像などさまざまなメディア形式を通じて、インフラが文化景観と関わっていく過程を表現し、さらにインフラは未来において大きいスケールでの区域空間及び中小スケールでの日常空間を再構築する上での役割および立ち位置を再構築しました。 《レヴィアタン》は、一つOEM工場の巨船によって形成された都市、一つ廃棄された工業の墓、または一つレヴィアタンの残骸を描いています。ここのレヴィアタンは、グローバル化時代における経済解決策と生存方法であり、移動するOEM工場です(出られない海上刑務所である)。この作品は船をグローバリゼーションの空間のメタファーとして用い、グローバリゼーションにおける背景に自給自足できずに巨大なインフラに依存し生存権を取引するユートピアの破綻を描いている。このユートピアは、すなわち世の中が疎外した現実とハイモダニズム信仰への投影です。 王子耕は展覧会と同時に開催された学術シンポジウム「グローバルインフラとその空間表現」にも参加し、講演を行ったゲストには香港大学建築学院教授の李亮聡、中央美術学院デザイン学院副院長韓涛、芸術家・監督王博らが名を連ねています。

関連ページ
王子耕作品《レヴィアタン》はOCAT上海館「インフラ大国――共同体ディスクールの空間基盤」展に出展王子耕作品《レヴィアタン》はOCAT上海館「インフラ大国――共同体ディスクールの空間基盤」展に出展
活動
王子耕作品《世界の盲腸》は798現代自動車文化センターHyundai Blue Prize受賞展示「漂流」展に出展more

先日、Hyundai Blue Prize受賞展示「漂流」展は北京の798芸術区にある現代自動車文化センター(Hyundai Motorstudio Beijing)無事に開幕し、王子耕が招聘され出展しました。展示は「社会モビリティ」をテーマとし、現在の最も具体的政治現実及び身近な日常を注目し、異なるレベルにおいて、現在この環境における私たちの生活を形成しているさまざまな張力を探求し、議論しました。 王子耕の展示作品《世界の盲腸》は、北京、重慶、東莞から切り取った3つの空間サンプルを通じて、3つの観察、行動、対話の現場を再現しました。後者は異なる場所と現実情景において、共有、ミュニケーションと自己教育の共同実践を刺激しています。

関連ページ
王子耕作品《世界の盲腸》は798現代自動車文化センターHyundai Blue Prize受賞展示「漂流」展に出展
活動
「影響と抵抗 - 清華大学と中央美術学院連合展」が2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン会場で開幕more

近日、王子耕がキュレーターを務める「影響と抵抗 - 清華大学と中央美術学院連合展」が2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン会場で開幕しました。この展示は清華大学建築学院の3年生のオープン式授業成果と中央美術学院の卒業制作の連合展で、城中村に関するいくつの重要な課題:「インフラとモビリティ」、「公共空間の形成」、「空間と資本の転換」などを検討し、深センの城中村に対する批判的な考察を呈しました。 深センの城中村は特殊な歴史遺留現象であり、空間が持つ複雑性とランダム性による制御を超えたある種の考察を示しており、このような「タイプを超えたタイプ」としての城中村は今日の建築学科教育の知識においても、知識分野が細分化された後の隙間に取り残されているように見えてきます。そのため、展示およびその関連コースは「影響と抵抗」をナラティブの手掛かりに、学生たちに従来の考えにとらわれないように励み、今までと違った角度から都市の問題を発見し、解読し、独自の戦略を研究して解決策を提案してほしいです。

関連ページ
「影響と抵抗 - 清華大学と中央美術学院連合展」が2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレメイン会場で開幕
活動
王子耕作品《漁村童話》は2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)メイン展示に招聘され出展more

12月15日、2017年香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)(深セン)(以下「深センビエンナーレ」という)のメイン展示会が深セン市南頭古城で無事開幕し、王子耕が招聘され出展しました。今回の「深センビエンナーレ」は「都市の共存」のテーマを掲げ、そのチーフキュレーターを担うのが侯瀚如、劉曉都、孟岩、また世界25カ国以上から200以上の出展者は「城中村」(都市の中の村)を出発点に据え、建築、芸術、デザインなどを融合した作品を通じ、グローバル化の背景における中国の都市発展モデルを探求しながら考察し、そして未来都市のビジョンとさらなる可能性を描き出す試みをしました。王子耕作品《漁村童話》は「都市/農村」セッションに出展しました。 《漁村童話》は、OEM工場の巨船で構成された都市であり;廃棄された工業の墓であり;レヴィアタンの残骸です。ここのレヴィアタンは、グローバル化時代における経済解決策と生存方法である:つまり移動するOEM工場です。作品は船をグローバル化の空間的なメタファーとして使用して、グローバル化時代において自給自足ができず、巨大なインフラに依存し生存権を取引するユートピアの破綻を描き、このユートピアはすなわち世の中が疎外した現実とハイモダニズム信仰への投影です。

関連ページ
王子耕作品《漁村童話》は2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)メイン展示に招聘され出展王子耕作品《漁村童話》は2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレ(深セン)メイン展示に招聘され出展
活動
王子耕作品《苦塔》と《アルゴリズム景観》が招聘を受け2017上海PSA青年キュレータープロジェクト「#ハッシュタグ」展に出展more

11月24日、上海当代芸術博物館Power Station of Art(PSA)が主催する第4回「青年キュレータープロジェクト」の三つの展覧会が上海当代芸術博物館と上海スウォッチ・アート・ピース・ホテルアート・センターにて幕が開きました。今回実際に開催を実現できたキュレーションプロジェクトは3組となり、それぞれは「スウィートホーム」(莫万莉、鄧圓也、林琳)、「#ハッシュタグ」(馮立星、史紀、呉有)と「光源リゾート」(馮安怡、呂斯喬)になる。 そのうち、「#ハッシュタグ」展はデジタル技術、ロジックとコンセプトを用いて創作した作品に焦点を当て、展示会場をリアルタイムに更新・保存するクラウド空間に変身させ、ソーシャルメディアでよく使われているハッシュタグ記号「#」通じ、芸術実践における美術館とアーティストのアイデンティティを再考しました。王子耕が手がけた出展作品《苦塔》と《アルゴリズム景観』は、デジタル時代におけるネットワークと機械論理およびそれらが有する独特な認識を探求しました。

関連ページ
王子耕作品《苦塔》と《アルゴリズム景観》が招聘を受け2017上海PSA青年キュレータープロジェクト「#ハッシュタグ」展に出展
学術
王子耕は重慶大学建築学科設立80周年イベントに招聘参加し基調講演を行ったmore

11月11日に、重慶大学建築都市計画学院学科設立80周年、学院創立65周年を記念して、「2017全国建築系大学初回学部生イノベーションフォーラム」シリーズ記念イベントが成功裡に開催され、王子耕はイベントに招待され基調講演を行いました。このフォーラムは「建築家の第X次元――変革の視点から考えるこれからの実践」をテーマに、校友およびそのほか建築系大学のゲストたちに、変革における建築精神の時代差異、建築学学生の未来実践などの話題について話し合いました。 王子庚は、自身が在学中に建築「ナレーター」として行った実践と、これらの行動が後に自身の成長への持続的な影響などを共有しました。他には中国建築西南設計研究院有限公司のエグゼクティブプリンシパルアーキテクト劉芸、AECOM計画設計副総監黄剣、杭州中聯築境建築設計有限公司取締役兼プリンシパルアーキテクト薄宏涛、上海大椽建築設計事務所デザインディレクター洪東涛らが出席しました。

関連ページ
活動
王子耕作品《苦塔》は2017上海都市空間芸術祭「エコー:建築と社会」セッションに招聘され出展more

先日、2017上海都市空間芸術祭は上海浦東の民生埠頭サイロで成功裡に開幕し、王子耕の作品《苦塔》が「エコー:建築と社会」セクションに招聘され出展しました。今回芸術祭は、「連接this-connection」をテーマに、現代の都市発展における公共空間の未来について検討を行い、「エコー」セッションは王子耕、Francis Kéré、Jorge Raedo、Andrés Jaqueら7名の建築家および学者を招聘し、建築、マルチメディア、画像などの形式通じて社会問題と空間生成の関係を反映し、展覧会のテーマに応えました。 《苦塔》(Dukkha Tower)はApple製品のグローバル産業チェーンの地理的移転に着目し、その移転を通じて今日のグローバル資本活動が地理学景観に隠されている矛盾と緊張感を論述する旨です。作品は断面図という表現手法を用いて、直観的に現実世界にそれぞれ離された生産段階 (塔内の東莞) と消費段階 (塔の下部にあるApple Store) を並置し、それにより高度に統合された世界経済に潜在する暴力を掲示し、問い詰めを投げかけました。作品の表現手法は観客にこの再構築された世界の真実性を受け入れるように説得し、その反面この再構築自体は現実世界の「真実」へのアイロニーです。

関連ページ
王子耕作品《苦塔》は2017上海都市空間芸術祭「エコー:建築と社会」セッションに招聘され出展
学術
王子耕、韓濤は2017年度中央美術学院建築学院大学院コース「建築とモダニティー」の共同議長を務めるmore

中央美術学院建築学院大学院が開設した院生向けコース「建築とモダニティー」は、著名学者黄居正をモデレーターに、教員韓濤、王子耕を学術委員に迎え、毎年様々な分野の学者を招聘して開講する特別講義で構成されています。このコースは、建築とモダニティーの関係性を批判的な議論のための開放的な研究プラットフォームの構築を試みるものになります。 2017年秋学期は、黄居正、金秋野、譚崢、韓濤、王子耕、呂品晶など学者らにより十回の特別講義が開講する予定で、講義中には重要人物や事例およびその建築作品や思想などをサンプルにされ、建築とモダニティーの歴史変遷におけるさまざまな側面を探ります。

関連ページ
学術
王子耕は中央美術学院建築学院の教員に任命された

2017年9月10日、中央美術学院人事処は王子耕が中央美術学院建築学院の教員として任命されたことを公表しました。

学術
王子耕氏、史紀氏は清華夏季パラメトリック建築デザインセミナーの講師に

先日、「清華建築学院パラメトリック非線形建築デザインセミナー」10周年記念コースが無事開講されました。王子耕氏、史紀氏はインスタレーショングループの講師として招聘されました。このコースは清華大学、マサチューセッツ工科大学などの有名大学の講師によるグループ指導とテーマ共有を行われました。期間中に「デジタルデザインの社会性」国際フォーラムも開催されました。

王子耕氏、史紀氏は清華夏季パラメトリック建築デザインセミナーの講師に
活動
王子耕が米・国立建築博物館の「When Architecture Tells a Story」展に招聘more

先日、アメリカ国立建築博物館、米国建築学生協会(AIAS)およびデザインプラットフォームブランク・スペース(Blank Space)は「建築が物語を語るとき」(When Architecture Tells a Story)展を共同主催し、王子耕作品《EMPTY》は招聘され出展しました。2015 年、ブランク・スペースが主催したFairy Tales国際建築コンペティションに世界65か国から1200も超える参加者が投稿し、その中から《EMPTY》は一等賞に選ばれました。 この作品は架空の船の物語を描きました。この船は公海(high sea)に漂流しているOEM工場でり、グローバリゼーションの空間的容器であり、皮肉な経済解決方策テンプレートであり、企業の新しい形態でもあります。物語の主人公は、この経済モデルの発明者の息子です。彼は亡くなった父親の日記から旧世界と新世界の秩序を分かりになって、二つの世界の狭間で生きています。この物語は、グローバリゼーションの文脈において自給自足ができないため巨大なインフラに依存し生存権を交換しなければならない生態を描いています。

関連ページ
学術
劉暁都、王子耕が清華大学建築学院三年生公開講座「影響と抵抗:南頭古城都市更新戦略と実験」を共同指導more

近日、王子耕、劉暁都は、清華大学建築学院公開授業のデザイン講師として、三年生のデザインコース「影響と抵抗:南頭古城都市更新戦略と実験」を共同指導し、学生13名を連れ、深セン南頭古城をフィールド拠点に研究とデザインについて検討しました。 この公開講座は、都市更新戦略に含まれるインフラとモビリティ、公共空間の形成、空間と資本の転換などの命題を逐一解析し、深センの城中村についての批判的思考を示しています。課題研究成果は図面、模型、テキスト、映像などを含んだ形式で2017深セン・香港都市/建築二都市ビエンナーレにて展示される予定です。

関連ページ
劉暁都、王子耕が清華大学建築学院三年生公開講座「影響と抵抗:南頭古城都市更新戦略と実験」を共同指導
活動
王子耕作品“Beijing Blue”がヒマラヤ美術館主催する「山水社会——未来を測絵」に招待され出展more

9月28日、「山水社会——未来を測絵」展と「山水社会——民間伝記」展が先日に上海ヒマラヤ美術館で開幕しました。展覧の建築セッション「ユートピアの再構築」は国内外の若手建築家を招き、新世代の力でユートピア都市と未来建築についての思索を喚起します。 王子耕は招聘され作品"Beijing Blue"を展示しました。作品は8分間の映像で、北京の大気汚染を背景に、一人の北京市民がオンライン決済プラットフォームを通じて米国から新鮮な空気を購入するという不条理な未来を織りだしています。

関連ページ
学術
王子耕は湖南大学開催「ランドスケープアーキテクチャ・80年代生まれ青年建築家フォーラム」に招聘され、基調講演を発表more

12月19日、「ランドスケープアーキテクチャ・80年代生まれ青年建築家フォーラム」が湖南大学にて開催されました。このフォーラムは、『新建築』雑誌社と湖南大学建築学部が共同主催し、フォーラムには一連の講座、講演、展覧会など一連の学術活動が含まれています。フォーラムには中国で活躍する建築家や学者などを招聘し、主に「ランドスケープ(景観)」、「建築実践」、「教育実践」などに焦点を当てて議論しました。 王子耕氏はフォーラムに招聘され講演を行い、現実生活に焦点を当てた観察から、彼自身が政治経済学、イデオロギー、階級関係(ヒエラルキー)に対する理解を基に、現代テクノロジーの急速な発展によってもたらされた一連の変化に焦点を当てています。

関連ページ
学術
王子耕は北京電影学院美術学科の教員に任命されたmore

2015年11月16日、北京電影学院人事処は王子耕が北京電影学院美術学科の教員として任命されたことを公表しました。

関連ページ
活動
王子耕は招きを受け、TEDxChongqingにて講演「見て見ぬふり」を発表more

2015年11月20日、王子耕は招きを受け、TEDxYouth @Chongqingプラットフォームにて講演「見て見ぬふり」を発表しました。イベントでは、王子耕は「A Beautiful Country」三部作の創作アイデアについて述べ、一人の建築家として、都市化とグローバル化のプロセス、空間政治および資本主義批判などについての再考と洞察の一連の考えを共有しました。

関連ページ
王子耕は招きを受け、TEDxChongqingにて講演「見て見ぬふり」を発表
学術
王子耕氏は建築事務所Atelier Archmixingに招かれ、「A Beautiful Country:グローバリゼーション問題の再現とナラティブについて」講演開催more

先日、王子耕氏は招聘を受け、Atelier Archmixing建築事務所にて「A Beautiful Country:グローバリゼーション問題の再現とナラティブについて」を題した講演を行い、絵造社の創設者李涵、Atelier Archmixing建築事務所の創設パートナー庄慎と対談しました。 講演には経済・政治のグローバリゼーションにおける、北京、重慶及び東莞この三つの中国都市に関するディストピアのナラティブデザイン作品を呈示しました。プロジェクトは、現在の都市空間の形成に影響を与えるさまざまなレベルでの推進力に対する観察に基づき、建築学またその他の学科の知識を生かしながら、異なる表現形式(presentation)を通じ資本論理における建築、都市空間問題に対する批判的思考を検討しました。

関連ページ
王子耕氏は建築事務所Atelier Archmixingに招かれ、「A Beautiful Country:グローバリゼーション問題の再現とナラティブについて」講演開催
学術
王子耕氏は同済大学建築と都市計画学院から「スモッグに対応するデザイン」国際ワークショップ講師に招聘

8月10日、同済大学建築と都市計画学院に「スモッグに対応するデザイン」国際ワークショップが成功裡に開催され、王子耕氏が講師として招聘されました。このワークショップは同済大学建築と都市計画学院の李麟学教授がモデレーターを務め、同ワークショップにはハーバード大学、清華大学など国内外の一流建築設計系大学から計48名学生が参加しました。ハーバード大学建築学部学部長のInaki Abalos教授、建築家張永和ら一同が図面審査員を務めました。 今回のワークショップは「スモッグに対応するデザイン——中国における熱力学の方法論」をテーマとし、現代中国の環境危機に対処するための独創的なアイデア、方法、パラダイムを探求します。王子耕の指導のもと、学生たちが「環境ナラティブとシステム」(Urban Narration & System)の枠組みにおいて研究とデザインを展開しました。また同氏はワークショップ期間中に基調講演も行いました。 9月、ワークショップのデザイン成果展およびリモート交流会はハーバード大学GSDデザイン大学院にて開催されました。

王子耕氏は同済大学建築と都市計画学院から「スモッグに対応するデザイン」国際ワークショップ講師に招聘王子耕氏は同済大学建築と都市計画学院から「スモッグに対応するデザイン」国際ワークショップ講師に招聘
学術
2015年清華デザイン学術週間新世代建築家フォーラムに招聘、王子耕氏が基調講演more

5月21日午後、清華大学建築設計研究院舜徳ホールで「蹊径」-新世代建築家フォーラムが成功裡に開催されました。本フォーラムは「ニューノーマル・ニューデザイン」のテーマを掲げ、新世代の建築家によるデザイン作品、アイデア、思考の共有を通じ、建築と関連分野の変化とつながりを探り、建築家が多様化社会における如何に積極的に社会責任を担うなどの議題を検討しました。 王子耕氏は同フォーラムに招待され、「見て見ぬふり——抵抗の可能性」という題で講演を行い、短編映画『Beijing Blue』及び《苦塔》などの作品を紹介し、社会観察と都市研究といった二つの視点から、自身の近年の考えを共有しました。

関連ページ
学術
王子耕氏は中央美術学院建築学院に招かれ、講演「見て見ぬふり——抵抗の可能性」を発表more

2015年5月18日、王子耕は招かれ、中央美術学院レッドチェアホールに講演「見て見ぬふり——抵抗の可能性」を発表しました。同イベントは中央美術学院建築学院が主催し、TEXTENT建築学社が共同主催したイベントです。王子耕は講演中に「A Beautiful Country」など思索的なデザインプロジェクトの創作構成のプロセスを共有し、「自由とは一種の実践であり」という核心的な観点を取り上げ、若者に建築学科が起きている変化をもう一度考え直し、現実を再検証することから社会と歴史に対し批判し始めることを励みました。

関連ページ
王子耕氏は中央美術学院建築学院に招かれ、講演「見て見ぬふり——抵抗の可能性」を発表
活動
6.王子耕は招きを受け、「haveatalk」レクチャー第十二回のメインスピーカーに、講演「世界の盲腸」を発表more

2015年4月17日、王子耕は招きを受け、「haveatalk」レクチャー第十二回のメインスピーカーを務め、その講演のテーマは「世界の盲腸―グローバリゼーションにおける中国の都市とナラティブ」講演中、王子耕はナレーターの視点から、彼が各時期に建築思想、建築実践および都市化プロセスについての考えを再び整理・総括し、一連の思索とナラティブデザインプロジェクトの創作構成の考えを共有しました。

関連ページ
6.王子耕は招きを受け、「haveatalk」レクチャー第十二回のメインスピーカーに、講演「世界の盲腸」を発表6.王子耕は招きを受け、「haveatalk」レクチャー第十二回のメインスピーカーに、講演「世界の盲腸」を発表
学術
王子耕氏が重慶大学に招聘され「グローバリゼーションにおける中国の都市とナラティブ」テーマで講座開催

先日、王子耕氏は招聘を受け、重慶大学建築都市計画学院が主催する第37回目建言サロンにて「グローバリゼーションにおける中国の都市とナラティブ」というテーマで講演を行いました。重慶大学建築都市計画学院の楊宇振教授、劉柳教授も対談ゲストとして同サロンに出席しました。 王子耕は講演中に相互に関連するディストピアのナラティブデザインを用いて、建築学またその他の学科の知識を使いながら、三つの中国都市に関するナラティブで資本論理における空間批判を示し、異なる表現形式(presentation)での学科議題を検討しました。プロジェクトは、現在の都市空間の形成に影響を与えるさまざまなレベルでの推進力に対する観察に基づいたもので、各自の当てた焦点が異なるが互いに関連性がありながら、同時にこの焦点は違う都市と違う表現形式にも対応できます。

受賞
8.王子耕が関わった設計プロジェクト「マイクロソフト・コムテクビル」が2015年第一回深セン建築創作賞銀賞を受賞

2015年4月9日、王子耕が参加した設計プロジェクト「マイクロソフト・コムテクビル」が2015年第一回深セン建築創作賞銀賞を受賞しました。 マイクロソフト・コムテクビルは深センハイテクパーク南区の核心エリアに位置し、深圳大学サウスキャンパスに隣接しています。設計案は建築のマッシング段階に、マイクロソフト社のロゴからインスピレーションをもらい、平面では4つのユニットに分割し、垂直方向に上へとねじりながら上がっていくように設計し、タワービルディングに持たされた標準床面積が大きく、天井高さ制限があるという不利な条件の下で、エレガントで細長い建築造形をクリエイティブに設計しました。北側にポディウムを南側のタワーまでつながり、ポディウムとタワーは互いに噛み合うような形になり、さらに周りの人込みが便利にポディウムの屋上へ入れるように、ポディウムの周りは数本のスロープを配置したたことで、公衆は自由にポディウムの屋上空間の利用が実現ができました。このような設計は、建物が密に並んでいる機能が単一なこのエリアの都市空間に、貴重な憩いの場が現れ、これで周辺の土地の価値も上がります。

受賞
王子耕作品《苦塔》は2015FAIRY TALES国際建築コンペティションにノミネートmore

2015年3月17日、王子耕作品《苦塔》がBlank Space主催の2015FAIRY TALES国際建築コンペティションにノミネートされました。同コンペには世界65カ国から1,200点以上の応募があり、そのうちの11点の作品がノミネートされました。 このプロジェクトはApple製品のグローバル産業チェーンの地理的移転を通じて、今日のグローバル資本活動が地理学景観に隠されている矛盾と緊張感を論述する旨です。作品のナラティブは架空の目撃証言から始まります。この証言はニューヨークにあるエンパイア・ステート・ビルディングの1 階にあるApple Storeで働いている警備員が警察に通報した記録です。この警備員は長い間幻聴に苦しめられた後、エンパイア・ステート・ビルディングの中に隠されている別の世界を発見しました。《苦塔》は彼の目撃証言をもとに描かれた断面図です。

関連ページ
王子耕作品《苦塔》は2015FAIRY TALES国際建築コンペティションにノミネート
受賞
5.王子耕作品《EMPTY》が2015FAIRYTALES国際建築コンペティション最優秀賞を受賞more

2015年3月17日、王子耕作品《EMPTY》がBlank Space主催の2015FAIRY TALES国際建築コンペティション最優秀賞を受賞しました。同コンペには世界65カ国から1,200点以上の応募があり、「EMPTY」が最優秀賞を受賞した。 この作品は架空の船の物語を描きました。この船は公海(high sea)に漂流しているOEM工場でり、グローバリゼーションの空間的容器であり、皮肉な経済解決方策テンプレートであり、企業の新しい形態でもあります。物語の主人公は、この経済モデルの発明者の息子です。彼は亡くなった父親の日記から旧世界と新世界の秩序を分かりになって、二つの世界の狭間で生きています。この物語は、グローバリゼーションの文脈において自給自足ができないため巨大なインフラに依存し生存権を交換しなければならない生態を描いています。

関連ページ
5.王子耕作品《EMPTY》が2015FAIRYTALES国際建築コンペティション最優秀賞を受賞5.王子耕作品《EMPTY》が2015FAIRYTALES国際建築コンペティション最優秀賞を受賞
プロジェクト
2.王子耕作品《苦塔》は2014大声展に招かれ出展more

2014年9月5日、2014「大声展(Get It Louder)」が北京三里屯太古里サウスエリアにて開幕し、王子耕作品《苦塔》(Dukkha Tower)は招かれて展示の建築セッションに出展しました。張永和が今回の大声展建築セッションのキュレーターを担当し、王子耕、王欣、非常建築、都市実践、大舎、絵造社などが創作した17プロジェクトを展示しました。 王子耕の出展作品《苦塔》は彼の「」三部作の一つで、典型的な商品(iPhone)のグローバル産業チェーンの地理的移転を通じて、資本活動がグローバルにおける典型的なビジョンを描いています。作品は資本活動が地理学景観に隠されている矛盾と緊張感、新植民地主義が水面下に行われている他者の文明化および飼い慣らし、そしてグローバリゼーションにたいする問いを論述する旨です。

関連ページ
2.王子耕作品《苦塔》は2014大声展に招かれ出展2.王子耕作品《苦塔》は2014大声展に招かれ出展
© Pills Architects, inc.

power by stoyard

loading